« 耐震ビフォアフタ | メイン | 建築士がすし詰め »

デジタル基礎工事

松本市岡田のS様邸、ようやく着工しました。
Sさま、お待たせしました。


まずはこれから建てる家の正確な位置と
直角、基準の高さを出す
丁張りという工程からです。


今はこんな外の作業でもデジタル機器が大活躍。

デジタルセオドライトとか、トランシットとか言いますが、
これで家の直角を
ビシイィィィッ!!
と出すわけです。


こうやって正確に計り出すことで
耐震性や、気密・断熱性の高い家が造られるわけですね!


デジタル機器さまさまです。

たぶんいまだ使われていない機能が半分はあると思われますが・・・。




トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/2074

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ