« 勾配天井とロフト | メイン | チャフウォールの塗り壁 »

住宅瑕疵担保履行法

もとはと言えば、
構造計算書偽装事件です。


この事件によって、ギョーカイの問題点やら
法制度の問題点やらがあきらかになったわけですが、

それらの問題を解消すべく今、
官僚のみなさんが次々に建築関係の法改正をしてくださっているわけです。


で、今日は来年の10月に施行される
住宅瑕疵担保履行法のお勉強でした!

瑕疵担保責任ということで
住宅の不備や欠陥部分である瑕疵は、
新築お引き渡しから10年間は保証するようにと
義務付けられています。


これによって、家の構造部分にナニかあった場合や
雨漏りがあった場合など
10年間は保証してもらえるのです。


しかし、義務づけられてはいても
保証するためのマネーがないことには、
その責任を履行できません!


構造計算書偽装事件では、
そのおかげでマンションを買われた皆さんが
たいへんなご苦労をされたわけです。


住宅瑕疵担保履行法は、
そんなことにならないように
あらかじめ瑕疵の補修のためのお金を
供託所へ預けておくか、
保険に入ることを義務付けているのです。


これで安心だ!


もしも瑕疵があった場合、
その補修費用の補償や、

建築業者が倒産なんかした場合の
補修費用も保証してもらえます。


ちなみに来年10月1日から施行されます。


ちなみにこのテの保険、
JIOや住宅保証機構の10年保証として、
すでにワタクシどものお客さまには
しっかり保証させていただいております!


ですから来年10月を待つまでもなく、
瑕疵担保責任につきましては
しっかり履行させていただけますので

安心して、
さあ今ご契約くださいと、

そういうわけです!


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/5023

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ