« Kさま邸地鎮祭&諸々 | メイン | 自作棚 »

岐阜でした

なぜか岐阜です。

そしてすぐさまとんぼがえり。

妻ホリエの実家なんです。
岐阜県関市。

長野県のおとなりの県なのですが、
町並みや家のつくりなどもずいぶん違う点があります。


いっつも不思議に思うのは、
外壁がみんな角波トタンだということ。

古い木造住宅の耐久性を高めるために
あとからしっくい壁などの上から張りつける、
というのはわかります。


しかし、総ヒノキ、入母屋の屋根の
見るからにお金のかかっている新築のお宅でも

なぜか外壁は最初から角波トタンなんです。


強い風雨対策なのでしょうか?


それにしても今どき
もっと見た目も良くて耐久性のある外壁も
ありそうなものですが・・・。


なにかふか〜い理由でもあるのでしょうか?

なぞです・・・。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/2841

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ