« 2014年3月 6日 | メイン | 2014年3月31日 »

2014年3月17日

国立KA邸、上棟しました。

国立店の吉田です。

このところ、年度末で忙しい日々が続き、更新のタイミングが遅くなってしまっています。

少し前の内容となりますが、市内で施工していますKA邸が上棟しました。

当日はくもり空でしたが、翌日にかけて雨天の予報もあり、上棟後、即、屋根の下地工事及び気密シート工事を行いました。

これまでの木造住宅の上棟は、雨が降ると濡れてしまう部分が多かったのですが、屋根気密シートを先行することで、外壁面の仮設シートを掛けることが可能なため、構造躯体部分は最小限の濡れで済みます。

現在使用している構造材は、「きざみ」と呼ばれる仕口加工をするために「乾燥加工」した木材を使用しています。

一定の「含水率」で管理している材木は、多少の雨濡れがあっても、(木材の性質から)水分の吸込みを防ぐ働きがあります。そのため、雨天において材木の表面が濡れたとしても内部まで水分が入る事はありませんので、ご安心ください。

このように、「イザットハウスの外断熱工法」は、施工面についても考慮した工法でもあります。

東京地方はこれから春先の雨が予想されます。我々も細心の注意をはらった施工を進めてまいります。

P1010524-2.JPGP1010517-2.JPG

ブログ投稿者
店長:吉田浩一
1969年3月18日生まれ
趣味:楽器演奏(サックス、キーボード)、有名建築の見学
出身地:茨城県稲敷郡阿見町

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ