« お宅訪問レポートがアップされました | メイン | 勝手におすすめファイル »

冬の日差し

冬至が過ぎ、今が一年でいちばん影が長くなる時期です。


住宅密集地での家づくりでは、

冬場、日差しがどれだけ取り入れられるのか

という点も気になるところです。

設計の際には、日影図を作成して

冬至の日影をシミュレーションすることもありますが、

実際のイメージとしてはこんな感じです。


松本市和田の住宅供給公社分譲地のモデルハウス。

北緯は36度12分。

南どなりのお宅との距離は、約9m。


庭はほとんど日かげになりますが、

室内は、かなり奥まで日差しが入ってきます。

条件としては、結構いい方かもしれません。


おとなりとの距離がそれほどとれない場合でも、

南側に吹き抜けをつくれば、

2階の窓からの光が1階の奥まで差し込みます。


それもきびしければ天窓ですか。


松本は冬も晴天の日が多いので、
お日さまの恵みはできるかぎり取り入れたいものです。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/930

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ