« ただいま製作中! | メイン | 無垢材の魅力その2-カウンター材 »

無垢材の魅力-ウッドデッキ編

国立店の吉田です。
東京もようやく”春らしい”陽気となったなと思ったら、
急に梅雨に突入してしまいました。
寒暖の差が激しい上に、湿度も高くなってきましたので、
皆様も体調にはくれぐれもご自愛ください。

さて、先日、当社専務が友人の依頼で、マンションバル
コニーのウッドデッキ工事をお手伝いしてきました。
床板につかったのは「セランガンバツ」材。
東南アジア原産の南洋材で、イペやウリンと並んで外部
耐久性に優れ、ウッドデッキの材料に向いた木材の一つ
です。
材の持つ南洋材特有の赤目色は、好みが分かれる所で
すが、日射で少しずつ色が変色していきますので、個人
的には「無垢感」を感じられる材料として好んで使用して
います。

<工事前>

<工事後>


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/7874

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:吉田浩一
1969年3月18日生まれ
趣味:楽器演奏(サックス、キーボード)、有名建築の見学
出身地:茨城県稲敷郡阿見町

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ