メイン

2008年12月13日

並柳完成見学会1日目

松本市並柳てつホリエ邸
完成見学会1日目でした。

s-IMG_0185.jpg

ぽかぽかのお天気で皆さまにご来場いただきました。


明日もやってます。

詳細はこちら。

まだの方はゼヒお越しください。


2008年12月06日

現場進行ご報告

松本市並柳、来週末完成見学会をおこないます
てつホリエご自宅。


s-RIMG4215.jpg


来週完成すべく着々と進行中。

そのわりに階段がまだのようですが・・・。

塩尻市耐震補強工事Sさま邸。

s-RIMG4224.jpg

こちらもお引き渡しに向けて
急ピッチで工事が進行中です。


このところブログでの現場進行ご報告ができず、
すみませんでした!


遠隔地でのお客さまとのやりとりにも
このブログ、活用させていただいております。


2008年12月05日

法改正とコンプライアンス

松本市神田の寺院、自性院さま増築工事、
今日が上棟でした。

s-RIMG4206.jpg


古くからの装飾された部材と
新しい構造材が
あ、マッチングゥ〜う!


・・・・・
失礼しました。

確認申請に大幅に時間がかかってしまい、
暮れのこんな時期になってしまいましたが、
年末年始はお寺さんも行事が盛りだくさん。

今年中にカタチにしなければなりません。


寺院など古くからの建築物を
現在の建築基準法に適合させようとすると
けっこうたいへんです。


それをやらなければならないんですから、
チョットした増改築でも
たちまち大工事になってしまいます。


現実に則していないような法律でも
コンプライアンスな世の中。


建築関係は
法律かわってそりゃもうたいへん・・・。

2008年11月26日

現場進行中

松本市芳川Uさま邸。

屋根工事が始まりました。

s-RIMG4146.jpg

今回こちらのUさま邸、
屋根は輸入建材の
コロナルーフィングシステム」です。


0.4mmのガルバリウム鋼板に
天然石のストーンチップを吹き付けて
コーティングしたもので、
軽くて耐久性のある屋根材です。


見た目もなかなかよさそうな感じ。


つづいては
塩尻市広丘Sさま邸、
耐震補強工事。

s-RIMG4142.jpg


いままでほとんど開口部だった南面に、
サッシを入れ替えて耐震壁を設置しました。


外観もキレイに塗り直して、
地震が来てもあんしん住宅に生まれ変わります。


2008年11月23日

二重の屋根

松本市芳川Uさま邸。

上棟でした!


今日は昨日よりもさらにあたたかく、
いい天気。


関係者の皆さまがたの
平素よりの行ないのよさが発揮されました!


そんなわけですので
作業は順調に進みます。


s-RIMG0024.jpg

しかし、ワタクシども堀江工務店のつくる住宅は
外断熱住宅。


屋根をつくった上に断熱材を敷きこんで
もういちど屋根をつくる二重屋根です。


ふつうの住宅よりも手間ひまかけてます。


上棟式はすっかり暗くなってから、
投光器のなかでおこなわれました。

おいそがしい中
いろいろとご準備いただいたUさま、
ありがとうございました!


2008年11月22日

人力クレーン

松本市芳川Uさま邸。

明日が上棟です!


が、予報ではあさっては雨。

そこで少しでも工事を進めておくべく
フライング気味に今日から建て始めました!

s-RIMG4124.jpg


人力クレーンでわっせ、わっせと上棟中。

いいお天気でよかったよかった。

明日もこのお天気でお願いしますよ、
ほんとに。


2008年11月21日

上棟準備

松本市芳川小屋Uさま邸。


週末の上棟に向けて、
今日からその準備。

土台を敷いています。

s-RIMG4123.jpg


きたかぜピープーふいてます。

寒いったらありません。

そんな中、いちにち作業ごくろうさまでした。


上棟日は晴れてぽかぽかになりますように・・・。

以下、お客さまへのご連絡事項。


s-RIMG4111.jpg
現状こうです。

s-RIMG4117.jpg
これか、

s-RIMG4101.jpg
これで、


価格はお知らせしたとおりです。


以上、ピンポイントのお客さま向けブログでした。

2008年11月19日

天窓リビング

松本市寿M様邸リフォーム。
ができました〜!

s-RIMG4053.jpg

昔ながらの大屋根のお宅の北側リビングですので、
通常ならば暗くなりがちなところですが、
天窓で大きく光を取り入れて明るいリビングになりました。


2008年11月16日

古民家再生見学会2日目

松本市寿の古民家再生のMさま邸。

完成見学会2日目でした!
s-RIMG4076.jpg

いや〜、予約制の見学会ということで
どうなることかと思いましたが、
何とかカタチになりました。
(しました?)


わざわざご来場いただいた皆さま、
ありがとうございました。


そして、文化財級のお宅をお貸しいただき
見学会開催を快諾していただきましたMさま、
ありがとうございました。


来月は松本市並柳にて、
フツーの完成見学会を開きます。

ぜひお気軽にお越しください!

年も押し迫ってはまいりますが・・・。


2008年11月15日

古民家再生見学会1日目

松本市寿の古民家再生のMさま邸。

完成見学会1日目でした!
s-s-RIMG4066.jpg


予約制の見学会ということで、
通常、ただでさえ地味な見学会の地味さ加減に
よりいっそうの拍車がかかった見学会でありましたが、

そんな中でも勇気を持ってご来場いただいた皆さま、
ありがとうございました!


明日も見学会を開催しております。


ご予約なしでも
弊社堀江工務店の事務所にご来場いただけましたら
ご案内できる体制にいたしました。
(苦肉の策・・・)


お気軽にご来場ください!

2008年11月14日

古民家再生見学会のご紹介 4

いよいよ明日から2日間、
完成見学会をさせていただきます
松本市寿の古民家再生の現場。


たたみが入って
和室もようやくご紹介できるようになりました!

s-RIMG4061.jpg


まだごちゃごちゃしていますが・・・。


明日にはキレイになって、
うつくしい和の空間がご覧いただけます!(きっと)


見学会ご来場ご希望の方はこちらまで

メールにて詳細をご案内いたします。

お待ちしております!


s-RIMG4059.jpg

s-RIMG4058.jpg

s-RIMG4063.jpg

2008年11月13日

電気の引き込み

松本市芳川Uさま邸。

外部水道配管工事と
外部電気配管工事でした。
s-RIMG4043.jpg


こちらのUさま邸、
電気の引き込みはスッキリポールを使用します。
s-sukkiri.jpg

最近、
オール電化を選択されるお客さまが多くなってきていますが、
エコキュートやIHヒーターなどを使用される場合、

太くてごっつい引き込み線が家に入ってきます。

これがまあ、
チョット見苦しいと言えなくもなくはありません・・・。
(あまりはっきりとは否定しにくいところですが)


とくに引き込みの距離が長いと
ふっとい電線が自慢のわが家を眺めたときに
つねに目に入ってしまい、
ガッカリになってしまうかも知れません。


そんなわけでスッキリポールはおすすめなわけですが、
見た目の地味さの割に
お値段がけっこうしてしまうところが
なんとももどかしいところではあります・・・。


2008年11月12日

古民家再生見学会のご紹介 3

今週末、11月15日(土)、16日(日)の2日間、
完成見学会をさせていただきます
松本市寿の古民家再生の現場。


少しでもおおくの皆さまに来ていただけますよう、
今週は集中的にご紹介中。


完全予約制の見学会なんて初めてなのですが、
来ていただけるのでしょうか?

なんか不安になってきました。


そんな不安を払拭すべく、
今日は1階内部のご紹介。


しかしまだタタミが入ってなくて、
いろいろと工事中なんです・・・。


見学会ご来場ご希望の方はこちらまで

メールにて詳細をご案内いたします。

お待ちしております!


s-RIMG3987.jpg

s-RIMG3989.jpg

s-RIMG4000.jpg

s-RIMG4017.jpg

s-RIMG4020.jpg

s-RIMG4026.jpg


2008年11月11日

古民家再生見学会のご紹介 2 + 現場進行ご報告

まずは
今週末、11月15日(土)、16日(日)の2日間、
完成見学会をさせていただきます
松本市寿の古民家再生の現場。


今日は2階内部をごしょうかい。


こちらのお宅は2世帯住宅。
2階に若ご夫婦のスペース。

キッチン、トイレ、洗面、シャワールームがあります。

s-RIMG3960.jpg


s-RIMG3964.jpg


s-RIMG3968.jpg


s-RIMG3973.jpg


s-RIMG3978.jpg


s-RIMG3979.jpg


s-RIMG3976.jpg

つづいて、
現在進行中のそのほかの現場の工事状況をご報告。


離れたところにいらっしゃるお客さまへの現場ご報告に
このブログを使わせていただきます。


なんてベンリなインターネッツ・・・。


松本市芳川Uさま邸。

外部水道工事に取りかかりました!

s-RIMG4030.jpg


塩尻市広丘Sさま邸。

床下地を貼っています。

s-RIMG4034.jpg


サッシも入れはじめました。
s-RIMG4035.jpg

今週末の
見学会ご来場ご希望の方はこちらまで

メールにて詳細をご案内いたします。

お待ちしております!


2008年11月05日

鉄骨梁

塩尻市広丘Sさま邸耐震補強工事。

木造住宅ですが、一部の梁に鉄骨材が使われています。
s-RIMG3805.jpg

2階が載っている部分の1階で
柱の間隔が長い場合、
鉄骨梁が使われることはあります。

しかしこういう場合、
う〜ん、
どうやって耐震補強しよう?

2008年11月04日

消滅した柱

塩尻市広丘Sさま邸耐震補強工事。
今日から着工しました!

築30年のこちらのお宅、
お風呂のタイルをはがしてみると、
あらびっくり!

柱が途中から消滅していました・・・。
s-RIMG3800.jpg

隅柱が窓の下あたりからボロボロに崩れて
後ろの白いシートが見えてしまっています。

窓の結露した水や、
外壁のひびから入った雨水ですっかり腐ってしまったようです。


家の角の柱は地震に耐えるためにとっても大事な柱です!

皆さまのお宅の柱はダイジョウブですか?
外壁や浴室のタイルにひびが入ってませんか?


いまいちど点検されてみるのも
いいかも知れません・・・。


2008年10月25日

着工しました

松本市芳川Uさま邸。

本日着工です!

s-RIMG3304.jpg


丁張りを出して、
建物の詳細な位置と、
基礎の高さをご確認いただきました。


ありがとうございました。


ぃよしよし、っと・・・・。

2008年10月24日

造作キッチン

松本市寿、古民家再生工事。

造作キッチンができてきました。

s-RIMG0053.jpg


古民家のダイナミックな梁と
ひろびろ造作キッチンがいい感じ。


完成見学会、どうしよう・・・。


ぜひご覧いただきたい出来なのですが・・・。

2008年10月23日

天窓

松本市寿北、Mさま邸リフォーム工事。

見上げれば天窓。

s-RIMG0058.jpg


リフォーム工事の場合、
それまでの家のつくりからして
採光がとりにくい、
と言う場合が結構あります。


そんなときには天窓。


これで一気に光が入りますね!


しかし、松本あたりですと冬場、
屋根につもった雪が
融けたり凍ったりをくり返してるうちに
とんでもないところから水が侵入して来ることがあります。


天窓を設置する際には、
そのへんの注意が必要です。


とりあず
軒先の近くはやめときましょう。

2008年10月20日

無垢材の外壁

松本市並柳Hさま邸。


外壁には無垢の米杉材。

s-RIMG3258.jpg


防火処理をしてあるので、
外壁に耐火性能を要求される地域でも
無垢材の外壁が可能です。

Channel Original

お値段はそれなりにしますが、
いい雰囲気。


2008年10月19日

見学会と地鎮祭

松本市並柳での構造見学会2日目。

そして今日は、
松本市芳川Uさま邸の地鎮祭。

s-RIMG0036.jpg

雲ひとつない秋晴れのなか、
とっても気持ちよく地鎮祭をおこなうことができました。


Uさま、よろしくお願いいたします!


そしてそして、
地味な現場見学会、略して「ジミけん」にご来場いただいた皆さま、
どうもありがとうございました。


ワタクシ店長ホリエが不在のときにご来場された皆さまには、
あらためてごあいさつに伺わせていただきます。


そのさいにはよろしくお願いいたします!


2008年10月18日

ジミ見学会

松本市並柳で構造見学会でした!


200810%2F18%2F28%2Fd0130128_1737069.jpg


相変わらずジミに開催しておりますが・・・。


そんな中でもわざわざ遠くからもご来場いただきました。


ありがとうございます!


明日も構造見学会、やっております。

ゼヒ、お越しください。

2008年10月11日

シンプル欄間

松本市寿、古民家再生工事。

大工工事はほぼ終わり、
内部の造作工事が進行中。


s-IMG_0142.jpg


そのお宅の古くからある彫刻欄間。

松とか龍とか鷹とかが
ごってり彫り込まれている欄間に比べますと
ずいぶんとシンプル。


しかしこの家の歴史を感じさせてくれます。


2008年10月09日

そとだんねつ

松本市並柳Hさま邸。

来週末の構造見学会へ向けて
工事が着々とすすんでおります。

s-IMG_0130.jpg


家の外側にはぐる〜っと、
とっても高性能な断熱材「ネオマフォーム」が貼られています。

いまさらですが、「外断熱工法」というやつです。


その快適さの一端が、
今度の構造見学会10月18日(土)、19日(日)で実感していただけると思います。


くわしくはこちらです。


ご来場、お待ちしております!

2008年10月07日

擁壁から

松本市芳川小屋Uさま邸。

いよいよ着工です。

s-RIMG2573.jpg

今日は擁壁着工前の打ち合わせと、
ご近所へのあいさつ回り。


よろしくおねがいいたします!


2008年10月06日

2階リビング

松本市並柳Hさま邸。

10月18日(土)、19日(日)の2日間、構造見学会を開催いたします。


こちらのお宅は2階にリビングがあるプラン。

s-IMG_0121.jpg


南の隣地が高く、1階では日当たりが悪い条件の場合、
2階リビングはとても有効です。


天井高も高くとれ、開放的なリビングになりますし、
プライバシーも確保しやすいし、
眺望の良い立地条件ならリビングからいい眺めも楽しめたりと、
いろいろいい点もあります。


短所もいろいろあるのですが、
実際のお宅をご覧になって
検討してみるのもよろしいんじゃないでしょうか?


そんなわけですので
見学会にまずは来ていただきたいと

そういうことです!


2008年10月02日

筋かい金物

松本市並柳Hさま邸。

先日の日記に書いた金物構法
柱と梁はつながっていますが、

後から取り付ける筋かいには、
それぞれ筋かい金物が必要になります。

s-IMG_0082.jpg

はい、こんな感じ。


いま、2時13分。

で、きょうは特に説明もなくこれだけです。

寝ます・・・。


2008年09月25日

柱の行列

松本市並柳Hさま邸。

工事は着々とすすみ、
外回りにはダイライトが貼られました。


s-IMG_0080.jpg


今回、こちらのお宅は2階にリビングがあるプラン。

階段を上がってくると柱がズララララ〜・・・、
と並んでいます。


さて、これがどうなるか?


構造見学会、完成見学会など予定しておりますので
ぜひ見に来てください。


予定が決まりましたら
お知らせします。


2008年09月24日

左官仕事

松本市寿古民家再生工事。


室内壁は漆喰(しっくい)仕上げになります。

いま、その下塗り中。

s-IMG_0057.jpg

左官屋さんの仕事って
ずーっと見てても飽きないんですよね。


下地のボードにどんどんモルタルが塗り重ねられて、
さいごはピカピカの漆喰かべができあがります。


s-IMG_0066.jpg

ついつい時間が過ぎてしまいます。

2008年09月17日

上棟でした

松本市並柳Hさま邸。

上棟でした!

200809%2F17%2F28%2Fd0130128_1846213.jpg


続きはCMのあとで!


と、思ったけど
今日は寝ますわ。


ちょっとお疲れかも・・・。

2008年09月16日

上棟前日

松本市並柳Hさま邸。

明日の上棟に向け、
土台を敷いたり
床束をたてたり
床下地合板を敷いたり
準備万端です。

PA0_0010.JPG

2008年09月15日

階段作成中

松本市寿古民家再生工事。

s-IMG_0031.jpg

工事は着実に進み、
現在階段作成中。


広い吹き抜け空間に階段がかかって、
手すりがつくと
これがまたいい感じになるんです。


2008年09月13日

白と黒

妻ホリエが入れ込んでいる昼ドラでなく・・・、

s-IMG_0027.jpg


松本市寿の民家再生工事。

天井が白く塗られて
黒い丸太の登り梁がくっきりと浮かび上がりました。


あ〜、かっこいい・・・・。


吹き抜けや勾配天井には
丸太梁がよく合いますね。


もちろん家全体のバランスが重要ですが・・・。

2008年09月10日

37歳

松本市寿北Mさま邸。
リフォーム工事が進行中。

s-IMG_0014.jpg

天井裏には昭和46年建立の文字が。

ワタクシ店長ホリエと同い年じゃないですか!

まぁ37年もこの世に存在していますと、
いろいろとガタがくるということですかね?

イエもヒトも・・・。


そういえば今年の健康診断では、
再検査のかしょがあったんでした・・・。

住宅の方はここでしっかり耐震リフォームをして、
あと100年でも現役でガンバってもらいたいところですが、

ワタクシはというと・・・。


ここらでいっちょ大改造ビフォアアフターして、
あと100年がんばりますか!?


サイボーグ店長ホリエとして。


2008年09月03日

ベタ基礎の防湿

松本市並柳Hさま邸。

初登場ですが、すでに基礎工事が進行中。

s-RIMG3236.jpg


ベタ基礎のコンクリートと地面との間には
防湿シートを敷き込みます。


コンクリートは、ぜんぜん水蒸気なんかとおしそうに見えませんが
じつはポリスチレンフォームの1.7倍、
合板の1.5倍くらい
しっかり水蒸気をとおします。


そのままでは
地面から上がってくる水蒸気が床下内にたまって、
土台を腐らせてしまったり、
カビを発生させたりしてしまいます。


木材を長持ちさせるためには
乾燥した床下空間にすることが重要です。


そのためにも防湿シートは必要というわけですね。


2008年08月28日

掘りごたつ

先日お引き渡しの松本市寿Nさま邸。

6畳の和室には掘りごたつをつくりました。

d0130128_18494147.jpg


ワタクシなんかそうなんですが、
ふつうのおコタのような場合、
あぐらかいても正座しても足がシビレてしまうんです。


イスの生活に慣れてしまっているからですね。


しかし、そうは言ってもコタツのあのヌクヌク感は魅力的です。
やっぱおコタも捨てがたい・・・。


そんな悩ましい矛盾を解決してくれるのが、
この掘りごたつ!


これで足がシビレることなく
コタツのヌクヌクを享受できます。

よしよし。


しかし掘りごたつにしてしまうと、
じつはゴロ寝がむずかしくなってしまうという問題点が・・・。

ゴロ寝できなければおコタの意味がない!

そんな方は潔くふつうにコタツにしましょうか。


そのためのタタミもちゃんと用意してありますので・・・。


2008年08月27日

古民家で今風設備

松本市寿の古民家再生工事。

ゆっくりと、しかし着実に工事は進行中。


りっぱな柱が使われた古民家、
とうぜんその柱は壁で覆ってしまわずに表しにします。

真壁(しんかべ)といいます。

古くからの日本家屋の構造材は、ぜひとも生かしたいものです。

しかし今どきの便利な生活を享受するには、
電気設備が不可欠。


当然コンセントの数も以前の家よりもずいぶんと増えます。


土壁の既存の壁にそんな電気配線をするのはひと苦労。

s-RIMG3135.jpg

配線を通すスペースをわざわざ作っていかなければなりません。


古民家の雰囲気をこわさないようにするために、
いろいろと工夫が必要です・・・。


2008年08月26日

玄関スロープ

松本市新村Nさま邸。

建物の工事はほぼ終わり、外構工事が進行中です。

s-RIMG0494.jpg

バリアフリーを重視したNさま邸、
玄関にはスロープが設置されています。


地盤面と屋内床面の高さが少ないほど、
玄関の段差やスロープの長さは小さくできます。

しかし、シロアリの侵入や床下のメンテナンス、
雨水のはね返りなどを考慮しますと
基礎の高さは400mmは必要だと言われます。


住宅性能表示の劣化対策等級では、
基礎の高さは400mm以上ないと
等級が高く評価されません。


バリアフリーと劣化対策、
あちらを立てればこちらが立たず・・・。


建物のプランニングをしてると
そんなことばっかです!


そんなわけですので、
よっぽど資金に余裕のあるという奇特な方以外は、

ご自分の家に対する優先順位をはっきりさせて
果たして自分の住む家には何が大切なのか?

建築に対してどの部分は譲れなくて、
どの部分は住み方などでカバーするか、
といったことを
まずはチョット考えてみると、

そういったことが大切なのかもしれませんよと、

そういうことです!

2008年08月23日

Nさま邸お引き渡し

松本市寿Nさま邸、
本日お引き渡しでした。

s-RIMG3124.jpg


8月いっぱいで、今お住まいの借家を
退去しなければならないとのことでしたので、
それに間に合わせるべく棟梁ミヤシタもがんばってくれました。

そんなこんなでNさまはさっそく引っ越し作業。

ご苦労さまです!

これから末永いおつきあい、
よろしくおねがいします!

2008年08月22日

小屋裏収納

小屋裏収納、ふつうは天井高1.4m以下になります。

s-RIMG0455.jpg

こんな感じ。


一般的にははしごを使って上り下りしますので、
大きなものを出したりしまったりするのはチョトたいへん。


かくれんぼするには最適。


小屋裏収納、みなさんどんな使い方をされるのでしょう?


2008年08月09日

ダイアトーマスの塗り壁

松本市寿Nさま邸。

内装には2種類の塗り壁材が使われていますが、
今日はその2つめのご紹介。

「ダイアトーマス」です。
d0130128_1903765.jpg

原料はアメリカはネバダ州で産出される
ダイアトーマスゲルザイムとよばれる
カルシウムなどを成分とした化石だそうです。

ってこれつまり、
珪藻土と同じ?

珪藻土は珪藻の化石、ダイアトマイト。


どう違うのでしょうか?


このダイアトーマスも特徴としまして
ニオイの吸着分解、
高い調湿効果があるそうです。


チャフウォールと比べてどっちがどういいの?


珪藻土や、その他さまざま健康にいい建材は出ていますが、
一体どれが最強なのでしょう?


どなたかその効果を比較検討した方は
いらっしゃるのでしょうか?


いろいろありすぎて、
困ってしまいますが、
とりあえず雰囲気はいい。

これはカクジツに言えます。

今回のNさま邸、
チャフウォールはローラー塗り。
ダイアトーマスはコテ塗りです。


実際の雰囲気をご覧になってください!


Nさま邸完成見学会は、
8月17日(日)開催!

詳しくはこちらです!

2008年08月06日

勾配天井とロフト

松本市寿Nさま邸。

17日の完成見学会に向けて仕上げ段階に入っております。

s-RIMG2992.jpg

杉板の勾配天井からかくし部屋的ロフトへと上がるプラン。

白い壁に無垢の杉板がアクセントになっています。


ロフトを希望されるお客さまが多いですが、
外断熱工法の場合、
屋根の傾斜に沿って断熱材を施工しますので
屋根裏部分も特別な断熱工事の必要とせずに有効に利用できます。


ただ、注意点としましては
最高天井高を1.4m以下にする、
床面積を2階(下の階)の床面積の2分の1以下にする
という制限があります。

これ以上になってしまいますと
3階建てとなってしまい、
もろもろ面倒なことになりますので
お気をつけください・・・。

2008年08月02日

猛暑打ち合わせ

あつ〜・・・。


浴衣姿の方が多いなあ、
と思ったら、今日は松本ぼんぼんだったのですね。


そんな中、
松本市寿Nさま邸。
s-RIMG2935.jpg

完成間近に迫ってまいりましたが
今日はNさまと外構の打ち合わせでした。


8月17日にはこちらの現場をお借りしまして
完成見学会も開催予定です。


Nさま、お引っ越し間近の中
見学会のために現場をお貸しいただき
ありがとうございます!


LPガスによる発電・給湯暖房システムの
「エコウィル」や、

ホタテ貝殻の塗り壁材、
「チャフウォール」

健康塗り壁材
「ダイアトーマス」

インナーバルコニー、
ロフト、
杉板の勾配天井、
などなど、

見どころたくさん。


なおかつ
お子様向け
「なつやすみ工作教室」も開催。


連休最終日はぜひ、
このイベントにご来場ください!


2008年07月30日

完成間近

松本市寿台Nさま邸。

まもなく完成、お引き渡しです。

s-RIMG2934.jpg

お盆前後に現在進行中の物件が
ぞくぞく完成、お引き渡しに。


は、はやく次の現場をはじめられるようにせねば・・・。


2008年07月23日

レンガ出現

松本市寿Nさま邸。

足場が外れてホフマンレンガの外壁が出現しました!

s-RIMG2885.jpg


本格的な厚もののレンガで、
1枚1枚の焼きムラに味があります。


外回りの水道配管工事も進行中。

この暑い中、ありがとうございます!

熱中症には気をつけてくださいね。

2008年07月20日

和田モデルハウスお引き渡し

松本市和田JKタウン和田西原モデルハウス。

今日、ついに、お引き渡しでした!

s-RIMG2760.jpg


四柱神社の神主さんによる
ご入居前の神事をとり行い、

めでたくお引き渡しです!


Mさま、これからも末永いおつきあい、
よろしくお願いいたします!

2008年07月18日

のぼり梁

松本市寿、古民家再生工事。


今日は2階です。

s-RIMG2719.jpg


丸太の登り梁が、かわら屋根を支えています。

う〜ん、ダイナミック!


これまで屋根裏として
ほとんど使われてきませんでしたが、
断熱をしっかりして、
内装をきれいに仕上げて、

吹き抜けのある階段室で一体になった
心地いい居室空間として生まれ変わり中。


大きな丸太梁には、
なにやらエナジーが感じられますね・・・。

2008年07月17日

空間の広がり

松本市寿古民家再生工事。

s-RIMG2730.jpg




黒光りする大きな梁や差し鴨居(鴨居にもなっている梁)が
ヒジョーに存在感があります。


天井高は低く抑えられていますが、
これらの梁などによって水平方向に空間が広がって、
そのまま庭へとつながる景色はかっこいいなあ〜。



吹き抜けや高い天井高で
空間の広がりを見せるのもいいですが、

あえて天井高を低くしてみる、
これもアリですね。


しかしその際には
外部とのつながりも重要になってくるぞと、
このへんはポイントです。



あと、やっぱり長時間正座できないとだめですかね?


そんなことない?


2008年07月11日

いきいきモデルハウス

先日ご契約いただきましたJKタウン和田西原のモデルハウス。


さっそくお客さまの手で庭づくりがはじまっていました!


お子さんたちの声もひびきわたって、
あ〜これでようやくこのモデルハウスも
家としての本来の役割が果たせるんだな〜
と、感慨もひとしおです!



よかったよかった!




さて今朝の起床時間は
5時40分。


しかし諸般の事情で早くも挫折しそう・・・。



2008年07月05日

現場で打ち合わせ

松本市寿Nさま邸。


Nさまと現場にて、クロスや照明器具の打合せをしました!

d0130128_1843872.jpg

ガス発電給湯システム、エコウィルの床暖房パネルです。


むし暑〜い日でしたが、
現場の中は若干ひんやり涼しめ。


工事も順調に進行しております。


Nさま、暑い中打ち合わせ、ありがとうございました!

2008年07月02日

手回し地盤調査

松本市芳川小屋Uさま邸。

地盤調査でした。

s-RIMG2571.jpg


久しぶりに人力のスウェーデン式サウンディング試験。


暑い中、重たい試験器具をぐりぐり回して地盤調査です。


汗だくになって
建物の4隅と中央部分の5箇所の貫入試験をしていただきました。


ご苦労さまでした!


お立ち会いいただいたUさまも、
ありがとうございました!


これからいよいよ家づくりに向けて
本格的に準備作業がはじまります。


よろしくおねがいいたします!

2008年06月30日

ホフマンレンガ

松本市寿Nさま邸。

昨日はずいぶんと雨が降りましたが、
今日はすっきり晴れ。


そんなわけですので外壁工事も順調に進んでおります。

s-RIMG2562.jpg

Nさま邸の外壁は、総レンガの外壁。

重厚感ありの、
耐久性ありの、
防火性もありです。


おかげで火災保険の等級も通常の木造住宅に比べて
ずいぶんとお安くなります。

お値段は張りますが、
長い目で見るとお得だと、
そういうことです!


2008年06月26日

階段工事

松本市寿Nさま邸。

外壁工事と内部工事が平行して進行中。

s-RIMG2537.jpg


毎日予報は雨ですが、ほとんど降っていませんね。
今日も午後、ザーっと降っただけでした。

おかげで外部工事も進んでおりますが、
梅雨にはやはり、ある程度降っていただかないと
まずいんじゃないでしょうか・・・?


最近、3人目のお子さんが生まれた棟梁ミヤシタ、
今日は階段を工事中。
ターボがかかってます。

2008年06月25日

足場がなくなって

松本市新村Nさま邸。


外壁工事が完了して、足場が解体されました!

s-RIMG2531.jpg

足場がなくなると、すっきり見晴らしいい〜!

2008年06月19日

並柳神明宮社務所が進行中

松本市並柳の神社、並柳神明宮の社務所の増築工事。

工事が着々と進んでおります。


s-RIMG2525.jpg

こちらの現場、
設計・監理をほりえ建築設計事務所。

施工は地元並柳の建設会社さん、
株式会社三友創建さんでおこなっております。


お昼ごろに降った雨もやんで
青空。


しかしそろそろ本格的に梅雨はやって来そうです。

2008年06月15日

前倒し気密測定

松本市寿Nさま邸。


本日、急遽、気密測定でした!

s-RIMG2517.jpg

本当なら来週の構造見学会で公開気密測定を行う予定でしたが、
こちらのNさま邸、大工さんを大量投入して工事を進めております。


そんな関係でずいぶんと工程が進んでおりまして
来週まで待っているとちょっとほかの工程が進まなくなってしまいます。


そこで本日、気密測定をさせていただくはこびとなりました。


Nさまには急にご都合を合わせていただき、
すみませんでした!


そんなわけで、来週末、こちらのNさま邸では
構造見学会を開催いたします。


実際の気密測定をごらんいただくことはできませんが、
・断熱材の比較実験
・気密についての勉強会
・国の住宅助成金説明会
などをおこないます!


もちろん、工事中の現場の様子をごらんいただき、
イザットハウスの構造なども実際にごらんいただけます。


6月21日(土)、22日(日)の2日間、
ぜひお越しください!

2008年06月12日

イニシャル

松本市寿台Nさま邸。

平屋のお宅です。

s-RIMG2509.jpg


断熱材が貼りおわり、
お天気いいので外回りの工事が順調に進んでいます。


ちょうど今、
新築工事を行っている現場のお客さまのイニシャルが
みんなNさま。


わかりにくくてスミマセン・・・。

個人情報とかプライバシーとか、
勝手に気を回しすぎてわかりにくくなってます・・・。


2008年06月04日

古民家再生中

松本市寿Mさま邸、古民家再生工事。

むき出したっだ建物内の地面にコンクリートが打設され、
基礎の補強も終わりました。

あらたに補強される梁や柱も加工が終わり、
いよいよ現場の木工事が本格的に始まります。


設計は古民家再生なども手がけられている建築士さん。

どんな立派な古民家に再生されるのか楽しみです!


2008年06月03日

入梅外装下地検査

どうやらきのうから梅雨入りだそうで・・・。


そんな雨の中、
松本市寿のNさま邸、JIOの外装下地検査でした。

s-RIMG2423.jpg

梅雨入り前にサッシと気密シート工事は終わりましたが、
断熱材、外壁の工事はまだこれからです。


これからのお天気が気になります・・・。

2008年05月28日

レーザー構造検査

松本市寿Nさま邸。

JIO(日本住宅保証検査機構)の構造検査でした!

s-RIMG1764.jpg

で、
画像はレーザー墨出し器。


この月着陸船のような機械から
ビシィィィッ!
と、水平垂直にレーザー光が発射され、

お宅がまっすぐ建っているかどうかがわかると、
ま、そういう機械なわけです。

おかげさまで検査は合格。

よしよし・・・。

2008年05月26日

浴槽の保温性

松本市新村Nさま邸。

着々と工事が進んでおります。


s-RIMG2365.jpg

今日はユニットバスも工事中。
TOTOのシステムバスルーム「スプリノ」。
新商品です。


s-RIMG2370.jpg

すっかりおなじみの「魔法びん浴槽」。

この防水パンの断熱材と
浴槽を覆う断熱材の2重構造で
保温性能はバッチリです。


「魔法びん浴槽」というネーミングと先行開発で、
一時(いっとき)お風呂はTOTOで決まり、
の時期がありましたが

すぐさま他社さんも追随して保温浴槽を発売してきました。


住宅設備メーカーさんもタイヘンですね・・・。


2008年05月19日

上棟でした

松本市寿Nさま邸。

上棟でした!


s-P5190354.jpg


なにやら台風に連なって低気圧がいっぱい接近中のようですが、
屋根まで間に合ってよかったよかった。


2008年05月17日

土台敷き

松本市寿Nさま邸。

土台敷きでした。

200805%2F17%2F28%2Fd0130128_18413292.jpg


月曜日に上棟です。

晴れますように!

2008年05月13日

基礎

松本市寿Nさま邸。


基礎のコンクリート型枠を外して基礎が出現しました!

(”画像”あした入れる)
s-P5130317.jpg


来週月曜日に上棟です。


お気に入りのデジカメCaplioR7を修理に出してしまっていて、
とっても不便です!


2008年05月12日

上棟クレーン

松本市寿台Nさま邸。

上棟でした!

s-P5120308.jpg

こちらの現場、平屋のお宅なのですが、
クレーンが活躍中。


だって早いし楽だし安全なんだもん・・・。


2008年05月07日

GW後

松本市寿Nさま邸。

連休明けいっぱつ目のお仕事はコンクリート打設でした!

s-RIMG2301.jpg


天端均(てんばなら)しもとろ〜り終わって
きれいな基礎が、もうすぐ出現します!


2008年05月03日

お引き渡し

松本市和田のKさま邸が
本日とうとうお引き渡しの日をむかえました!


完成してから1ヶ月以上モデルハウスとしてお貸しいただき、
ずーっとおあずけ状態でした。

正直、忙しさにかまけて
あまりモデルハウスとして活用できなかった部分もありますが
それでも期間中にいろいろなかたに
Kさま邸をご覧いただくことができました。


Kさま、本当にありがとうございました。

すでに奥さまの手によって植栽も充実して
ワタクシども作り手から住まい手のKさまへと
このお宅が引き継がれていくことをしみじみ感じました。


なんかちょっとサビシイ気分もありますよ。

でもこの連休でどわっとお引っ越しされて
いよいよKさまご一家の生活が
ここで始まるわけです。


d0130128_17311145.jpg

kさま、これからも末永くおつきあい
よろしくおねがいいたします!

2008年04月30日

コンクリートの打設

松本市寿Nさま邸。


JIOの配筋検査がありました。

とくに問題もなく合格、と。

午後からさっそくコンクリートの打設です。

s-RIMG2176.jpg


こうしてコンクリートの打ち込みと同時に
ヴァイブレーターでコンクリートをビリビリ振動させ、
流動化させて基礎に空隙ができないようにしていきます。


こうしてピカピカの基礎ができあがると
そういうわけです!


2008年04月27日

GW前

日曜日ですが現場は進行中。


s-RIMG2156.jpg

連休前にコンクリートを打設するのとしないのとで
工程が大きくちがってきてしまいます。


そんなわけですので
世間一般にはお休みにもかかわらず
基礎工事が進んでおります。


休日出勤ありがとうございます!


ゴールデンウィークはしっかり休んでください!

2008年04月25日

対角長さ

松本市寿Nさま邸。

地盤の表層改良が終わって
今日は丁張でした。

s-R0011545.jpg


基礎工事を始める前に
正確に家のかたちを糸で出します。


正確に直角にできているか、
対角線をはかって確認。


平行四辺形の家になったらたいへんですので・・・。

2008年04月23日

表層改良

松本市寿のN.Y.さま邸。

今日から表層改良工事が始まりました。

s-RIMG1989.jpg


地盤調査の結果、軟弱層が見つかったため
地盤を補強してからの基礎工事になります。


こうしてしっかり補強して、
地盤保証もついて、
これで安心の家づくりになります。

2008年04月21日

瓦屋根

松本市新村N.M.さま邸。

先日上棟がおこなわれ、
屋根や外回りの工事が進んでいます。

s-RIMG1984.jpg


瓦屋根もいいですね〜。


2008年04月19日

見学会でした

松本市和田Kさま邸。

本日、お引き渡し前の見学会を行いました!


s-RIMG1933.jpg


毎度、じみ〜な告知にもかかわらず、
ご来場いただきましたみなさま、
ありがとうございました!


2008年04月17日

花に雨

雨の中のサクラも
風流じゃの〜ぉ・・・。

s-RIMG1967.jpg


なんて言ってられません!


この雨の中でも
外まわりの工事は進行中です。


s-RIMG1976.jpg

雨の中、ご苦労さまです!!

2008年04月10日

古民家が、浮く

松本市寿豊丘Mさま邸。


古民家再生工事中です。


先日内部の解体工事が終わり、
構造だけになった現場をご紹介しました



で、
今日の現場。


s-RIMG1921.jpg


浮いてます・・・。
古民家・・・。


ハンドパワーです・・・・。





うそ!

油圧ジャッキでした。


s-RIMG1920.jpg

ま、
毎度アホな話はこれくらいにして、と。



こうして
味はあるけどいろいろと問題もある
基礎石だけの基礎を

こ〜んな状態から
今風のがんじょう基礎に造り替えるのです。



そりゃ、大工事だわ・・・。



2008年04月08日

地鎮祭の日

松本市寿豊丘N.Y.さま邸。

地鎮祭でした。


昨日からの雨。

予報では強風雨で大荒れのお天気でしたが、
地鎮祭の始まる頃には
雨もほとんどあがり、
風もなく、
無事、地鎮祭を行うことができました!


s-HI350105.jpg


足もとの悪い中、
またお忙しい中、
ご参加いただき、ありがとうございました。

いよいよ始まる、って感じがしてきました!

よろしくお願いいたします!

さて、そのあと
神主さんと社長と棟梁ノグチさんは、
そのまま次の現場、

松本市寿台のN.N.さま邸へ。


なんと今日は地鎮祭のダブルヘッダー。

こちらはワタクシ店長ホリエ、
直接の担当でないため、

あまりおジャマできませんが、
ときどきリポートさせていただきます。


よろしくお願いいたします!


2008年04月05日

外構の春

松本平もところどころで
ようやくサクラの花が咲き始めました。


暖かくなってきましたので
外構工事がいろいろです。


s-RIMG1899.jpg


みなさま植栽の維持、
がんばってください・・・。


2008年04月04日

古民家の風格

松本市寿Mさま邸。

古民家再生工事が進行中。


s-RIMG1826.jpg


解体工事が終わり、
柱、梁などの構造体を残して見晴らしがよくなりました。


しかし、壁はほとんどこわしていません。

つまり、今見えている柱と柱の間仕切りは
すべて襖や障子などの建具。


もともと壁がほとんどなかったというわけです。

筋交いなど、
横からの外力に対抗する壁がないかわりに

差し鴨居とよばれる
でっかい梁と鴨居をあわせたものが

太っい柱にはめ込まれて
家としての形を保っているわけです。

見た目なかなか力強い感じもしますが、
やっぱり地震が来たらこれはチョト不安です。


瓦屋根も重いし・・・。

そんなわけで古民家としての風格を保ちつつ、
耐震性、断熱性など、
住まいとしての安心、快適性も向上させるべく

これから大工事が始まろうとしていると、

そういうことです!

2008年04月02日

ステンドグラス

松本市和田JKタウン和田西原のKさま邸。

本日ついに、ステンドグラスが取り付けられました!

s-RIMG1813.jpg


想像以上の仕上がりです!

詳細はKさまブログを見ていただいた方がいいかも・・・。

ちゃんと収まってよかった〜・・・。

2008年03月19日

Nさま邸地鎮祭

松本市島内Nさま邸。

初登場。

地鎮祭でした。

s-P3190286.jpg


こちらはワタクシ店長ホリエが担当ではありませんが、
ときどきおじゃましてレポートさせていただきます!

よろしくおねがいいたします!


 

2008年03月09日

Kさま邸完成見学会2日目

松本市和田Kさま邸、
完成見学会の2日目でした。


今日もおおぜいのお客様にご来場いただきました!

どうもありがとうございました!

そんないそがしめの見学会で
いろいろとお手伝いいただきました
スタッフ関係者のみなさま、
ヒジョーに助かりました。

こちらもありがとうございました!

そしてそして、あらためまして

この大好評でしたレンガの家を
ともに作らせていただきましたKさま、

どうもありがとうございました!


な、な、なんと
さらに恐縮なことにはこのKさま邸、
4月いっぱいくらいまではモデルハウスとして
公開させていただけることになっているのです!


ほんとうにいいんですかぁ?!

いやもう既に、
予定には組み込ませていただいているのですが・・・。


そんなわけですので、
ありがたく利用させていただきます!

ありがとうございます!

今回、見逃してしまったお客さまも、
こちらへご連絡ください。
info@horie-h.co.jp

コダワリ満ち溢れるKさま邸を
ご覧いただけます。


s-HI350100.jpg


外構工事も早く取りかからねば・・・。

2008年03月08日

Kさま邸完成見学会1日目

松本市和田のKさま邸で完成見学会です。

s-RIMG1463.jpg

本日は薪ストーブの火入れ式やら、
暖房器具メーカー長野PSさんのご説明やら、
中部電力さんのオール電化住宅のご説明やら、

ずいぶんと盛りだくさんでした。


そんな中、たくさんの方にご来場いただき、
にぎやかに見学会が開催できました!


ご来場いただいたみなさま、
ありがとうございました!


そしてそしてなによりも、
会場として現場をお貸しいただき、

なおかつほぼ一日おつきあいいただきましたKさま、
本当にありがとうございました!


明日も開催しております。

ぜひみなさま、お越しくださいマセ。

2008年03月06日

高気密高断熱にはこれ

松本市梓川倭Yさま邸。

ちょっと目を離したスキに外観はほとんど出来ていました!

s-RIMG1439.jpg


ガルバリウム鋼板「ガルスパン」のシンプルな外観です。


先日の気密測定でもすんばらしい気密性能をたたき出しましたが、
高気密高断熱住宅の性能にこだわるなら

やっぱシンプルな外観がいちばんです。


今週末は和田Kさま邸の完成見学会ですが、
Yさま邸も完成の際には、
ぜひ見学会を開催させてください!


よろしくおねがいいたします!

2008年03月05日

ナゾの穴

松本市和田JKタウンKさま邸。

今週末、完成見学会が開催されます。


リビングと和室との間の欄間(らんま)部分には
3つの開口が・・・。

s-RIMG1427.jpg


ステンドグラスが入るんです。


ただいまステンドグラス制作者さまが、制作中。


あ〜、入るの楽しみ・・・。


(完成見学会時には、まだこのままです。 スミマセン!)

2008年03月03日

完成間近現場光景

松本市和田Kさま邸。

今週末の完成見学会に向けて
各職種の職人力が集結しています!


s-HI350096.jpg


この写真を撮っているワタクシの後ろでは
塗装屋さんと暖房屋さんが
2倍速で職人パワーを投入中。

2008年02月28日

地盤調査のゆらぎ

松本市寿のNさま邸。
初登場です!



地盤調査がありました。



s-RIMG1357.jpg

Nさまには、お忙しい中立ち会いしていただき、
ありがとうございました!


結果はしばらくお待ちください。





しかしなんですな・・・。

地盤調査もかれこれ10年近く立ち会いさせていただいておりますが、
調査される方の個性が出ますね。


機械じゃあ細かい土の感触がわからないからと、
頑(かたく)なに手回しにこだわる方。

s-RIMG0073.jpg



地中の石などで止まってしまった場合、
ロッド(杭)をおもりで打撃してさらに掘り進むのですが、

もうガッツンガッツン、
壊れるかと思うくらい徹底的に打撃して、
深いところまで探ろうとする方。
(いいんだか、わるいんだか・・・)



そうかと思えば、
え?もう終わり?
ってくらいアッサリと調査を打ちきってしまう方。
(これも善し悪し)



土で汚れたロッドを
一回ずつきれいに拭いて、
ていねいに道具を扱う方。



ロッドにネジ山に泥がついてても、
コンセントが水たまりに浸かっても、
ぜんぜんお構いなしの方。




ま、いろいろな方がいらっしゃるわけですが、
こりゃ地盤の調査結果に
調査員さんの個性が反映されていたとしても
不思議ではありませんね・・・。




そんなわけですので
地盤調査は測定結果を鵜呑みにせず

安全側に設計しておくことが肝心と、

そういうことです!




2008年02月23日

並柳神明宮社務所が地鎮祭

松本市並柳の神社、並柳神明宮の社務所の増築工事。


地鎮祭がありました。

s-RIMG1338.jpg


並柳地区の氏子のみなさんのお金でおこなわれる工事ですので、
設計から施工までを1社でおこなってしまいますと
ちょっとひんしゅくです。

今回のこの工事では、
ほりえ建築設計事務所が設計・監理をおこない、
工事は並柳地区の建設会社さんの施工でおこなわれます。


建築確認申請も終わりましたので
あとは工事監理が主なお仕事。


この傾斜地に社務所が建ちますので
工事も大変です!


安全に工事していただいて、
秋には新しい社務所でお祭りをしていただくと、

そういうわけです!


ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ