メイン

ソラシアのホームページが変わりました!!

皆様、こんにちはo(*^▽^*)o

大変ご好評いただいております、イザットハウスの

ゼロエネ住宅『ソラシア』ですが、

この度ホームページがリニューアルしました♪♪♪





☆☆☆  Solacia スペシャルサイト  はこちら ☆☆☆




従来のサイトよりも文字やイラストが見やすくなりました☆(≧∀≦*)ノ
資料等も充実していますので、
ぜひゼロエネ住宅について

興味を持っていただければ幸いです(〃´∀`〃)





__.JPG






それでは、また。

住まいの無料相談会開催中!!

皆様、こんにちは(〃´∀`〃)

この度、イザットハウス近江店にて、

☆☆☆住まいの無料相談会開催中o(*^▽^*)o☆☆☆

開催日は毎週土曜日!!


例えば。。。。。


◎イザットハウスを始め、お住まいに関すること

◎住宅ローン ・ 資金計画に関すること

◎現在のお住まいのリフォームに関すること

◎土地探しのご相談

◎その他の家づくりのお悩み ・ ご相談


どんなご相談でもお受けいたします!!

何を相談したらいいのかわからない!!そんな方もどうぞお越しください(〃´∀`〃)


さらに、説明会にご予約頂き、参加して下さった方全員に粗品プレゼント!!
(一家族様一個限り)


下記のフォームよりお気軽にお申し込みください(*´ω`)o。゚:.

(日・祝日をご希望の場合はお問合せフォームにご記入下さい。)


お申込みフォーム画面はコチラをクリック

★イベント以外のお問合せ等はコチラ  oumi@izzat.co.jp

★フリーダイヤル 0120-328-406  担当 青木まで





ご参加、心よりお待ちしております(*>ω<*)


めっきり春らしくなってきましたね☆


近所のしだれ桜です☆(≧∀≦*)ノ

しだれ桜.JPG


花粉症の方はお大事にしてくださいね。゚(゚´ω`゚)゚


それでは、また。


身の丈コストで『ゼロエネ住宅 』 ♡ソラシア♡

皆様、こんにちはo(*^▽^*)o

ついに9月に入り、まだまだ残暑が厳しいですが
皆様いかがお過ごしですか??

空に流れるうろこ雲を見ていると、
もうそろそろ秋の気配を感じますね☆。

さて本日は、イザットハウスから新発売された、
ゼロエネ住宅 【ソラシア】をご紹介したいと思います♡

ネットゼロエネルギー住宅とは?

一般住宅で換算した、冷暖房・換気・照明・給湯設備を対象とする
一次エネルギー消費量に対して、
断熱性能・設備性能の向上や太陽光発電などの
再生可能エネルギーの活用により、
一次エネルギー消費量がゼロとなる住宅を
ネットゼロエネルギー住宅といいます♪


★住むだけで節電!!しかも売電によって貯金もできる。
  本気で家計を助けます。


★建築費+ローン+35年分の光熱費で比べてください

35年の光熱費で比較すると、
その差なんと、1000万円以上o(*^▽^*)o

それだけ家計にもやさしく、
地球環境にもやさしい住宅、

それが 『ソラシア』 です。


是非ホームページに遊びに来てくださいね(*´ω`)o。゚:

     ↓ ↓ ↓
ソラシアホームページはこちら♪


それでは、また。

梅雨の季節

皆様、こんにちはー(●´ω`●)ゞ

あっと言う間に7月になりましたねぇ・・・
今年は梅雨が長くて、
ジメジメしていて体調も崩しがちになりますよね。


イザットハウスは梅雨の季節でも
湿度のコントロールができるので快適です!!


外断熱で、家全体の気密性能が高いと
外の水蒸気が入ってきにくく、
家全体の湿度が70%を超えると
床下除湿機が強制的に除湿してくれるので
部屋の中はいつも快適。


押し入れやクローゼットなど、
湿気の貯まりやすい部分の
カビ・ダニの繁殖等も抑えます。



さらに計画換気をプラスすれば
家の中の湿度も外に逃がしてくれるのです。


【毎日、30ℓたまる水蒸気】

家族4人で冬場ストーブを炊いた場合、
人の呼気や汗で一日30ℓ程度になることもあります。


水蒸気は少しの隙間でも通過して、温度の低い場所で結露するので、
他の部屋に比べて温度の低い押し入れ等はどうしてもジトジトしやすいんですね。
しかもお布団とかは湿気を思いっきり吸いますからね(-д-`*)


今の時期は、定期的に押し入れやクローゼットを解放して、
押入内に湿気がこもりっきりにならないようにしましょうね♪


それでは、また。

イザットハウスの外壁材について

大切な家を守る、一番の要になるものは何だと思いますか?

基礎、工法、メンテナンス、どれか一つ欠けても、安全で快適な暮らしは生まれません。
その大切な家を、守ってくれる要となるのが、外壁です。

外壁は、夏の照りつける太陽、冬の厳しい寒さや暴風など、
過酷な自然状況から大切な家を守ってくれる、
一番重要な役割を担っているのです。


イザットハウスは、その大切な外壁にこだわりを持っています。

一般的に外壁は、構造体とは別の胴縁とよばれる木材に留めつけられます。
しかし、木製胴縁は、湿気や腐食によって劣化する可能性を持っているため、
イザットハウスは、木製胴縁を使用することなく、外壁材を直接構造躯体に
ビスで留めつける工法を採用しています。

高耐久ダクロダイズドビスを、適正な本数使用することにより、
確かな安全性と耐久性を実現するのです。

☆本物のレンガ『イザットブリック』


イザットハウスは、外壁材として、一枚一枚1200℃以上の高温の窯で焼きあげた
本物のレンガ『イザットブリック』を採用しています。
レンガ調サイディングではありません!!
レンガの良さは、色あせることなく、年月を積み重ねるごとに独特の深い味わいの表情を見せてくれることです。
性能は衰えることなく、
家族の歴史とともに増していく趣と美しさ、そこにイザットハウスはこだわり続けます。


☆レンガの良さ、メンテナンスフリー

いくら耐久性に優れた住まいでも、外装材選びを間違えてしまうと、
数年おきに補修費用が必要になります。
新築時の初期費用だけで考えれば、ステンレス屋根やレンガ外壁は高いと
感じるかも知れませんが、長期にわたりメンテナンスフリーのため、
ライフサイクルコストで考えればかえって安上がりなんです。

イザットハウスの外断熱工法について

一般的な内断熱工法は、柱と柱の間に断熱材を入れるため、柱部などの断熱性が弱くなります。
また、断熱材と柱の間に必ず小さなすきまが生じるため、気密性・断熱性が低下します。

それに比べてイザットハウスの外断熱工法は躯体の外側で断熱材を連続施工しているため、
熱欠損を起こす箇所がなく壁内結露が発生しません。
また、気密・断熱の施工のバラツキが少なく確実な性能が発揮されます。

さらにイザットハウスは、高性能樹脂サッシを標準仕様にしています。

外壁でどんなに断熱性能を高めても。窓から家全体の約40%の熱が失われると言われています。
そこでイザットハウスでは、全ての窓枠に断熱性と耐久性に優れた樹脂サッシを採用しています。
この樹脂サッシは一般アルミサッシの約3倍の断熱性能(窓枠部分の樹脂の熱伝導率はアルミの
1/1000)があり、外気の影響を受けにくいため、冷暖房時に抜群の断熱効果を発揮します。
そればかりではなく、結露や凍結の防止、さらには遮音効果も高く、快適な居住性を支えます。


しかも、イザットハウスは、国の基準を上回る最高ランクの電熱性能を謳っています。

断熱性能はQ値(熱損失係数)のことで、家全体の断熱性能を表す数値のことです。
数値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。
イザットハウスはIBEC((財)省エネルギー機構)の定める次世代省エネルギー基準を
大幅に上回る性能の住宅を提供しています。
すべての住宅でQ値計算を行い、標準仕様でQ値1.96w/?・Kの断熱性能を有し、
nesta仕様ではQ値1.0W/?・Kも可能です。
家の断熱性能を表す「Q値」は、住宅の省エネルギー性能を示す重要な指標であると言えます。


イザットハウスのメリット 【室温編4】

さて、イザットハウスの換気性能は、室温編【3】で
おわかりいただけたかと思います(^○^)。

そこで今回は除湿のお話をしたいと思います。

それを知るにはまず結露するしくみをご説明します。

結露はなぜ起こるのか。

人の体の60%は水分で出来ていると言われています。
人は呼吸や、日常行動などで、たくさんの水分を空気中に放出しています。
そしてさらに、炊事、洗濯、暖房などで、家の中の水蒸気量は相当なものになります。
空気の中にも水分が存在しています。


天気予報でよく言われる湿度○○%と言う言葉が、
実はその温度の時、空気中に含まれている水分の割合です。

天気予報では、湿度○○%と言う表現を使いますが、
実際には、ある温度の空気中に含むことが出来る水分の量を100%とし、
それに対して水分が何%の量であるかを言っています。
それは、それぞれの温度によって空気中に含むことが出来る水分の量は異なっているからです。
高温になるほど多くの水分を含むことが出来、低温になるほど少ない水分しか含むことが出来ません。
冬場になると、空気が乾燥して火事が多発するのはそういうわけですね。

下の表は温度とその温度の空気が含むことが出来る水分の量を表した表です。


上の表から、室温18度の時の空気中に含むことが出来る水蒸気の量は
約16mmHgという単位ですが、室温が10度に下がると、
約10mmHgという量の水分の量しか含むことが出来ません。
室温が下がり、その部屋の水分の量に変化がなければ、余った約6mmHgの水分は
空気中に含むことが出来ず、水滴など目に見える形になって現れてきます。
これが、結露という現象です。
たとえば、冷凍庫でグラスを入れて冷やし、暖かい部屋に出してしばらくすると
表面にたくさんの水滴が現れます。
これは、グラス表面の温度が室温より低く、
その周辺の空気は当然0度近くになり、
含まれきれない水分がグラスの水滴となって現れる現象と同じです。

ですから、部屋の中の空気が暖かで、外の空気が冷たい場合、
部屋の中の密閉された中で発生した水蒸気が、
空気の低い窓際、壁際では露点を迎えて水に変わってしまうのです。

結露には2種類あります。

冷蔵庫から出した物の表面に水滴がつく。
朝起きると窓ガラスの表面にびっしり水滴がついている、
冬、締め切った部屋の中で鍋物やお湯を沸かすと窓などに水滴がつく。
これらは全てそのものの表面に発生する表面結露と呼ばれるものです。

そしてもう一つ、

押入の床や壁のクロスからかびが生え、あるいはじとじと湿気ている。
畳をめくると畳の裏面と床がべたべたしている。
これら床や壁によく現れる、建物内部から発生してくるもので、
内部結露と呼ぶものがあります。

そして、一番恐ろしいのが、その内部結露です。
一般的な断熱材として使用されるグラスウールは、
水分を含むと、一気に断熱性能が落ちてしまいます。
日中は日が射すので水分は飛びますが、一度低下した断熱性能が
戻ることはありません。
北側の壁など、日が当たりにくい場所は、
一年中湿気が乾燥することがないので、必然的にカビが生えてきます。
そうなると、カビ、ダニ、腐朽菌などが繁殖し、
深刻なアレルゲンとなるほか、住宅の寿命までも縮め、
住む人の健康をも害していることになるのです。


↓真っ黒になったグラスウール・・・
  これ全部カビです。


一般的な日本の住宅で内部結露が起きやすいのは、
断熱材が途切れる柱の部分や、
コンセントなどにより、
断熱材を入れられない部分あるため、
壁の中が冷やされてしまうからです。
室内と壁の中とで温度差が出来るのが結露の原因です。


高気密・高断熱の住宅は、
家全体を断熱材で包み込むので、部分的に低温になることがなく、
室内に冷たい外気が侵入しないため、
室内と壁内が同じ温度なので、結露が起きにくいのです。

さらにイザットハウスは床下通気口をなくし、
床下除湿機を設置することで、
床下の湿度が一定の値を超えたら、
稼働して強制除湿します。
床下の湿度が必然的に一番高くなるので、
床下の湿度を感知して除湿すると、
部屋の中が高湿度になることはありえない訳ですね。



家全体の気密性能が高いと、外の水蒸気が入ってこず、
家の中で計画換気を行い、床下で除湿するので、
家の中は一年中、人が暮らすのに快適な湿度を
保つことができます。

そして、結露が起こりにくいため、
カビやダニの温床が作られにくく、
人の健康とって安心な家となります。


イザットハウスのメリット 【室温編3】

魔法瓶の家でどうやって換気をするの?


イザットハウスは、フランス・アルデ社の排気型集中換気システムを
標準仕様としています。
フランス・アルデ社の、集中換気システムは、
性能、メンテナンス、衛生面から、
高気密・高断熱住宅に最も適しているんです(*^。^*)

この24時間集中換気システムで、絶えず新鮮な空気を
居室に循環させるため、家の中の空気はいつもきれいなんです。


高気密=空気がこもる


ではないんですね。


ハウスダストやほこりは、
外部に排出。
そして、フィルターを通した
綺麗な空気だけが、居室に循環する。
それができるのは、高い気密が確保されているからこそ
なのです。



イザットハウスの換気実験を見ても、
いかに部屋の空気がクリーンか、良くわかりますね。


喫煙されない方で、喫煙されるお客様をおもてなしした際にも、
お部屋のニオイを気にせずに済みそうです。


高気密なのはわかったけれど、
除湿は? 結露は大丈夫?


それは、次の【室温編4】でご説明します♪


それでは、また。


イザットハウスのメリット 【室温編2】

さて、魔法瓶のような家の効果はいかに?!

魔法瓶って、その名の通り、暖かいものは暖かいまま、冷たいものは冷たいまま、
長時間持ち運びが可能ですよね。

密閉・断熱されていることで温度変化が限りなく少なく、
同じ温度で保存ができる。

それを家の構造に当てはめると・・・・

こんなことになります。

まずは・・・


♪冷暖房上手


密閉されているので、冷暖房を効かすのに大変効率がよく、
消費電力が少なくて済みます。

さらに、冷暖房を停止しても、その効果が持続する、といった形で
体感することができます。

しかも、トイレとリビングなど、室内間の温度差を感じることが少ないので、
ヒートショックがありません。

高齢の方や、小さなお子様にも、やさしい住まいですね。


『でも密閉された家で・・・換気は大丈夫?』

と思いますよね。

答え : 大丈夫

なんです。


イザットハウスの優れた換気システムを
次回の、【室温編3】でご紹介します♪


イザットハウスのメリット 【室温編1】

皆様、こんにちは。
最近はつれづれ日記ばかりにかまけておりまして申し訳ございません(*_*)。

さて本日は、イザットハウスの室温のことについてお伝えしたいと思います。


イザットハウスの気密工法



このことから、イザットハウスは限りなく隙間の少ない家だということがわかります。


イザットハウスの断熱工法についてご説明します。

イザットハウスの外断熱工法は住宅用断熱材において、最高レベルの断熱性能です。


この二つが合わさることで、いわば住宅は「魔法瓶のような家」が出来上がる、というわけです。


その魔法瓶の家の効果はいかに?!


次回の【室温編2】でご説明します。


それではまた。

やっと

秋晴れの空が見れるようになりましたね!(^^)!。嬉しい限りです。


真っ青な空に、うろこ雲。すすきの草原・・・。
すすきといえば、昔、『星の瞳のシルエット』という少女漫画がありましたが・・・
(あっ、年代がバレる(*_*)?)
私は秋の空が大好きであります。
もうすぐ十五夜です。
運動会の季節でもありますね。
食べ物がおいしい季節です。
・・・と、平凡な日常の中にささやかな幸せを感じている今日この頃・・・。


さて、イザットハウスのホームページに
先日ブログにてご紹介したT様邸のお写真をアップしました(#^.^#)!!

ブログでは全てのお部屋をご紹介することが出来ませんでしたので、
とっても素敵なT様邸をぜひご覧くださいませ♪♪♪


イザットハウスの良さを、お写真だけでお伝えするのは大変難しいです。
なぜなら、構造に秘密がありますから。
とはいっても構造も、文章を読んでいるだけではわかりにくいですよね・・・。


ということで、私が少しずつ説明して参ります。


イザットハウスの一番の特徴は、

『外断熱』

『気密』

です。


。。。で?
という声が聞こえてきそうです。


実際、何がどう違うのか、といいますと、
従来の日本の家というのは、通気性の良さを重点的に考えられて建築されてきたわけです。
日本には折々の四季があり、湿度も高い。
その湿気から何十年も人々の暮らしを支える家を守るには、通気性の良いを作らなければならない。
・・・その結果、夏は涼しいが、冬は非常に厳しい寒さに耐えなければならない、そういう構造のわけでした。しかし、それでは暮らしにくいということで、中途半端に家を密閉的にした結果、換気不良による結露、カビ、ダニの発生、家の腐食、・・・そういった問題が出てきました。


冬のどこからともなく入ってくるすきま風、その寒さを一度も体験されていない方は
いらっしゃらないと思います。
暖房をいくら炊いても寒い!!(私の実家がそうです)
お風呂上がりの廊下が寒い!!(ヒートショックの危険性が高いですね)


それでも実際に家の換気が足りているわけではないので
見えない断熱材はカビだらけ。。。
梅雨の季節は、どことなくかび臭い・・・(押入れの中とかね)


てなことが多々あります。


イザットハウスは、高気密、高断熱で、一挙解決です!!


次回、高気密、高断熱によるメリット、【室温編】でご紹介します♪


それでは、また。

9月ですね

夏休みが終わり、9月がやってきましたね。

今年の夏は、比較的曇りの日が多く、前年に比べると暑さも若干マシではありましたが、
まだまだこの蒸し暑さは続きそうですね。。。

さて、国内のみならず、世界中を震撼させた東日本大震災から、もうすぐ半年が経とうとしています。
未だに荒々しい爪痕を残して、自然の恐ろしさ、私たちの無力さを教えています。

私たちはこれからどうしていくべきなのか−
これから何ができるのか−

多くの失われた命、そして犠牲になった人々の暮らしを決して忘れず、私たちはこれからも精一杯生きる義務があります。

滋賀県は比較的地盤が強靭と言われていますが、それでも災害と無縁とは言えません。
特に地震は、県内に大きな影響を与える4つの活断層が走っています。
東南海、南海地震(横溝型地震)があります。



上記の活断層のうち、?の鈴鹿西縁断層帯は長さ44キロメートルにわたる活断層です。
この活断層での今後30年以内の地震発生確率は1%未満ですが、発生するとマグニチュードは最大7.6程度の規模で、東近江市の中心部は震度6強以上と予測されています。
また、横溝型の地震では、東南海、南海地震が市内に大きな影響を与えるとされています。
今後30年以内の発生確率は60〜70%とされており、マグニチュード8、震度6弱程度と予測されています。

万が一のその時の準備は大丈夫でしょうか?

災害時は、支援が届くまでに時間がかかる場合もあります。
まずは自分のことは自分で守る、「自助」の備えをしましょう。
普段から、家族で避難場所の確認や非常時の連絡方法の取り方を話し合ったり、
家具などの固定、非常用持出品の準備などをしておくことが大切です。

下記のリストを参考に、家庭用非常用持ち出し袋を作っておくのもいいですね。


(一部 広報ひがしおうみ より抜粋させていただきました。)


次は、イザットハウスの耐震構造をご紹介します。

選べる構造 〜 プラスアルファの安心感 〜

クリックで全体が見られない場合は、右クリック→リンクを開く この方法でお試しください。

イザットハウスは今日も、皆様の幸せに貢献できる在り方を
真剣に考えています。

イザットハウス近江店ブログ始動しました!!

皆様、こんにちは♪

イザットハウス近江店、ブログ始動しました(^^)

これから様々な情報をお伝えして参りたいと思います♪

どうぞよろしくお願い致します。

ブログ投稿者
代表取締役
出身地:滋賀県東近江市
生年月日:1965年10月8日
趣味:ツーリング・居酒屋巡り

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ