降誕祭

メリークリスマスです。



臨済宗のわが家にも、

サンタさんは
プレゼントを持ってきてくれました!

ありがとうございます!

きのうの晩、
異教徒ながら
ツルヤのチキンとシャンメリーで
キリストさんの誕生日を
お祝いさせていただいたのが
効いたのでしょうか?


世の宗教者のみなさんが、
サンタさんほど寛大なら


世界はもう少し平和になると思うのですが・・・。


遮熱シート

松本市梓川倭(あずさがわやまと)のYさま邸。

s-PC220208.jpg

Yさま邸の屋根の下地に敷きつめた銀色のシート。

アルミ遮熱材のアストロフォイルです。


太陽の熱線を反射して
小屋裏への熱の侵入を防ぎます。


もちろんこの下には
断熱材のネオマフォームが敷きつめられています。


これで夏の暑さ対策も
ワンランクアップです!


あと気をつけなければいけないのは
窓。

夏の日射を室内に入れない対策が必要です。


まあ、今の季節に暑さ対策の話をしても、
ぜんぜんピンときませんが・・・。

年末年始

今年初の積雪でした。

3cmくらいですかね。

s-RIMG0953.jpg


打ち合わせのあと
お客さまのお宅へ年末のごあいさつにまわったりしました。

ふと気がつくと、
日の丸を掲げたお宅が・・・。


おお!
今日は天皇誕生日で祝日でしたか!


するとあしたは振り替え休日。


のクリスマスイブ。


だったわけですね・・・・。


ちなみに年末年始のお休みは
12月30日〜1月6日までです。


緊急のご連絡は
ワタクシ店長ホリエの携帯へどうぞ。

(こういうときに限って
 ボイラーが壊れたりするんです・・・)

はたして年末年始も
このブログを更新するのか?


Kさまが更新するようなら
しないわけにはいきません・・・・。

(なんか毎日更新されてるんですけど・・・
スゴスギ・・・)


配筋

雨の中、配筋工事です。

s-R0010549.jpg


夜更け過ぎに
雪へとかわるのでしょうか?


Yさま邸上棟

松本市梓川倭(あずさがわやまと)のYさま邸、
上棟でした。


s-RIMG0945.jpg


明日は冬至です。


4時半ですが、
月が出てきて
もう片付けです。

白熱灯から蛍光灯

温暖化対策の一環として
白熱電球の国内での製造・販売が
数年以内に中止となるそうです。


白熱電球“消えそう” 温暖化対策で「蛍光灯に転換を」



フランスでも2010年から
白熱灯の使用が禁止になるとか。


世の中変わってきました。

s-IM000061.jpg


「蛍光灯の青白い明るさは働くためのものであって、
 休むためなら白熱灯の黄色い光が一番である」


「私の設計する住宅には
 蛍光灯が一切付いていない。」


とか言って、


宮脇檀さんはじめ、
建築家のみなさんからは忌み嫌われていた
蛍光灯ですが、


地球温暖化の前では
どうやらそんなことも
言ってられなくなってきたようです。




いよいよいよいよ
地球温暖化対策が、


ワタクシたちひとりひとりの生活を
強制的に見直さねばならないところまで
来てしまっているようです。




とりあえず今、
となりの使ってないパソコンを消しましたけど・・・。



配筋検査

JIOの配筋検査でした。


s-RIMG0931.jpg

JIOの検査員さんは、この現場のご近所さんだそうで
自宅から歩いて検査に来てくださいました。


配筋検査の結果は
合格です!

よしよし・・・。

ちなみにワタクシどもの家づくりの
基礎工事を担当しているのが


関宮興業セキさんです。

s-RIMG0936.jpg

アバウトな性格のかたが多い
基礎屋さん業界で


ミリ単位の基礎を
ピッタリ仕上げてくれます


この人にまかしておけば
間違いねえ!


ということで
いろいろと無理もおねがいしますが


今後ともよろしくお願いいたします!!



それから今日は、
イザットハウス本部のカシワバラさんが
わざわざいらっしゃいました。


なんか新年早々
慣れない仕事をおおせつかって
気が重い・・・。



ま、なにはともあれ
遠くからご苦労さまでした。


おてやわらかにお願いします!



年末家事

休日。


もう12月も終盤になってしまいました。

s-R0010520.jpg

そんなわけで今日は、

年末の買い物とか、
年賀状作りとか、
大掃除とか、


やらなければいけないことは
いろいろあったわけですが、


ほとんど手付かず・・・。



レンガに目地

松本市和田のKさま邸。

外壁のレンガに、目地モルタルがモリモリつめられていきます。

s-RIMG0917.jpg


いい感じになってまいりました。

Sさま邸の住みごこち

10月にお引渡しした松本市岡田のSさま邸に、
2組のお客様をご案内しました。

sss-R0010512.jpg


Sさま邸は、
奥様が建材などにふくまれる化学物質にアレルギーがあるため、
健康に暮らせるようにと
使用する建材にたいへんこだわった住宅です。


同じようなシックハウスの悩みを
抱えていらっしゃるお客様や、

冬場の暖房の効きぐあいなどを
お知りになりたいお客様に、
実際のお住まいを体感していただき、

Sさまから直接、
イザットハウスの住み心地などを
説明していただきました。

そんななか、

シックハウスの悩みを抱えていらっしゃるお二人の
お話はワタクシにもたいへん勉強になりました。


建材の化学物質に敏感なかたは、
住宅展示場めぐりもとてもたいへんで、

展示場のニオイに気持ち悪くなってしまうと
翌日まで寝込んでしまうそうです。


それでも安心できる家を建てるためには、
いろいろな住宅を見て回らなければならないので、
決死の覚悟で展示場めぐりをされてきたとのこと。


家を建てる側の責任の重さを思い知らされます・・・。

で、そんなお客様にSさま邸での反応をお伺いすると、
大きな発見が!


Sさま邸のリビング。

Sさまにはもちろん何の問題もない、
自然素材たっぷりの安心リビングなわけですが、

そんなリビングで若干気分が悪くなるとのこと。

それ以外の部屋では何の問題もありませんでした。


原因を探ってみると
床材に塗られていた自然素材の塗料でした。


リビングもそれ以外の部屋も
どちらもリボス社製の自然塗料なのですが、

リビングの塗料だけは、
広葉樹におすすめの塗料だったのです。


ワタクシにとっては
どちらもほとんどかわりないニオイなのですが、

この塗料の違いで反応してしまうとのことでした。

やはりシックハウスは、
悩まれている方お一人お一人で、
その内容は違ってきます。


単純に、
「この塗料は自然素材だから・・・」
とか、
「この建材はF☆☆☆☆だから・・・」
と、安易に決定してしまってはキケンです。


きちんとサンプルを取り寄せて、
気分が悪くなったりしないか
確認することが大切だと実感しました。


そんなわけで
Sさまにはいろいろな質問に答えていただいた上に
強力に弊社をプッシュしていただき、

ケンちゃん、シーちゃんには、
小さいお子さんの面倒まで見ていただきました!


一家でご協力いただきまして
たいへんありがとうございました!!

ブログ投稿者
店長:堀江謙一
1971年8月24日生まれ
趣味:いろいろ登ること〜足場、岩壁、人生の階段〜
出身地:長野県松本市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ