« ハーモニーホールでピアノ | メイン | 捨てコンクリート »

こうしてください耐震補強事業

また日本海側の地方で大きな地震がありました。
被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。


今回の地震でも、大きな被害にあわれたのは
古い木造家屋に住んでいたご高齢の方が多かったようです。


ワタクシ店長ホリエは、
松本市や周辺の市町村の事業で耐震診断をおこなっています。

診断を受けられる方の多くは、
やはりご高齢の方です。


一般的に住宅の耐震補強事業は
まず、簡易耐震診断にうかがい、
その結果をもとに後日、精密耐震診断をおこない、
さらにその結果を受けて耐震補強工事をして
最大60万円の補助金が交付されます。


しかし、簡易耐震診断で
「倒壊または大破壊の危険があります」
という診断結果が出ても、
なかなかその先の段階へすすむ方はいないのが現状です。

『ウチにはそんなお金はないから・・・』
『地震がきたらそのときはそのときだ・・・』


こんなおはなしをよく聞きますが、
今回の地震では、通りがかりの人が
倒れてきた家の下敷きになって亡くなっています。


決して住んでいる方だけの問題ではありません。


補助金も工事費の50%、60万円以内というかたちです。

120万円分の工事をして、
半額の60万円を負担しなければ
60万円の補助は受けられないのです。



これがネックになって
なかなか耐震補強工事をおこなえない、
という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?



万全な工事でなくても、
60万円分の補強工事だけでも、
やらないよりずっとましです。




昭和56年以前の住宅は一律、
最低限60万円分の耐震補強工事を
補助金でできるような仕組みにできないものでしょうか?


今度、建築指導課へ行ったらお願いしてみようっと。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/2425

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ