« 抑止力 | メイン | 他社さん見学 »

技術継承

なにやら年季の入った木材を洗浄中。

s-RIMG4180.jpg

これは寺院建築の太い柱の最上部で
屋根を支える部材です。


「大斗」、「皿斗」、「肘木」など、
さまざまな部材が組み合わさって「組物(くみもの)」と呼ばれ、
寺院の大きな屋根を支えるわけですが、

あまり知ったかぶって書くと
ボロが出るのは火を見るよりも明らかですので
このへんにしときます。

なんでこんなたいそうなものがあるのかと言いますと、
現在、松本市神田にて
寺院の増築工事をさせていただいているからなんです。


以前も書きましたが、今年は
並柳の神社、並柳神明宮さまといい
こちらの神田の寺院、自性院さまといい、

ありがた〜いところからお仕事がいただけまして、
まことにありがたいかぎりです!


既存の建物にあわせて
太い柱や梁がきざまれていきます。

s-RIMG4181.jpg

このへんの技術が
ベテラン棟梁ノグチサンから
ミヤシタ、サンちゃんの20代バリバリ若手大工へと
現在継承中と。

そういうわけですので
まああと40年は安心してまかせていただけます!!


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/5808

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ