« 構造見学会があります | メイン | すごい無駄 »

被災建築物応急危険度判定

長野県被災建築物応急危険度判定士養成更新講習会でした!

23文字も漢字が連なりました・・・。

s-R0010784.jpg

つまりなんのことかと言いますと、

地震があった際に
すぐさま被災地に乗り込み、

被災した建物があぶなくないか、
余震などで倒れたりして被害を出さないかを
応急的に判断して

「危険」とか「要注意」などと表示するひとを
養成して登録する講習会ということです!


説明が長い!!


ワタクシ店長ホリエの
被災建築物応急危険度判定士の有効期限が今年の3月まで。


そんなわけですので
更新すべく受講です!


万が一、地震がおきたときには
ワタクシも非力ながらみなさまの安全を確保すべく
危険度判定におじゃまします!


そして日頃は
そんな被害を最小限にする、
耐震性のある住まいをつくるべく
精進するわけです!


そんな思いを新たにする
今日の講習でした。


しかし今日のブログ漢字多すぎ。

自分でも読む気なくすなぁ・・・。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/3621

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ