高気密高断熱にはこれ

松本市梓川倭Yさま邸。

ちょっと目を離したスキに外観はほとんど出来ていました!

s-RIMG1439.jpg


ガルバリウム鋼板「ガルスパン」のシンプルな外観です。


先日の気密測定でもすんばらしい気密性能をたたき出しましたが、
高気密高断熱住宅の性能にこだわるなら

やっぱシンプルな外観がいちばんです。


今週末は和田Kさま邸の完成見学会ですが、
Yさま邸も完成の際には、
ぜひ見学会を開催させてください!


よろしくおねがいいたします!

ナゾの穴

松本市和田JKタウンKさま邸。

今週末、完成見学会が開催されます。


リビングと和室との間の欄間(らんま)部分には
3つの開口が・・・。

s-RIMG1427.jpg


ステンドグラスが入るんです。


ただいまステンドグラス制作者さまが、制作中。


あ〜、入るの楽しみ・・・。


(完成見学会時には、まだこのままです。 スミマセン!)

rest

現場は佳境に入ってるわけですが、
今日はお休みいただきました!

s-R0010991.jpg


どうもすみません!


完成間近現場光景

松本市和田Kさま邸。

今週末の完成見学会に向けて
各職種の職人力が集結しています!


s-HI350096.jpg


この写真を撮っているワタクシの後ろでは
塗装屋さんと暖房屋さんが
2倍速で職人パワーを投入中。

ソバとミスド

今日は、めいてつショーホールで建材屋さんの展示会でした。


ご来場いただいたNさま、
どうもありがとうございました。


落ち着いて設備をご検討、という雰囲気ではなかったので
物足りなかったでしょうか?


来週完成見学会を開催させていただきますKさまも
うどんを食べに、

ではなく

打ち合わせのために
わざわざ会場までお越しいただきました。


どうもありがとうございました!


おみやげにドーナツもあって、
わざわざ来ていただいた甲斐もあったでしょうか?

見学会と展示会

いよいよ来週末は、
松本市和田のJKタウン和田西原内にて
Kさま邸完成見学会を開催いたします。

詳しくはまた順次お知らせいたします。


そいでもって
明日はめいてつショーホールにて
建材屋さんシンケンさんの展示会があります。


メールの一本でも入れといていただければ、
ワタクシ店長ホリエが笑顔でお出迎えいたします!
(午後の方がうれしいかも・・・)

info@horie-h.co.jp


ま、こちらもよろしかったらどうぞ。


ドーナツとか、ソバとかもありますので・・・。

地盤調査のゆらぎ

松本市寿のNさま邸。
初登場です!



地盤調査がありました。



s-RIMG1357.jpg

Nさまには、お忙しい中立ち会いしていただき、
ありがとうございました!


結果はしばらくお待ちください。





しかしなんですな・・・。

地盤調査もかれこれ10年近く立ち会いさせていただいておりますが、
調査される方の個性が出ますね。


機械じゃあ細かい土の感触がわからないからと、
頑(かたく)なに手回しにこだわる方。

s-RIMG0073.jpg



地中の石などで止まってしまった場合、
ロッド(杭)をおもりで打撃してさらに掘り進むのですが、

もうガッツンガッツン、
壊れるかと思うくらい徹底的に打撃して、
深いところまで探ろうとする方。
(いいんだか、わるいんだか・・・)



そうかと思えば、
え?もう終わり?
ってくらいアッサリと調査を打ちきってしまう方。
(これも善し悪し)



土で汚れたロッドを
一回ずつきれいに拭いて、
ていねいに道具を扱う方。



ロッドにネジ山に泥がついてても、
コンセントが水たまりに浸かっても、
ぜんぜんお構いなしの方。




ま、いろいろな方がいらっしゃるわけですが、
こりゃ地盤の調査結果に
調査員さんの個性が反映されていたとしても
不思議ではありませんね・・・。




そんなわけですので
地盤調査は測定結果を鵜呑みにせず

安全側に設計しておくことが肝心と、

そういうことです!




LDK+和

リビングの隣に和室を配置して、
引き戸をオープンにすればリビングと一体になるように
プランを計画することがよくあります。



フローリングにソファのリビングと
タタミにごろ寝の和室がひろびろ使えて、

引き戸で仕切れば客間として使える、

とってもベンリなプランですね!



ですがそのとき気になるのが、
和室をどの程度本格的につくるかです。


和室単独で考えれば、
ヒノキなどの柱を表した真壁に
ジュラクなどの塗り壁。

床の間も本格的に・・・、

となります。

s-IM000618.jpg


しかし、リビングとの一体感を考えると
あまりコテコテの和室にしてしまうのも
どんなもんかねぇ。


それじゃ柱を表さない大壁にして、
和紙クロスや縁なしタタミなどで
アッサリ和室にしときましょうか?
s-RIMG1400.jpg


う〜ん、それもちょっと・・・。


じゃあその中間で。



などとそのたび悩みます。


建具にしましても
いまどきのドアはみんな2mですが、

長押(なげし)をまわすと
ふすまや障子は1.8mのほうが
バランスがいい感じがします。


そうなってきますと
和室とリビングや廊下との仕切りの建具は
どっちにするの?

と、これまた困った問題が立ちはだかってきます。


そんなわけですので
モデルハウスや住宅雑誌などで
この辺も気にして見てください。




写真は明日アップします。




1日休むと調子わる〜・・・。



障子に取りかえ

お引き渡し今年で9年目、
松本市島立のHさま邸。


和室の和風ブラインドが壊れてしまいましたので、
これを機に障子に入れ替える工事をおこないました。

s-RIMG1355.jpg

やっぱ障子はうつくしい!

ジャパニーズ・ソウルを揺さぶります!

って、アホな話はおいといて、


リビングとつながる和室を希望されるお客さまは結構多いですが、
どのような和室にするのか、

リビングとのバランスを考えると
結構むずかしいところです。


が、

今日はもう眠いので
むずかしいことを考えるのはやめときます・・・。

井戸端大学

お引き渡し6年目のIさまが、起業されました。


株式会社フェリディア


そのお仕事の内容は、
一言ではなかなかご説明できないのですが、

「井戸端大学」と銘打って
プロの講師の方でなく、
身近な方を講師として
身近なテーマを
井戸端会議感覚で
受講するというものです。




たとえば
今話題のコーチングなど
本格的にセミナーを受講しようというと
結構なお金と
ある程度の決心がいります。




そんなテーマをもっと身近な方に
取っかかりとして講義していただく。



そんな感じです。




そこで同じ興味を持つ人とのつながりもでき、
そこから本格的な内容へと踏み込んでいく
第一歩になります。


もっと身近な
子育てとか、
筆ペン習字とか、
ハーブの楽しみ方とか、



ちょっと興味があるという内容が
気軽に受講できる講座なのです。


そんな井戸端大学の
記念すべき第一回目の講座が開かれたので

ワタクシ店長ホリエも
「どんなもんじゃいな?」
と興味津々で参加させていただきました!


d0130128_17323030.jpg



講座の内容は
「子供を幸せにする子育て法」


講師の方と受講者の方とが
おしゃべり感覚で知識を共有できる
今までにない講座でした。



これからいろいろなテーマで講座が開かれる予定です。

みなさんも興味あるテーマに
一度参加されてみてはいかがでしょうか?




それにしましても、
今までにない形態の事業です。


まだまだスタートしたばかりですが、
こういうおもしろそうなことには、
ワタクシ、
ヤジウマ的に全面的に応援させていただきます!




ひょっとしたら、
ワタクシ店長ホリエも講師とか言って
エラソーにしゃべることになるかもしれません。



そのときはみなさん、
サクラ動員よろしくです!!



ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ