« 敷地調査 | メイン | 住宅設備 »

トリプルシャノン

先日、イザットハウス本部のオカダさんブログでも紹介されていましたが、
シャノンから三層ガラスの樹脂サッシが出て、
受注開始だそうです。




私どものつくる住宅では標準仕様の場合、
屋根の熱貫流率は、 0.607W/K、
外壁部分は、     0.466W/K、
基礎は、        0.390W/K、
なのに対し、


窓部分は
シャノンの樹脂サッシペアガラスで2.600W/Kと
ズバぬけてわるい!
(あ〜言ってもーたー・・・)




そんなわけですので
いちばん弱い鎖の輪を強化してあげれば
全体としての断熱性能も底上げされると。


このような考えのもと
これまでもLow-Eガラスを標準にしたり、
アルゴンガス入りガラスをつかったりしてきたわけですが、


いよいよ最終兵器の登場です。


s-P5090306.jpg


このアルゴンガス+Low-Eのトリプルガラスを使えば
K値は1.23W/K。


さらにさらに、
室内にハニカム・サーモスクリーンをつければ、
K値は0.95W/K。


最強。




これでまた一歩、無暖房住宅の野望に近づいた!




ちなみに価格はLow-Eの4割り増しくらい?
とのことです。


いかがでしょうか?




トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/4352

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ