« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月31日

いきいきお住まい

雨。

この先も週間天気予報では雨マークばかりですが、
梅雨入りはまだ先ですよね・・・。


今日は、お引き渡しして
もうお住まいのお客さま宅をいろいろ訪問。


アフターメンテナンスやら、
ちょっとした追加工事やらです。


200805%2F31%2F28%2Fd0130128_18585587.jpg


工事中の家を見ていることが大部分ですが、
家はお客さまが生活していくためのもの。


実際に生活されている家は
生き生きして見えます。


多少散らかってる方がいい感じですよ。

2008年05月30日

地震保険のおべんきょ2

あ〜、地震保険のお勉強のつづきです。

面倒なことはじめちゃったな〜・・・。


いやこれ地震保険を検討しだすとですね、
必然的に火災保険をどうするかというお話につながってしまい、

じゃあ火災保険はどんな商品を何年モノでいくら掛けておくのが妥当か?
みたいにどんどん話が広がっていきます。


これはまずい。


ですのでここはアッサリ
一般論で終わらせましょう。


さて、地震保険。

先ほどもチラッと書きましたが、
地震保険は単独では掛けられません。

火災保険に付帯するオプションとして契約します。
しかも、保険金額は火災保険の保険金額の30〜50%。

全額見てもらえないわけですか?!


このへん、どうなんでしょ?
100%再建できる金額下りなくてもダイジョウブですかね?

そんな必要ない?
最低限、残ローンさえなくなればOKですか?

だいたいいつ起こるのよ?
牛伏寺断層地震?


あ〜、そんなことを考え出すと眠れなくなりそうです!
ワタクシはしっかり寝ますが・・・。


ま、そんな不安にお答えして
保険会社さんも不足分を上乗せする保険を
しっかり用意されているようです。

新地震費用保険「Resta(リスタ)」(日本震災パートナーズ株式会社)

ここのサイト、いろいろ勉強になりますね〜。

しかし、今後30年間の地震発生確率、
宮城県沖地震99%と、
火災発生の確率4%って、
なんか単純に比較できないような・・・。


ま、
地震保険、奥が深い!


あまり考え出すと
結局加入する前に挫折してしまいそうですので
ひとまずこのへんにしときますか・・・。


またあらためて勉強しなおしおます・・・。


2008年05月29日

地震保険のおべんきょ

さてさて、地震保険についてのお勉強です。


地震保険でよく聞くのが
地震で火事の被害にあったときには
火災保険では補償してくれない、
だから地震保険に入りましょう。

という話です。


阪神大震災の時には
たいへんな火災が起こったのですが、
地震の際にはやはり火事がコワイです。


これがまったく保険で補償されないとなると、
被災後の日常生活再建への道のりは
とてもキビシイものになりそうです。


また、
同じ地域でも
住宅が倒壊してしまった場合と、
住宅が無事残った場合とで
その後の生活に大きな差が生じてしまうと、
中越地震の際に耳にしました。

住宅ローンを抱えて
さらに住宅再建となるとこれはたいへんな負担です。

そんなわけですので、
そんな際に補償していただける地震保険には、
なにやら入っといた方が良さそうな雰囲気です。


あ〜、つづく。

2008年05月28日

レーザー構造検査

松本市寿Nさま邸。

JIO(日本住宅保証検査機構)の構造検査でした!

s-RIMG1764.jpg

で、
画像はレーザー墨出し器。


この月着陸船のような機械から
ビシィィィッ!
と、水平垂直にレーザー光が発射され、

お宅がまっすぐ建っているかどうかがわかると、
ま、そういう機械なわけです。

おかげさまで検査は合格。

よしよし・・・。

2008年05月27日

地震保険の加入率

家を新築されますと、ローンの関係などからも
みなさん火災保険に加入されます。

その際、地震保険の申し込みも同時にできるのですが
地震保険、みなさん加入されていらっしゃるのでしょうか?


地震保険の加入率って、実際どんなもんなんでしょ?


このところの地震関係の報道で
ちょっと気になったので調べてみました。

地震保険の都道府県別加入率(日本損害保険協会のpdf資料)


この資料を見ますと、
な、なんですかぁ〜?!

長野県。
2006年度末で加入率が9.3%。


長崎(7.9%)、沖縄(8.3%)、山形(9.2%)に次ぐ
全国4位の加入率の低さです。



う〜む、とても
”30年以内のマグニチュード6・5以上の地震発生確率が25.21%”
”今後数百年間にM(マグニチュード)8クラスの大地震を引き起こす”
”もし地震が発生したら松本市内だけで1200人の死者”
(Wikipedia参照)
という牛伏寺断層を擁する県とは思えぬ加入率・・・。


だから、みんな地震保険に入れ!というわけではありませんが、
地震に対する備えや、意識の低さを表しているようで
ちょっとコワイ・・・。


ワタクシ地震、まちがえた・・・。


ワタクシ自身、
地震保険についていまいち勉強不足ですので、
(損害保険募集人資格保有・・・)
これを機会に勉強させていただいて
ブログにフィードバックさせていただきますよ!



ともに地震対応力(?)を高めていきましょう!


というわけでつづく。



2008年05月26日

浴槽の保温性

松本市新村Nさま邸。

着々と工事が進んでおります。


s-RIMG2365.jpg

今日はユニットバスも工事中。
TOTOのシステムバスルーム「スプリノ」。
新商品です。


s-RIMG2370.jpg

すっかりおなじみの「魔法びん浴槽」。

この防水パンの断熱材と
浴槽を覆う断熱材の2重構造で
保温性能はバッチリです。


「魔法びん浴槽」というネーミングと先行開発で、
一時(いっとき)お風呂はTOTOで決まり、
の時期がありましたが

すぐさま他社さんも追随して保温浴槽を発売してきました。


住宅設備メーカーさんもタイヘンですね・・・。


2008年05月25日

雨で日曜。

今日は、
ひさびさに外の岩場でクライミング、
の予定でしたが

そんな日に限ってしっかり雨。


そんなわけですので
朝からおとなしくデスクワークです!


プランの作成やら修正やら、
お見積もりの作成やら、

もろもろお待たせしております!


書類関係の片付けも
いいかげんしなければ・・・。

2008年05月24日

電気で暖房

現在打合せ中のお客さまと
めいてつショーホールの中部電力オール電化フェアへ。


このところのどうしようもない原油高で、
オール電化住宅をご希望されるお客さまがとても増えました。


しかしいつも迷ってしまうのが暖房設備です。


深夜電気を利用すれば、
ランニングコストは灯油、ガスなどと比較して
今いちばんお得になっているかもしれません。


ですが、深夜電気を利用する蓄熱タイプの暖房機、
「でかくてじゃま」
とか
「設備自体の金額が高い」
とか
「コントロールしづらい」
とかいろいろありまして、

いまだ「これで決まり!」
といえるものがないような・・・。


そこでこれを機会に情報収集です!


s-RIMG2333.jpg

各社さん、さまざまな設備を展示されていましたが、
やはり蓄熱暖房機、蓄熱床暖房、蓄熱土間コンクリート暖房、
このへんが選択肢でしょうか?


う〜む、むづかしい・・・。

ま、お客さまの生活スタイルに
いちばんあいそうなものを
それぞれ選択していく、ということですかね。
結局・・・。

いずれにしましても
いろいろ勉強になりました。


おつきあいいただきましたUさま、
ありがとうございました!

このオール電化フェアは明日まで開催しているそうですので、
オール電化をご検討されている方は
ちょっと見に行かれてみてはいかがでしょうか?


HIヒーターでつくったお菓子が
そこここでいただけますので・・・。

2008年05月22日

Web内覧会

ゴールデンウィークにお引き渡ししました
松本市和田Kさま邸。


建築前から家づくりのブログを書かれていましたが、
引っ越された後もブログを更新されています。


おおかみなんかこわくない♪レンガの家作り日記

s-ksamablob.jpg

しかも最近の内容は「Web内覧会」。
Kさま邸のこだわりの家づくりを隅々まで公開中。

いろいろと参考になります。

なんかKさまには、
いつもいつもブログで営業していただいてまして
ホントすいません。

ありがとうございます。

庭づくりの方も充実してきているようで、
こちらはこちらで奥さまが、
ブログを公開されています。

Garden


ご夫婦そろって住まいや生活を大切にされている様子が
ひしひしと伝わってきます!


いや〜、マイホームって本当にいいものですね!

ひさびさにリンクさせていただきましたが、
少しはアクセス数に影響があるのでしょうか…?

2008年05月21日

屋根の防水

松本市寿Nさま邸。

屋根の下地材、ゴムアスファルトルーフィングです。


s-RIMG2327.jpg


いつもながら、空が青いぜ!


これまで屋根下地の防水層は、アスファルトルーフィングでした。


ゴムアスファルトルーフィングは、
アスファルトルーフィングと比べてより防水性が高く、
釘穴などのスキマからの漏水も防いでくれる下地材です。


さらにワタクシどものつくる住宅は、
ルーフィングの下の野地板の下に断熱材。
s-P5190358.jpg

さらにその下に気密シートが敷き込まれていますので、
もう防水性に関しては万全。


自信を持ってオススメできますよ、これは。


2008年05月20日

はなちゃん像

長男ホリエ作「はなちゃん」

s-HI350002.jpg


s-HI350004.jpg

小学2年生にしてこれだけに作品を作り上げるとは!

スバラシイ!


という親バカ日記・・・。

ちなみに本物のはなちゃん。

s-RIMG0384.jpg

2008年05月19日

上棟でした

松本市寿Nさま邸。

上棟でした!


s-P5190354.jpg


なにやら台風に連なって低気圧がいっぱい接近中のようですが、
屋根まで間に合ってよかったよかった。


2008年05月18日

ホールダウン

完成した基礎には
基礎のコンクリートと木造の躯体(くたい)とを連結する
金属のボルトがにょきにょき生えています。

ss-P5130317.jpg


細くて短いのが土台とを固定するアンカーボルト。
太くて長いのが柱を固定するホールダウン用アンカーボルトです。

数年前までは、ホールダウン金物はありませんでした。


しかし地震がおきたとき、
家が上下に揺れて柱が土台から外れてしまい、
倒壊してしまうという被害が多く見られたため、

土台だけでなく柱も基礎と緊結する
ホールダウン金物の設置が義務づけられました。


ホールダウン金物の配置は、
柱や筋交いなどの耐力壁の位置によって
建築基準法の告示で決められた表に従って配置したり、

N値計算と呼ばれる柱の引き抜き力を計算する方法などで決められます。


で、
まあ最近ではさすがにホールダウン用のボルトが
1本もないようなゲンバはほとんど見られなくなりましたが、

四隅にしかホールダウン用のボルトがない、
土台用のアンカーボルトの間隔がやけに広い、
という
「接合金物の検討、ちゃんとしたのかよ!?」
なんてゲンバは
ぜんぜんめずらしくないですよ。


あと、

柱の柱脚(根元)に取り付けた金物と同じものが
柱の柱頭(上端)にも付いていなければなりません。


要チェキです。


各社さんの構造見学会などの機会にはぜひ見ていただきたいところです。

構造見学会をやるってことは、
たぶんそのヘンちゃんとやっていらっしゃるつくり手さんてことでしょうが・・・。

そんなわけでワタクシどもの構造見学会にも
ぜひご参加ください!


詳細決まり次第、お知らせいたします!


2008年05月17日

土台敷き

松本市寿Nさま邸。

土台敷きでした。

200805%2F17%2F28%2Fd0130128_18413292.jpg


月曜日に上棟です。

晴れますように!

2008年05月16日

机上仕事

今日はひたすらデスクワーク。


途中、来週上棟のNさまと打ち合わせ。
ありがとうございました。


そんなこんなで
見積もり、耐震診断など、
なんとかカタチになりました!


いや、よかったよかった。

2008年05月15日

地震の被害

中国四川省でおきた地震が大変な被害を出しているようです。


学校が崩壊して、
何百人ものお子さんが下敷きになっているなどの被害の映像は
本当に心が痛みます。


おとなりの国とは言え、
遠い山奥の地で起こった地震のような気がしますが、
こうしてみますと、とても他人事などと言ってられないような気がします。


s-googleearth.jpg

地球のプレートのひずみが、今、そこらじゅうで地震となっているような・・・。


そして被害として映し出されるのは
倒壊した建物。


家づくりを生業とするものとして、
安心して住みつづけられる家をつくらねばと、
あらためて思い知らされます。

2008年05月14日

奨励賞

古い話ですが
今年1月に信州省エネモデル住宅普及協議会主催の
「信州省エネモデル住宅設計コンペ」というものがありました。

で、ワタクシ店長ホリエも
「どんなもんじゃいな?」
てなかんじで、参加してみたわけです。



s-RIMG2948.jpg

と、言いましてもゼロから設計したわけではなく、
JKタウン和田西原にあります弊社モデルハウスで参加しました!



コンペの参加条件は、


長野県に建設した(する予定の)木造住宅
CASBEE(戸建て)の自己評価を実施した住宅
次世代省エネ基準をクリアした(する予定の)住宅
長野県産木材を積極的に活用した(する予定の)住宅


というもの。


お正月休みにはじめてCASBEE(戸建て)の
自己評価というものをやってみたのですが、
それはこの布石だったわけですね〜。

評価結果としましてはまずまずの結果。



長野県産木材はほとんどつかってないけど
ま、いっかぁ〜、

と、いきおいで参加してしまいました。


販売中のモデルハウスに箔をつけて
少しでも高く売ろうという魂胆です・・・。




そんな下心たっぷりのコンペ参加。

結果は

s-P5150319.jpg


奨励賞・・・。



ま、そんなこんなで
和田のモデルハウス、

どなたか買ってくださいっ!!


2008年05月13日

基礎

松本市寿Nさま邸。


基礎のコンクリート型枠を外して基礎が出現しました!

(”画像”あした入れる)
s-P5130317.jpg


来週月曜日に上棟です。


お気に入りのデジカメCaplioR7を修理に出してしまっていて、
とっても不便です!


2008年05月12日

上棟クレーン

松本市寿台Nさま邸。

上棟でした!

s-P5120308.jpg

こちらの現場、平屋のお宅なのですが、
クレーンが活躍中。


だって早いし楽だし安全なんだもん・・・。


2008年05月11日

暖房設備

さぶい雨。

連休のあったかさでゆるんだ心と体にキビシーここ数日の寒さです。


そんな中、モデルハウス見学のお客さまをご案内。

ご来場、ありがとうございました!

こんな季節の変わり目は、
床暖房や蓄熱暖房など
家全体の温度をコントロールする
比較的大がかりな暖房器具には
ちょっとニガテな季節です。


朝起きて「寒いな〜」と感じて
あわてて暖房器具を立ち上げても
すぐには暖かくならなかったりします。


で、暖房器具が効いてきたころには
お日さまぽかぽかで暑くなっていたり・・・。

そんなわけですので
空調設備はいくつか組み合わせて用意した方がいいように感じます。


ですけど
高気密高断熱住宅でいままでお使いだった
開放型石油ファンヒーターを使うのはやめてくださいね・・・。

2008年05月10日

住宅設備

INAXショールームでお客さまと詳細打ち合わせ。


キッチン、浴室、洗面化粧台など、
色からオプションから決めていただきました。

長時間、お疲れさまでした。

それにしてもなんですね、
住宅設備。


各社メーカーさんが
システムキッチン、ユニットバス、洗面化粧台と
それぞれ3つぐらいグレード別にシリーズがあって、

それが毎年モデルチェンジ(?)してるもんですから、
ワタクシとしましては
もうすっかり追っかけるのはあきらめて
各社ショールームのみなさんにおまかせです。

そう毎年毎年カタログ変えなくてもいいじゃん、
と思うのですが、
変化のハゲシイこの世の中、
そんな悠長なことも言ってられないようで・・・。


2008年05月09日

トリプルシャノン

先日、イザットハウス本部のオカダさんブログでも紹介されていましたが、
シャノンから三層ガラスの樹脂サッシが出て、
受注開始だそうです。




私どものつくる住宅では標準仕様の場合、
屋根の熱貫流率は、 0.607W/K、
外壁部分は、     0.466W/K、
基礎は、        0.390W/K、
なのに対し、


窓部分は
シャノンの樹脂サッシペアガラスで2.600W/Kと
ズバぬけてわるい!
(あ〜言ってもーたー・・・)




そんなわけですので
いちばん弱い鎖の輪を強化してあげれば
全体としての断熱性能も底上げされると。


このような考えのもと
これまでもLow-Eガラスを標準にしたり、
アルゴンガス入りガラスをつかったりしてきたわけですが、


いよいよ最終兵器の登場です。


s-P5090306.jpg


このアルゴンガス+Low-Eのトリプルガラスを使えば
K値は1.23W/K。


さらにさらに、
室内にハニカム・サーモスクリーンをつければ、
K値は0.95W/K。


最強。




これでまた一歩、無暖房住宅の野望に近づいた!




ちなみに価格はLow-Eの4割り増しくらい?
とのことです。


いかがでしょうか?




2008年05月08日

敷地調査

プラン依頼を頂いたお客さまのお宅の敷地調査へ。


s-R0011694.jpg

古くからの土地の場合、
地積測量図はたいていありません。


境界杭も見当たらないことも・・・。


そんなわけですので
プラン作成の前には
敷地の境界の確認や距離の確認は重要です。


もちろん敷地の周囲の様子や日当たりなどなど
いろいろな条件を確認したうえで
お客さまのご希望にそったプランをご提案すると、
そういうわけです!

2008年05月07日

GW後

松本市寿Nさま邸。

連休明けいっぱつ目のお仕事はコンクリート打設でした!

s-RIMG2301.jpg


天端均(てんばなら)しもとろ〜り終わって
きれいな基礎が、もうすぐ出現します!


2008年05月05日

フクベガタケ

岐阜県美濃市の最高峰、瓢ヶ岳(ふくべがたけ)という
ビミョーに地味な山が、今ホットです。

s-RIMG3727.jpg

中腹の静かな駐車場には20台以上の車がズラリ。
関東方面や、中国、四国地方からの車もならんでいます。


山道にはクラッシュパッドと呼ばれるフトンを背負った若人たちがうろうろ・・・。


ボルダリングという岩登りの、まあ一種なのですが

そのボルダリングを楽しめる岩がいっぱいある山として
クライミング雑誌にも紹介されたのです。


妻ホリエの実家からすぐ近くということで
ちょっくら行ってきました!

とは言いましてもワタクシ店長ホリエ、
先日腰をちょっぴりひどく痛めてしまったばかりですので
カンペキ様子見モード。


ボルダリングは2〜4m程度の小さい岩を登るのですが
落ちるときはクラッシュパッドの上に飛び下りるので、
腰にはヒジョーによろしくないです。


そんなわけですので
小さな岩でじみーにトラバース(横移動)のルートです。


s-R0011684.jpg

コルセットが痛々しいでしょ・・・。


こういうじみーなルートが実はおもしろかったりするんです!
(負け惜しみ?)


2008年05月04日

究極仕事

京都で古刹めぐり。

建物も庭も、ワールドクラスの職人仕事です。

s-R0011670.jpg


あ〜、あやかりたい・・・。

2008年05月03日

お引き渡し

松本市和田のKさま邸が
本日とうとうお引き渡しの日をむかえました!


完成してから1ヶ月以上モデルハウスとしてお貸しいただき、
ずーっとおあずけ状態でした。

正直、忙しさにかまけて
あまりモデルハウスとして活用できなかった部分もありますが
それでも期間中にいろいろなかたに
Kさま邸をご覧いただくことができました。


Kさま、本当にありがとうございました。

すでに奥さまの手によって植栽も充実して
ワタクシども作り手から住まい手のKさまへと
このお宅が引き継がれていくことをしみじみ感じました。


なんかちょっとサビシイ気分もありますよ。

でもこの連休でどわっとお引っ越しされて
いよいよKさまご一家の生活が
ここで始まるわけです。


d0130128_17311145.jpg

kさま、これからも末永くおつきあい
よろしくおねがいいたします!

2008年05月02日

ブログ上塗り

最近、想定外の方からも
「ブログ見てます」
と、言われる機会が多くなり

ちょっとあせってしまいます。

いや、とってもありがたいのですが

ふだんロクなこと書いてないもんで
こっぱずかしくて
すぐに話をそらそうとしてしまうんです・・・。


でも実はひそかに喜ぶワタクシ店長ホリエ。

同業者さんにもチェックしていただいているようで

これまでのマヌケな失敗やら
超トップシークレットの特殊工法のひみつやら
ここから漏洩してしまって大ピンチ(うそ)。

ま、そうは言いましても
いまさらこのスタイルを変える気もなし・・・。


そんなわけですので
今後もさらに恥の上塗りを続けていくと

そういうわけです!

2008年05月01日

埋もれる才能

昨日の日記つながりで・・・、
ヴァイブレーターといえば、



先日、おそらく10年以上ぶりに
テレンス・トレント・ダービーさんという方のアルバム
「バイブレーター」を
なぜか突然聞いたのですが、


そのあまりのクオリティの高さに
いまさらながらビックリして
最近またよく聞いてます。


41bBGLAVLBL__SL500_AA240_.jpg


ロックやらファンクやらジャズやら
曲がすごく多彩で
シャウトがかっこよくてイイ!


しかしテレンス・トレント・ダービーなんて、
ワタクシ店長ホリエと同世代の
さらにごく一部の方以外、
きっとだれも知らない・・・。


店長ホリエ、マイナー志向・・・。


いったい彼は今どうしてるのか?
と、ネットで調べてみたら
芸名をサナンダ・マイトレイヤなんて改名して
その後アルバム1枚出しただけみたい・・・。


「マイトレーヤ」って、
ジョーユーさんを連想して拒否反応を起こしてしまうのは
ワタクシだけ?


オワットル・・・。


すんばらしい才能も、
それだけではだめだということでしょうか?


あ〜、こんないいアルバムつくるのに
もったいない!


ぜひともプリンスさんみたいに名前をもとに戻して
復活していただきたいものです・・・。



ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ