« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月29日

卓越風

先日のCASBEE講習で、
講師の先生に

「自然の風を取り入れるって言うけど
 自分たちの住んでる地域の卓越風が
 どの方向から吹くかわかってます〜?」

と、聞かれました。


なんとなくはわかっている気でいましたが、
そういえばちゃんと調べたことがない・・・。


ということで、
グーグルにて検索してみました!

そしたらこんなすばらしいページが・・・

EA気象データによる日本各地の風配図


ありがたや、インターネット。

そしてありがとうございます、
このデータの作成者、大阪市立大学の三木信博先生。


で、松本の風向きはどうなのかと見てみますと・・・。

matumoto.jpg
(上記サイトから引用)

やはり南北方向の風がほとんど。
ときどき西山からの吹きおろし。

西に北アルプス、東に美ヶ原の地形ですから、
やはりこうなるのでしょうか?

じゃあ、ちなみに諏訪はどうなの?
と見てみますと・・・。

suwa.jpg

おお!
地形ピッタリ!

suwa2.jpg

塩尻峠から諏訪湖を渡って来る冬の風が、
想像するだに寒そうです。


いや〜、おもしろいですね〜。
などと言ってたら、もうこんな時間。


いかんいかん。

まだやることいろいろあるんでした・・・。

今日の学びとしましては、
松本平では、やはり南北の通風を考えて設計するのが大事だぞと、
そういうことですね。

はい。


2008年09月28日

幕岩クライミング

山梨県北杜市の甲府幕岩へ、
ジムのお友だちさん総勢13人でクライミングへ出かけました。

須玉のICを降りて東の奥秩父の山の中へ。

でこぼこ道の林道を突き進んでいくと
とつじょ県外ナンバーの車が
道路わきに10台以上も止まったあやしい場所が出現。


s-IMG_0097.jpg

そこから5分も歩くと
こんな感じの岩がほぼ水平にズラズラらら〜・・・,
と幕のごとく並んでおります。


むずかしいのから簡単なのまで、
いろんなルートがより取り見取りですので

ご自分の実力と好みにあったルートを登って
達成感と恐怖感と挫折感を味わうと。

s-IMG_0092.jpg

そんな大人の休日を過ごしに、
高いガソリン代と通勤割引の高速代を払って

皆さん遠くからやってくるわけです。

物好きな人たちですね!


でもまあ、
パンパンに張った前腕と、全身疲労が

なぜが明日からのお仕事の
活力になってしまったりするかもしれないわけですから
理解してあげてください・・・。


2008年09月27日

住宅業界の環境対策

昨日の午後は、
征矢野建材さん、ジューテックさん主催の
CASBEE戸建評価員養成認定講座。


今日はNPO新住協のQ1住宅グループさん主催で
「省エネCo2削減Q1.0住宅セミナー」。


こんなんばっかですが・・・。

これはつまり、
家庭部門の温室効果ガス削減が進んでいないから
s-4-5.jpg
もっと省エネな住宅をつくってくださいな、
というどこからかのプレッシャーですね。


日本のエネルギー消費量の15%が家庭部門からだそうですが、


s-fs_jyutaku_01_1.jpg

その中で暖房のエネルギー消費量が全体の26%。
給湯が33%。

s-fs_jyutaku_01_2.jpg


このへんは設計段階から、
もう直接、ワタクシたち家づくりにたずさわる者にとって
関係してくることです。


暖房・冷房のエネルギーの少なくて済む、
高気密・高断熱の家や、
自然エネルギーを有効にとりいれた家など、

ちょっとこれからまじで取り組んでいかなきゃいけませんね、
っていまごろかい!


と、自分で突っ込みをしておいて
今日はおわります。


今日のグラフはすべて
全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)さんから
引用させていただきました。

感謝。

2008年09月26日

トラップとドルゴ

先日、松本市寿のNさま邸に
アフターメンテナンスに伺った際に出てきました不具合。


1階トイレで水を流すと
トイレ手洗いのトラップの水がいっしょに引っ張られて
排水トラップ内の水がなくなり
下水の臭気が上がって来てしまうというものでした。


s-IMG_0084.jpg


これはですね、
トイレの排水と手洗いの排水が床下でつながっておりまして

トイレの水がいきおいよく流れると
排水管内の空気もいっしょに引っ張られます。


で、
そのいきおいに引っ張られて
手洗いのこのかわいらしいトラップの水まで
吸い込まれてしまったわけです。


「破封」という現象です。


通常、2階のトイレ排水やキッチンの排水などには
破封対策に「ドルゴ通気弁」というものをつけます。


イザット本部オカダさんのブログ


1階トイレの排水は配管が短いため、
これまでドルゴはつけませんでしたが、
今回、
どういう加減か破封がおきてしまいましたので、
水道屋さんに床下にもぐっていただき
ドルゴを取り付けてもらいました。


これで流れもすっきり!


Nさま、ご迷惑をおかけしました。


2008年09月25日

柱の行列

松本市並柳Hさま邸。

工事は着々とすすみ、
外回りにはダイライトが貼られました。


s-IMG_0080.jpg


今回、こちらのお宅は2階にリビングがあるプラン。

階段を上がってくると柱がズララララ〜・・・、
と並んでいます。


さて、これがどうなるか?


構造見学会、完成見学会など予定しておりますので
ぜひ見に来てください。


予定が決まりましたら
お知らせします。


2008年09月24日

左官仕事

松本市寿古民家再生工事。


室内壁は漆喰(しっくい)仕上げになります。

いま、その下塗り中。

s-IMG_0057.jpg

左官屋さんの仕事って
ずーっと見てても飽きないんですよね。


下地のボードにどんどんモルタルが塗り重ねられて、
さいごはピカピカの漆喰かべができあがります。


s-IMG_0066.jpg

ついつい時間が過ぎてしまいます。

2008年09月23日

お引き渡しのお宅訪問

松本市寿Nさま邸。
お引き渡し1か月目の点検でした!

お引き渡しして使い始めて出てきた不具合を点検します。

そんななかで
1階トイレの手洗いに不具合が!

詳細はまた後日・・・。

午後は松本市和田西原Kさま邸。

先日おこなった収納内部の棚追加工事の確認。

とかいいつつ、
KさまがDIYで作成されている自転車小屋
やじ馬根性で見物に。

s-IMG_0052.jpg

う〜む、どんどんDIYのクオリティが上がっている・・・。
スゲ〜。


「屋根葺きを手伝って・・・」
と言われる前に早々に退散。

Kさま、お疲れさまでした!

2008年09月22日

ハイクオリティ農産物

Uさまのお宅へ書類をお届けにうかがって
いただいてしまいました。

s-IMG_0050.jpg

巨大なブドウ・・・。


どうもありがとうございます。




巨峰ですか?


いま、いろいろな種類のブドウが出回っているので
よくわからないのですが。


ホリエ一家、
よ〜いドンでいただきました。

たいへん美味しかったです。
(それでもまだ残ってます。
 ありがとうございます!)




つくづく思いますのは、
農家のかたが丹精込めて作ったんだろうな
ということ。



粒が大きくて
甘くて
かおり高くて
汁だくさんで
種がない!

また食べたくなったので
ちょっと食べてきます。





すいません、
お待たせしました。



なんでしたっけ?


そう!


ニッポンの農産物はすごい!


この前テレビで
日本のイチゴやモモが中国や台湾で
すごい高級品として飛ぶように売れている
というお話がありましたが
さもありなん。


それだけの手間ひまが
品種改良から生産、
そして品質を落とさずに海外まで流通させる
というところにかかっているわけです。




そんなすんばらしい食べ物が
地元でお安く(もしくは今回のようにタダで)
いただけるのです!


あ〜ありがたや・・・。


しかしそうかと思うと
キャベツはなんと豊作+売れ行き不振で
廃棄されているそうです。


その数、日本全国で2万トン!



あああぁぁ!
モッタイナイ!

せっかく作ったキャベツを廃棄しなければならない
農家の方も気の毒です。



ここはひとつ、
お安くなっているとのことですし
もーれつにキャベツを食べてみるのもいいかもしれません。



おすすめレシピ:
ソースかつ丼 カツ抜き

どんぶりにご飯を盛る。
キャベツをたっぷりのせる。
ソースをかけたら出来上がり!

栄養たっぷり、タンパク質は別にとってね。


ソースのかわりにマヨネーズでもおいしいです!



2008年09月21日

パソコン復活?

朝から雨。

先日調子の悪くなったPCを復旧。
見積もりができるようになりました!


しかしなぜかうまい具合にプリントアウトできない。

サポートはお休み。


いろ〜んな設定を見直してもぜんぜんダメ。


なかなかうまくいきません。

2008年09月20日

運動会

長男ホリエの運動会。


台風が来ていてどうなることやら、と思われましたが
いい天気。

s-IMG_0043.jpg

毎年思いますが、
すごい人数です。


カメラの場所取りもたいへん・・・。

2008年09月19日

金物で接合

ウケねらいのネタも尽きかけて、
ワタクシ店長ホリエのこのブログもついに幕切れか!?
と、思われましたが、

下ネタが入るととたんにゼッコーチョー!

きのうは調子に乗ってよけいなことを書きすぎてしまいました・・・。


妻ホリエには
「長女ホリエのお友だちのお母さんも読んでるんだから
 消して!!」
といわれる始末・・・。


泣く泣く修正させていただきました。

反省・・・。


(うそ〜ん!)


ま、気を取り直して昨日のつづき。

「金物構法」

仕口工法では、材木を削り出すため断面欠損が・・・、
ということでしたが

その点、安心なのが金物構法です。

s-RIMG2387.jpg


プレート上の金物をピンで留める構法ですので、
断面欠損も少なくてすみます。

集成材の柱・梁を金物で接合しますんで、
ゆがみやくるいも少なめです。


阪神大震災では、土台などから柱が外れてしまい、
住宅が倒壊する被害が多く見られました。


そこで2000年の建築基準法の改正で、
柱の頭と足もとは、土台や梁と金物で固定しなさい、
と、決められました。


1本1本の柱にかかる、
引き抜き方向の力(N値)を計算して、
N値に対応した金物をつけなければなりません。

s-P1310241.jpg

これがまた、チョットたいへん。


位置を間違えてしまってはいけませんし、
使う金物の種類も間違えられません。

しかし、金物構法の場合は、
接合金物がそのまま引き抜き力に耐えてくれますので
上棟時にしっかり組んでしまえばその後の手間いらず。

s-RIMG2379.jpg

こりゃベンリ。

しかしこの金物構法、
キホンは集成材しか使えません。


無垢材を使いたい場合は仕口構法でおねがいします。


気になるお値段ですが、
金物構法の方が2割ほどお高くなります。
(間取りなどによっても変わってきます)

仕口構法で無垢材をふんだんに使った家にするか、
金物構法でカッチリ強固につくるか、

どちらにしましょう?


ボクは、どちらも好きだなあ・・・。

八方美人、店長ホリエでした!


2008年09月18日

材木の接合方法

昨日はいつものように夜中、
ブログ書き書きしようと思っていたのですが
眠くてダメでした!

店長ホリエ37才、体力の曲がり角。



サーティーズも後半にさしかかってまいりますと、
若けえ頃のようにはいかなくなってまいりますのですね・・・。





そんなこんなで昨日書こうと思っていたお話。

「金物工法」、「仕口工法」



大前提は木造軸組工法です。


木の柱、梁で家を形づくるやつ。


柱や梁といった構造材を組み合わせる方法としまして
一般的には
材木を加工して接合する「仕口工法」と最近言われる工法と、
金属のプレートとピンで接合する「金物工法」の2種類があります。

仕口工法は材木を削って、
男木(オス)と女木(メス)に加工した材木を組み合わせます。


接合する部位や、材料の種類、仕上げの種類などによって、
昔からたくさんの種類の継手、仕口といった加工が使われてきました。



現在では大きな加工場で機械でプレカットすることが多くなりましたが、
木造軸組工法では一般的な接合方法です。

wood.jpg

ソヤノ建材さんのホームページから勝手に転載・・・、お世話になってます!)


ただ、この仕口工法、
材木を切って削って組み合わせますので
一本の材としてみますと断面欠損部分が大きくなってしまいます。

s-RIMG2448.jpg

ま、こんだけ柱がでかければなんの問題もないのですが・・・。


そこで出てきた新しい工法が金物工法というわけです。


が、長くなりそうなのでこのお話はまたあした。




おまけ


「腰掛け鎌継ぎ」の男木と女木。

s-IM000574.jpg

ちなみにその形状から容易に想像がつくとおり
左がオス右がメス。

これ豆知識な。


2008年09月17日

上棟でした

松本市並柳Hさま邸。

上棟でした!

200809%2F17%2F28%2Fd0130128_1846213.jpg


続きはCMのあとで!


と、思ったけど
今日は寝ますわ。


ちょっとお疲れかも・・・。

2008年09月16日

上棟前日

松本市並柳Hさま邸。

明日の上棟に向け、
土台を敷いたり
床束をたてたり
床下地合板を敷いたり
準備万端です。

PA0_0010.JPG

2008年09月15日

階段作成中

松本市寿古民家再生工事。

s-IMG_0031.jpg

工事は着実に進み、
現在階段作成中。


広い吹き抜け空間に階段がかかって、
手すりがつくと
これがまたいい感じになるんです。


2008年09月13日

白と黒

妻ホリエが入れ込んでいる昼ドラでなく・・・、

s-IMG_0027.jpg


松本市寿の民家再生工事。

天井が白く塗られて
黒い丸太の登り梁がくっきりと浮かび上がりました。


あ〜、かっこいい・・・・。


吹き抜けや勾配天井には
丸太梁がよく合いますね。


もちろん家全体のバランスが重要ですが・・・。

2008年09月11日

極悪ウイルスSP3

なーんか最近、
画面の右下の方でウィンドウズXPのサービスパック3をいれろと
うっとうしくフキダシが出てくるものですから、

ついポチっと押してしまったんです。


そしたら勝手にダウンロードして
インストールはじめました。


で、まあいいかとしばらくほかっておいたら
なんかエラーが出てインストールに失敗しましたとか出てるんです。


おめー、押し売りみたいに入り込んできてそれかよ・・・。


仕方なく再起動すると、またフキダシが出てくる。


じゃあ今度はちゃんと入れてよ、
と、もう一回ポチっとな。


しかしまたエラー・・・。


うがー!
何がしたいんじゃ!


すると今度は勝手に
インターネットエクスプローラ7を
インストールし始めるじゃないですか。

やめやめやめ〜い!

と、あわててキャンセルしたんですが、
それからずいぶんと動作が重くなってしまいました。

で、今日。


起動しなくなってました・・・。


セーフモードにもならず、
勝手に再起動をくり返す始末。


あ〜っ、
これから見積もりつくらなきゃいけないのに!


泣く泣くウィンドウズを入れ直しです。


新しい見積もりソフトを入れるために、
先日リカバリしたばっかだったのに・・・。


で、今リカバリし終わって、
ウィンドウズアップデートの最中。


サービスパック2を入れてる最中にエラーになってしまったのですが、
どうしたらいいんでしょう・・・?


もうしらん。

s-IMG_0010.jpg

ちなみに昨日のブログを見て妻ホリエ、
「つまんね。
 いいかげんネタも尽きたな・・・。」


ううう・・・、
一番気にしてることを・・・。

2008年09月10日

37歳

松本市寿北Mさま邸。
リフォーム工事が進行中。

s-IMG_0014.jpg

天井裏には昭和46年建立の文字が。

ワタクシ店長ホリエと同い年じゃないですか!

まぁ37年もこの世に存在していますと、
いろいろとガタがくるということですかね?

イエもヒトも・・・。


そういえば今年の健康診断では、
再検査のかしょがあったんでした・・・。

住宅の方はここでしっかり耐震リフォームをして、
あと100年でも現役でガンバってもらいたいところですが、

ワタクシはというと・・・。


ここらでいっちょ大改造ビフォアアフターして、
あと100年がんばりますか!?


サイボーグ店長ホリエとして。


2008年09月09日

E-確認申請

開発行為の許可の下りたお宅の
確認申請の書類を作成。


そして5時ギリギリに提出。


毎度毎度思うのですが
けっこうな量のコピー用紙が必要になります。


さらに確認検査機関へ提出のための往復。

Eメールでポチっと申請できたらどんだけ楽でしょう?


たしかe-Japanとか電子政府とかって
そういうベンリなことを実現してくれるってぇ話じゃなかったですか?


よく知りませんが。

建築確認申請にも、じつは電子申請があります。

その名もFD(フロッピーディスク)申請。

すでに終わった感がありますが・・・。
(フロッピーディスクドライブなんて無え〜)


しかもこの申請、
図面などは電子化できませんので紙で提出。


印鑑の必要な確認申請書1面も紙で提出・・・。

このところの建築基準法等の改正に
そもそも対応できているのでしょうか?


だいたい建築士免許の写しですとか、
大臣認定証の写しなど、
電子化しづらい添付書類が増えましたので、
あんまり意味ないような・・・。


というか、このへんは
建築士登録番号とか
大臣認定番号とかのデータベースで管理すれば
添付書類も要らなくなるじゃん!


どうなんでしょう?

検索してみても
古い内容ばかりヒットする・・・。

たぶんだめですね。

今どきFD申請されている方、
どれだけいらっしゃるんでしょう?


次々と繰り出される建築関係の法律改正で、
とてもそれどころではありませんか・・・・。


2008年09月08日

登って英語

ここんとこ最近、毎週月曜日は
英国出身、松本在住のエドガーさんと
クライミングでイングリッシュレッスンの日です。


PA0_0009.JPG


と、言いましても
どっちかといいますと登る方がメイン。


会話の方は
単なる単語のラレツと身振り手振りと
あいまいな笑顔でやり過ごしてしまっているため

なかなか話せるようになりません・・・。


というか、
気がつくと普通に日本語で会話してますが・・・。


2008年09月05日

塀の耐震性

これまで住宅の耐震性についてたびたび取り上げてきました。

しかし、自分の住んでいる家だけでなく、
その周りの塀の耐震性はいかがでしょうか?


よく見かけるブロック塀。

ときどき
「これはヤバいんでない?」
というような代物がどどーんと建っていたりします。


以前、なかなかすごいブロック塀を見かけたのですが、
画像が見つからない・・・。

後日アップします。

本来、鉄筋が入っていなければならないのですが
入っていなかったり、
ひび割れがところどころに入っていたり、
すでにナナメになっていたり・・・。


道路や境界に立つ塀は、地震の際、
通りがかりの人をまきこんでしまう可能性もあります。


家だけでなく、周囲の構造物も、
「もし地震が起きたとき、どうなるのか?」
確認してみることがたいせつです。

2008年09月04日

日記の引っ越し

ワタクシ店長ホリエのブログ、
現在エキサイトブログイザットブログの2ヶ所でほぼ同じ内容で更新中です。


エキサイトブログをはじめたのは、
去年の10月。

まだ1年も経ってません。


しかし一番古いブログの記事は2004年10月


以前、堀江工務店のホームページ内にあった
「日記&スケジュール」の内容なんです。


夜中、ヒマを見つけては
じみ〜にコピペで引っ越ししてました。


そしてついに
残すは2007年9月分のみ。


長かった・・・(遠い目)。


ま、こんなことしても
さかのぼって読む人なんで誰もいないわけですが。


せっかく書きためたものを破棄してしまうのが
もったいなかっただけです。

単なる自己満足です、ハイ。

しかし、以前の日記をコピペしながら見返すと、
我ながら結構おもしろいことかいてる気がする。


なんか最近のワタクシのブログ、
一時期のいきおいがない・・・。


そう思っていたら、
妻ホリエからも

「最近ブログ、ぜんぜんおもしろくない」
と、どストライクな一言。


じゃ、どんなこと書けばいいのよ!?


「自虐ネタ。」


やはり(一部常連の)みなさん、
そのへんを期待してらっしゃるのでしょうか?


今一度、赤塚不二夫作品などを読み返して
修行しなおします・・・。

2008年09月03日

ベタ基礎の防湿

松本市並柳Hさま邸。

初登場ですが、すでに基礎工事が進行中。

s-RIMG3236.jpg


ベタ基礎のコンクリートと地面との間には
防湿シートを敷き込みます。


コンクリートは、ぜんぜん水蒸気なんかとおしそうに見えませんが
じつはポリスチレンフォームの1.7倍、
合板の1.5倍くらい
しっかり水蒸気をとおします。


そのままでは
地面から上がってくる水蒸気が床下内にたまって、
土台を腐らせてしまったり、
カビを発生させたりしてしまいます。


木材を長持ちさせるためには
乾燥した床下空間にすることが重要です。


そのためにも防湿シートは必要というわけですね。


2008年09月02日

残暑補修仕事

お引き渡しまもなく9年目、Hさま邸。

補修工事でした。


Hさまにはご迷惑をおかけしております。


9月に入って残暑が戻ってきたようですが、
そんな中、外で工事です!


ガリガリ君がうまい!

そんな季節ももうすぐおわりですね・・・。

2008年09月01日

玄関のバリアフリー

玄関は、家の中でもひんぱんに行き来する段差部分です。


バリアフリー仕様の場合、
玄関の段差は18cm以下にする必要があります。


18cmといいますと、
元気なみなさんには何ともない段差かもしれませんが

ちょっとからだが不自由になってきますと
「よいしょっ」と
少なからずいきおいなり、心づもりなどが必要になってきます。


つまりバリア(障壁)ですね。


そんな障壁を少しでも解消して、
安全に玄関段差を通過するために
手すりやベンチなどがあります。

d0130128_1841155.jpg


18cmという段差は、
座って靴をはくには小さい段差です。


そこへ座るのも、
そこから立ち上がるのも、
じつはたいへんです。


ベンチはそんなときに役立つわけですね。


手すりは元気なみなさんでも
あるととっても楽です。


手すりがないとつい壁に手をついてしまい、
いつの間にやら手のあとが・・・、
という心配もなくなります。


このへん、はじめから設置されない場合も
将来的には取り付けられるよう
考えておかれた方がいいかもしれません。


ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ