« 腹筋します! | メイン | 自転車風景 »

壁の下地

室内の壁は、
ビニールクロスや、塗り壁などいろいろありますが、

その下地はほとんどが石膏ボードです。

この石膏ボード、
価格が安く、施工性もよくて、
ホルムアルデヒドなど有害物質の心配もなく、
耐火性もあるので
住宅にはなくてはならない部材となっています。


以前、祖母ホリエがキッチンでボヤを出したときも、
石膏ボードのおかげで燃え広がることはありませんでした。

石膏ボードさまさまです。

大変ベンリなこの製品も、
廃棄する段になるとちょっとやっかいになります。

ありがちな話ですね!


新築時に発生する切れ端などは
今ではリサイクルされていますが、

解体時に出てくる石膏ボードは、
分別がむずかしく
ほとんどが埋め立てられます。


一般の最終処分場へ埋め立てると
細菌などと反応して有害物質を出すため
管理型廃棄物となってしまいます。
 
コストもかかるし、環境にもよくないですね!


そんなわけで、
そういった廃石膏ボードのリサイクルも
ボチボチ出てきているのですが、
まだ課題もあるようです。

家を建てる際には
建てる際のコストや環境に対する配慮だけでなく、

その家を長持ちさせる方法や
ランニングコスト、

さらには解体時のコストやリサイクル方法まで

考え出すと夜も眠れなくなりそうです!
(ワタシはしっかり寝ますが・・・)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/2805

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ