« 防災マップの2 | メイン | 残暑補修仕事 »

玄関のバリアフリー

玄関は、家の中でもひんぱんに行き来する段差部分です。


バリアフリー仕様の場合、
玄関の段差は18cm以下にする必要があります。


18cmといいますと、
元気なみなさんには何ともない段差かもしれませんが

ちょっとからだが不自由になってきますと
「よいしょっ」と
少なからずいきおいなり、心づもりなどが必要になってきます。


つまりバリア(障壁)ですね。


そんな障壁を少しでも解消して、
安全に玄関段差を通過するために
手すりやベンチなどがあります。

d0130128_1841155.jpg


18cmという段差は、
座って靴をはくには小さい段差です。


そこへ座るのも、
そこから立ち上がるのも、
じつはたいへんです。


ベンチはそんなときに役立つわけですね。


手すりは元気なみなさんでも
あるととっても楽です。


手すりがないとつい壁に手をついてしまい、
いつの間にやら手のあとが・・・、
という心配もなくなります。


このへん、はじめから設置されない場合も
将来的には取り付けられるよう
考えておかれた方がいいかもしれません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/5262

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ