« 2009年07月 | メイン | 2009年10月 »

2009年08月29日

職業病その3

国立店、吉田です。
前回より引き続きのドイツデザイン探訪です。

南ドイツの各都市中心部は、日本でいう「景観条例」のような法律が各州に
あったり、古くからの建築様式を大事にしていく住民風土があるようです。
そのため、なかなか真新しい建築デザインを見ることは少なかったのですが、
よくよくみると一部には落ち着いたなかにも「モダニズム」をかんじる建築も
ありました。

古くからの町並みに溶け込む「モダニズム」
建築周期の短い日本の建築文化からすると、非常に興味深いものがあります。

2009年08月27日

わが社の名誉社員

国立店、吉田です。
まだまだ暑い日々が続きますが、
新型インフルエンザの蔓延等、
体調にはくれぐれもお気をつけ頂ければ。

さて、わが社の3名?(3匹)の名誉社員、
といっても金魚です。
昨年建替えのお施主様の池から引き取ったのですが、
体長が18センチほどあり、もはや金魚というよりは
「ふな・こい」に近い大きさです。
お子様連れのお客様には意外に好評で、
わが社のペットアイドルとなっています。

2009年08月24日

職業病その2

国立店の吉田です。
前回に引き続き、ドイツでのひとこまです。
今回、移動に電車(ドイツ鉄道DB)
を利用してみました。
「ホホー」と思うのは、さすが、技術と鋼製品のお国柄です。
日本以上に合理的かつシンプル、でもデザイン性のある
シート廻りや荷物置場の金具類。
日本のJRに見習ってほしいほどの内容でした。
電車内で、車窓ではなくシートの金具を写真にとる自分に、
職業病を実感しました。



2009年08月22日

職業病その1

国立店の吉田です。
全国的に暑い日々が続きますが、お盆休みはいかがだったでしょうか。

私はといいますと、スイスにいる義妹への訪問と合わせて、勉強のため南ドイツへ行ってきました。
フランクフルト(アルプスの少女ハイジでクララの住んでいた所、古!)から、南下する行程です。
中世の建築の素晴らしさもさることながら、町並みには感動しました。
見るもの写真に取るものが建築ばかりで、他のツーリストとは視点が違うらしく、
現地ではすこし浮きぎみでしたが。

2009年08月12日

夏場のちょっと一息

国立店の吉田です。
台風などで落ち着かない天気でしたが、ようやく夏らしくなってきました。
国立もセミが大忙しのようです。
さて、当店の事務所もお盆休み前の慌しさでおちつく暇もありませんが、
私がちょっと事務の手を休めて「ホッ」する光景です。
ちなみに、当店の道路向かいにある一橋大学の大学寮の敷地です。
その部分だけをみると、とても住宅地の中にあるとは思えないのですが、
すこし安らいだ気持ちにさせてくれます。
勝手に中には入れないのですが、外部から「借景」を楽しんでいます。

2009年08月10日

長期優良住宅について

国立店、吉田です。
現在、当社で受注したお客様の長期優良住宅の申請をしています。
ご存知の方や興味のある方もあろうかと思いますが、
ある一定条件以上の優良住宅に対して、認定をする代わりに
税の軽減や補助等をして、優良な住宅の着工を増やそうとの、
国の施策です。
今回当店も1件申請中で、今後も増やしていこうと日夜がんばっております。
とても良い施策と思うのですが、
基準法の改正以来、詳細が細かく決っていないまま、急に法律が施工となる
場合が多く、今回の認定もその一例で、申請での混乱も少なくないようです。
ただ、今回のように、一般住宅でコレだけのメリットのある施策は少ないと
思いますので、「家造り」をお考えの方には朗報かもしれません。
但し、一般的な住宅仕様の場合必要な性能を満たすために、コストもアップ
する要素が多いので、十分にお気を付けを。
ちなみにイザットハウスの性能仕様からですと、最小限のアップで済みます
ので、コスト負担に対してのメリットは高いと思います。

地盤調査

国立店、吉田です。

先日、解体工事が終わった現場で地盤調査を行いました。
「家造り」を経験する際に見る位で、一般の人はなかなか
見ることのない地盤調査の状況です。
ちなみに「スェーデン式サウンディング法」という調査方法で、
2〜3階建の低層住宅では、一般的に用いる調査方法です。
モリの先のような形状のパイプを、重りを載せ回転させながら
地中に入れていきます。
一定深さパイプがもぐるのに必要な回転数や重さから、
地盤耐力を計算で求める方法です。
以前は、大人二人が手動で廻していましたが、今は電動モーター
を使用して廻していく装置が多いようです。
一般的には新築建物の大きさに係らず空地を利用して適当な位置で
調査しているようですが、
当社は必ず新築建物の四隅と中央部の5ケ所を調査し、敷地の
場所場所での地層のズレや表面にみえない埋設物がないかを
見ていきます。
ご安心いただければ。


2009年08月07日

夏休みの宿題?

国立店、吉田です。
ようやく夏到来と思いきや、このはっきりしない天気。
今度こそ梅雨が明けたと思って良いのだろうなという、暑い日々が始まりました。
皆さんも体調管理にお気を付けていただければ。
涼しかったのは良かったのですが、雨で予定がハッキリしないため工事工程が
日毎に変更があったのが、ようやく落ち着いてきたところです。

さて、私事なのですが、小学校に通う我が子供たちも、夏休み全開です。
毎日のプールや友達遊びなどなど、
宿題の事を聞いてみると、なにやら、「ここまではやった」という返事は返ってくるのですが、
いつ完了するかの見通しが無い様です。
(まるで、職人さんの言い訳みたいで、笑ってしまったのですが・・・)
我が愚息も、一心不乱にテーブルに向かって工作をしていたのですが、
良し良しと思っていると、「夏休みの宿題」ではなかったようです。
まあ、我が家の「ゆとり」教育ということで、大目に見ています。


ブログ投稿者
店長:吉田浩一
1969年3月18日生まれ
趣味:楽器演奏(サックス、キーボード)、有名建築の見学
出身地:茨城県稲敷郡阿見町

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ