« 職業病−その2 GWパリ編 | メイン | 那須モデル・構造見学会 »

職業病-GWパリ編2

国立店の吉田です。
前回に引続きパリ編のデザイン探訪です。
パリのシンボル「凱旋門」と「エッフェル塔」を見てきました。
とくにエッフェル塔。
1889年のパリ万博のシンボルとして建築された塔は、当時斬新すぎると芸術界で論争があったとのことでしたが、中世ヨーロッパの時代から脈々と続く、組石によるロマネスク・ゴシックなどの既存様式とは一線を画すデザインは、現代においても通じる部分が多いと思います。
どちらかというと構造的「機能美」を優先した観もあるのですが、やはり、そこはパリ。
全体的な「優美さ」だけでなく、随所にみられる細かい装飾や鉄骨のアーチなど。
日本の東京タワーと比べても、そのデザイン性はとても目を引きます。
(そもそも東京タワーは電波塔としての建築目的のため、比較はできませんが)
フランス人の「芸術」にたいする意識の高さを垣間見た思いでした。





トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/8901

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:吉田浩一
1969年3月18日生まれ
趣味:楽器演奏(サックス、キーボード)、有名建築の見学
出身地:茨城県稲敷郡阿見町

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ