« 猫(ネコ)ピューター登場 | メイン | 建築のマニアックなお話し−ZEH編その2「ZEHに必要な仕様」 »

建築の少しマニアックなお話し-ZEH編その1-「ZEHって何?」

国立店吉田です。

更新がままならず、しばらくご無沙汰をしておりました。また、再開いたしますので、引き続きお付き合いいただけたらと思います。

当面は、今、話題の「ZEH(略称ゼッチ)-ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」について、お話ししたいと思います。今回は、「ZEH」の内容から。

まずは、「ZEHってそもそも何だろう?」と疑問を持たれている方も多いかと思います。

「外壁の断熱性能あげればいいんじゃね」とか「サッシ断熱の良い物つければいいんじゃね」、「ソーラーつければいいんじゃね」などなど「〜的」な話しが多くて、実際何をどうすれば良いのか、意味不明な方も相当いると思います。

そもそもは、

 国で決定された2014年のエネルギー基本計画において、「2020年までに標準的に、2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指す。さらに環境整備を進めながら、段階的に省エネルギー基準の適合を義務化する。生活の質を向上させつつ省エネルギーを一層推進する(抜粋、一部略)」となっています。

つまり、2020年までにZEHの仕様(断熱など)の標準化を図り、新築住宅の過半数を「ZEH化」する。そのために、状況を踏まえて基準適合を「義務化」する、という内容です。

 更に、ZEHロードマップ検討委員会では、「ZEH」を「外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能なエナルギーにより年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスとする住宅」と定義しました。

具体的には、

1、年間の一次エネルギー消費量の削減

1)高断熱化した「外皮(外壁・屋根・床下・サッシなどの外回り断熱層を指す)」による、外部へのエネルギーロス(熱損失)の低減。

2)夏季の日射遮蔽・通風、冬季の日射取得・蓄熱など、「自然エネルギー」の夏季軽減、冬季積極利用。

3)高効率(=エネルギー消費量を低く抑える)住宅設備機器の使用(冷房・暖房・換気・給湯・照明器具・他)

→外皮平均熱貫流率(UA値)の各地域の基準値以下を満たし、再生可能エネルギーを除く基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減

2、再生可能エネルギーを自己で生産する設備の導入

1)ソーラー発電設備の導入

2)コーンジェネレーションシステムの導入

3、1と2の組み合わせで、住宅1軒単位での「一次エネルギー消費量の収支をゼロ(差し引きゼロ)以下」

→再生可能エネルギーを加え、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

が必要な仕様となっています。

 また、都市部においては、敷地の狭さや建物密集具合・方位・屋根面積により、ソーラー発電システムが一次エネルギー消費量に見合う十分な発電量を確保できない場合も想定されます。そのため、「Nearly ZEH(ニアリーZEH)」という別基準を設けています。これは、発電量が見合わなくても、「再生可能エネルギーを加え、基準一次エネルギー消費量から75%以上の一次エネルギー消費量削減」ができればOKとする内容です。ただし、再生可能エネルギー設備の導入が必須です。

「ZEH」と「Nearly ZEH」は、どちらも「ZEH」ですので、敷地条件や建物概要により「仕様の選択」が必要となります。

 「高断熱化」して「高効率型のエアコンやボイラー」を付け、屋根に「ソーラー発電システム」をのせれば「ZEH」となるように思えますが、事はそう簡単ではないです。内容を掘り下げてみると、生活スタイルや間取りとも密接に関連していますし、付近の建物密集具合や方位・屋根形状によってはソーラーをのせても低効率の場合もあります。ZEH化のために、自分の望んでいたライフスタイルや間取り・イメージが実現できないということもあり得る訳です。

では、実際、どのように考えれば、「暮らしやすい我が家」を目指しつつ「ZEH対応」になるのかを、次回以降、お話し致します。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt6/mt-tbx02.cgi/11158

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:吉田浩一
1969年3月18日生まれ
趣味:楽器演奏(サックス、キーボード)、有名建築の見学
出身地:茨城県稲敷郡阿見町

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ