« 保湿対策には | メイン | 新年あけましておめでとうございます »

イザットハウスの外断熱工法について

一般的な内断熱工法は、柱と柱の間に断熱材を入れるため、柱部などの断熱性が弱くなります。
また、断熱材と柱の間に必ず小さなすきまが生じるため、気密性・断熱性が低下します。

それに比べてイザットハウスの外断熱工法は躯体の外側で断熱材を連続施工しているため、
熱欠損を起こす箇所がなく壁内結露が発生しません。
また、気密・断熱の施工のバラツキが少なく確実な性能が発揮されます。

さらにイザットハウスは、高性能樹脂サッシを標準仕様にしています。

外壁でどんなに断熱性能を高めても。窓から家全体の約40%の熱が失われると言われています。
そこでイザットハウスでは、全ての窓枠に断熱性と耐久性に優れた樹脂サッシを採用しています。
この樹脂サッシは一般アルミサッシの約3倍の断熱性能(窓枠部分の樹脂の熱伝導率はアルミの
1/1000)があり、外気の影響を受けにくいため、冷暖房時に抜群の断熱効果を発揮します。
そればかりではなく、結露や凍結の防止、さらには遮音効果も高く、快適な居住性を支えます。


しかも、イザットハウスは、国の基準を上回る最高ランクの電熱性能を謳っています。

断熱性能はQ値(熱損失係数)のことで、家全体の断熱性能を表す数値のことです。
数値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。
イザットハウスはIBEC((財)省エネルギー機構)の定める次世代省エネルギー基準を
大幅に上回る性能の住宅を提供しています。
すべての住宅でQ値計算を行い、標準仕様でQ値1.96w/?・Kの断熱性能を有し、
nesta仕様ではQ値1.0W/?・Kも可能です。
家の断熱性能を表す「Q値」は、住宅の省エネルギー性能を示す重要な指標であると言えます。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt6/mt-tbx02.cgi/8480

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表取締役
出身地:滋賀県東近江市
生年月日:1965年10月8日
趣味:ツーリング・居酒屋巡り

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ