衝撃的絵本

長男ホリエがなつやすみの課題図書ということで
絵本を借りてきました。

200808%2F02%2F28%2Fd0130128_17403226.jpg

小学2年生の課題図書が絵本って、
どんだけゆとりだよ・・・。

などとおもいつつぱらぱらと絵本をめくっていたら、


ドゴ〜ンッ!!


衝撃うけた・・・。


ぼくがラーメンたべてるとき、
世界のおともだちはなにしてるのかな?


という展開の本なのですが、
すごいところまで連れて行かれます。



よかったら事前情報なしで読んでみてください。


この絵本の感想文、
小学2年生には重すぎる・・・。


猛暑打ち合わせ

あつ〜・・・。


浴衣姿の方が多いなあ、
と思ったら、今日は松本ぼんぼんだったのですね。


そんな中、
松本市寿Nさま邸。
s-RIMG2935.jpg

完成間近に迫ってまいりましたが
今日はNさまと外構の打ち合わせでした。


8月17日にはこちらの現場をお借りしまして
完成見学会も開催予定です。


Nさま、お引っ越し間近の中
見学会のために現場をお貸しいただき
ありがとうございます!


LPガスによる発電・給湯暖房システムの
「エコウィル」や、

ホタテ貝殻の塗り壁材、
「チャフウォール」

健康塗り壁材
「ダイアトーマス」

インナーバルコニー、
ロフト、
杉板の勾配天井、
などなど、

見どころたくさん。


なおかつ
お子様向け
「なつやすみ工作教室」も開催。


連休最終日はぜひ、
このイベントにご来場ください!


見積もりソフト

今日から8月。

そんなわけでもないのですが、
今日から新しい見積もりソフトが導入されました。


いままで不安定だった古いソフトを、
ウィンドウズ入れ直したり、
パソコン変えたりして
だましだまし使っていたのですが、

ようやくその苦労からも脱却できるのでしょうか?


まだ実際に使いこなせるようになるのは
少し先な感じ。


うまく機能するといいのですが・・・。

完成見学会のお知らせ

8月17日(日)、松本市寿にて完成見学会を開催いたします!


連休最終日のお暑いさなかに1日だけ開催。

はたしてお客さんは来ていただけるのでしょうか?
前回の二の舞か?


そんなわけで
「なつやすみ工作教室」も同時開催いたします!

夏休みの工作の宿題をここでやってしまいましょう、
プロに手伝ってもらいながら・・・。

その間にお父さんお母さんはゆっくり現場をごらんいただいたり、
同時開催「住宅お金のお話セミナー」に参加いただく、と。


いかがでしょうか?

こんな感じなら来ていただけます?


詳細はまた後日。

ぜひご来場ください!

完成間近

松本市寿台Nさま邸。

まもなく完成、お引き渡しです。

s-RIMG2934.jpg

お盆前後に現在進行中の物件が
ぞくぞく完成、お引き渡しに。


は、はやく次の現場をはじめられるようにせねば・・・。


増える耐震診断

東筑摩郡波田町にて耐震診断でした。

古い大きなお屋敷を改築?増築?したらしいお宅はとても大きい!
しかも、まともな図面がない!


そんなわけで端から計って図面に起こして
簡易耐震診断して、そのまま精密診断して、
と、すごい手間取りました!


先日の市民タイムスに、
ちょうど耐震診断の話題が載っていました。

s-RIMG2925.jpg


減少傾向にあった耐震診断の申し込みが、
このところ増加しているそうです。


毎年大きい地震が起こっていますので
住宅の耐震性に関心が向くのは当然ですね。


しかし、松本市内で耐震診断が必要な住宅は約2万2千戸。
19年度までに簡易耐震診断が行われたのは、
3千件弱だそうです。


まだまだ耐震診断の必要なお宅がたくさんあるということですね。


ワタクシも
屋根裏あついよ〜、
などと泣き言を言っててはいけないということです!

CASBEEのはなし

先日、征矢野建材さんの勉強会へ行ってきました。
住宅関連の法律について。

いろいろと勉強になるお話が盛りだくさんでしたが、
「エネルギーパス」のお話も、
そこで仕入れたネタだったわけですね。

知ったかぶりしてスミマセン・・・。

で、今日はそこで仕入れたネタ第2弾。

「CASBEE」
キャスビーです。


世間では
「省エネ住宅」ですとか
「自然住宅」ですとか
「高気密高断熱住宅」ですとか、

ワタクシどもも含めまして
いろいろな表現で
自らの造る住宅のすばらしさを喧伝しているわけですが、


正直、よその住宅と比べてどこがどういいのかワカラン!
という方が大半かと思います。


そんなわけでCASBEEは、
建築物の環境性能を総合的に評価するための
基準、モノサシなわけです。

s-casbee.jpg


このホシの数を見れば、
大手ハウスメーカーさんの家だろうが、
中小地場工務店さんの家だろうが、

環境性能、一目瞭然というわけです。


ま、CASBEEにつきましてはワタクシ店長ホリエ、
すでに和田のモデルハウスを対象にして
自己評価をしたり

その評価をもとにして、
「信州省エネモデル住宅設計コンペ」なんかにも参加したり
しているわけですが・・・
(と、あからさまに自慢)。


ただ、このCASBEEの個々の評価基準につきましては、
余裕で満点クリアできるものと、
現状、満点取るのは結構ムズカシイと思われるものの
ギャップが結構あるような気がします。


もうちょっと
評価内容を検討された方がよろしいかと。

ま、今日はもう遅いので
このへんにしときますが・・・。


小川山物語

今日はお休み。

クライミングのお友達さんたちと
南佐久郡川上村は廻り目平、
小川山のクライミングエリアへ。


長くて、目立って、人気のルートをのぼってきました!

s-HI350016.jpg

あた〜、
デジカメ忘れたので携帯のカメラで撮ったら
ワケワカラン・・・。

ここです、ここ。

s-Picture1.jpg

床下の温度

今日は、午前午後2件のアフターメンテナンスと、
お引き渡し3年目のお客さまのキッチン棚工事の打ち合わせでした。


お引き渡し3年目のFさま邸。

s-RIMG2893.jpg


松本市、本日の最高気温36度。
エアコン未使用の状態で、
上が床下の温度。
下が室温。


30度以上でも、外から家の中にはいると
ひんやり涼しく感じられます。


床下と室温で5度の温度差がありました。

この温度差、利用したい・・・。

でも床下の空気を直接室内に導入するのって、
抵抗あります?


どんなもんでしょ?


エネルギーパス

省エネルギー、Co2排出削減に関しまして、
日本の工業製品は、自動車や家電など、
世界トップレベルの性能を持っています。

はたから見ましても
すっごいがんばってるな〜、
と、感心してしまいます。


ひるがえって
ワタクシども、住宅業界はというと
そのへんまだまだだ!
と思い知らされるお話。

s-E-Pass.jpg

              (ドイツのwikipediaさんから拝借)


EUでは
住宅が年間にどのくらいのエネルギーを消費するかを示した
「エネルギーパス」
とよばれる書類が
新築住宅はもちろん、既存住宅にも必要となり、

建物の賃貸や売買の際には
このエネルギーパスの提示が義務づけられたそうです。


断熱の構造や空調システムから
建物のエネルギー消費量を解析するそうで、

ちゃ〜んと専門家に評価してもらい、
エネルギーパスを発行してもらわなければなりません。


う〜ん、徹底している・・・。


2006年から賃貸業者などに義務づけられていたものが
今年の7月からは、ドイツでは個人住宅にも適用になったとのこと。

つづけてEU各国でも義務化されるそうです。

日本でもひょっとしたら
近い将来、似たような制度ができるかもしれませんよね、
この調子でいくと・・・。


そんなわけですので
今からしっかり省エネ対策をとった住宅をつくって、
評価されたときには
はなまるもらえるような家を
今からつくっていきたいものだと、
そういうことです!

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ