メイン

近江八幡 左義長まつり!!

この3月15日(土)、16日(日)と、近江八幡市で左義長まつりが

盛大に行われました!!


詳しくはコチラ → 近江八幡観光物産協会 左義長まつり


若者たちも本気です^^

伝統を守っていって下さる姿には感動を覚えます。

332a.PNG

こちらは第一区さんの左義長です。

334b.PNG


左義長まつりでは、近江八幡市の住民が第1区から第11区までに分かれて、

合計13区の組となり(第4区が三組あります)、

左義長を担いで町中を練り歩きます。


朝の10時に花火が上がり、そこから14時ごろまで、

色鮮やかな左義長が「チョウヤレ チョウヤレ」という掛け声と共に

住民の手によって運ばれます。


ちなみにこのような見事な飾り物(ダシ)は、

それぞれの区で半年以上かけ、住民の手によって作られます。

ダシには五穀や海産物等、すべて自然物が使用されます。


335c.PNG


【組み合わせ】(ケンカと呼ばれる左義長同士のぶつけ合い)の様子。

とても迫力があります。

336d.PNG


恒例のダシコンクールの様子。

(私はコンクール開始前に私用で帰ってしまったので

ここからは一部滋賀ガイドさんよりお写真をお借りします(人ω<`;))



ここで全11区のダシの優勝・準優勝が決められます。

どのダシも素敵で優劣付け難い・・・

sagi1.jpg


2014年の優勝は、為心町(第4区)さん。

【大正九年御馬揃】 天下統一に躍動する信長の心意気を表現されたとのこと。

とても迫力がありますね。

sagi2.png


準優勝は新町通り(第6区)さん。

【井伊の赤鬼】勢いの象徴とされる馬に景気の回復を願い、

前進への祈念を込められたそうです。

sagi3.jpg


三位は仲屋町(第4区)さん。

【湖国豊穣】への祈願を込められたとか。

sagi4.jpg


入賞の有無にかかわらず、 並んでいたダシはどれも素晴らしいものばかりです。

住民の方の、お祭りへの意気込みと、

地域への愛情がひしひしと伝わってきますね^^。


342e.PNG

346f.PNG


最後に、左義長に火を放って、左義長祭りはクライマックスを迎えます。


左義長まつりの約一週間前、 各町内で、【赤紙付け】という作業が行われ、

最後に子供たちの願いを書いた短冊をつけて 左義長は仕上げられます。

その赤紙が燃えると同時に、願いも神様に届くのかもしれません。


sagi6.jpg

sagi7.jpg

長い時間をかけて作られた左義長が一瞬にして炎と共に燃えていきます。


形あるものの姿が消えても、

この日の祈りや願いは八幡宮の神様にきっと届き、

そして感動や興奮は人の心に刻まれて、

いつまでも忘れられることはないでしょう。


もうすっかり春めいてきましたね。

皆様、花粉症には気を付けて

日々をお過ごしください。


それでは、また。

京都にて・・・

先日、友人と京都で舞妓さん体験をしてきました。

ちょっとバカ殿みたいではありますが(笑)

とっても楽しかったです!!



スタジオ撮影の様子↓

43930005.jpg

こちらはスタジオ撮影後の自由撮影時間♪
憧れのぽっくりも履かせてもらえました。



011a.JPG




初めての舞妓さん体験ということで、不安でいっぱいだったのですが、


とても親切にしていただき、メイクや着付けも丁寧にしていただいて大満足です!!



後ろ姿です。帯はこんな感じになってるんですね。


023a.JPG


首筋とかのメイクはすごいです。
ハケみたいなので一瞬で塗ってくださいます。
私は自分の髪を一部使う半かつらにしたのでより自然な髪になりました♪


026a.JPG


お友達は若いので可愛いのですが、

私の年齢で舞妓もどうよ?とは思ったのですが、

どうしても一度体験してみたかったので^^;

40代や50代のお客様もとても多いようですし、

是非、一度体験したいなぁ〜と思われたら、

京都に来られた折にはぜひ体験してみてくださいね♪

こうやって普段と違う自分になりきる機会というのは

限られていると思いますので・・・。

日本の伝統として、長きにおいて守られている化粧の方法や、

着物の着付けの方法を

体験できるのは、とても嬉しいことです。


その後は二年坂あたりを散策して、

清水寺に行って帰ってきました♪


清水の舞台ということもあって、やっぱり迫力ありますね〜。


ここから飛び降りるつもりの決心とは、よくいったものです。



039.JPG

035a.JPG

034a.JPG


ちなみに、この清水の舞台、明治5年に京都府が舞台飛び降り禁止令を出すまで、
飛び落ち件数は計235件、計234人(同一女性が二回実行)だそうです。
(記録の残っている元禄7年から明治5年までの171年間の内、148年分の記録による)
そしてなんと生存率は85.4%!
この清水舞台からの飛び落ちは、単なる自殺志願ではなく、
命を懸けて観音様に祈願し、願いが叶えられれば存命するという
清水観音信仰によるものだったと言われています。
当時は土もやわらかく、木も多かったそうですから、
骨折くらいで済んだのでしょうか・・・。
私は怖くてできませんがw


あちらこちらで修復工事が成されていましたが、

日本の伝統建築に触れていられる場というのは

とても厳かな雰囲気に包まれていて感動します。




後、何と言っても観光客が多いので、写真撮影に困らない!
複数人数の方には『撮りましょうか〜』と声をかけると、
おのずと自分たちも撮影してもらえますので、
いい写真がたくさん撮れました♡
結局、景色だけだとほとんど見ないので・・・(;▽;)


また桜の季節に京都を歩きたいです。


もうすぐ春ですね。


それでは、また。





大雪、そしてソチオリンピック♪

皆様、こんにちは(〃´∀`〃)


先週は凄い雪でしたね〜、大丈夫だったでしょうか?!

我々の地域はもともと雪が多いので慣れていますが、

関東地方の方は本当に大変だったと思います・・・

お疲れ様でした(;▽;)

この写真は2月14日の写真ですが・・・

setugen.JPG

かなりのホワイトバレンタインとなりましたね^^;


話は変わりまして・・・

ソチ冬季オリンピックが熱いです!!

感動もらいっぱなしです(T^T)


まずは何と言っても、羽生結弦選手のSP史上最高得点と、金メダル!!

hanyuu.jpg

本当におめでとうございます☆(≧∀≦*)ノ

SPの演技は本当に素晴らしかったです・・・

美しくてしなやかな演技、こちらまで魅了されていくようでした。

惜しくも、腰の故障の悪化で、SP直前で引退となってしまったプルシェンコ選手が

羽生選手に対して発した、

『私は彼のヒーローだったかもしれないが、

今は彼が私のヒーローとなっている』

この言葉に泣けました・・・。

熾烈な戦い、母国のプレッシャー、数々の故障、想像もできないような

過酷な練習・競技を乗り越えてきた彼だからこそ、

言える言葉なのだろうと思いました。

羽生選手自身、FPの自分の演技には満足していなかったようなので、

(私からすると、あのプレッシャーの中あれだけ滑れるだけで感動ものですが)

また次のオリンピックを目指して、羽ばたいてほしいです(///∇//)



次はなんといっても、スキージャンプ個人ラージヒルで銀メダルを獲得した、

カミカゼカサイ、葛西紀明選手!!

kasai.jpg

不撓不屈、そして一意専心の言葉通り、

見事なカミソリサッツで世界の頂点に立って下さいましたね(T_T)

20代後半または30代前半で引退する選手がほとんどのスキージャンプ、

レジェンドと称される実力を持ちながら、数々の悲運や不遇に見舞われ

41歳の現在まで、6度のオリンピックの出場するも、

個人では一度もメダルを手にすることなく、

それでも諦めず、今回最高の形で銀メダルを獲得したその姿・・・その笑顔・・・。

その姿に励まされた方は多いのではないでしょうか。

天国のお母様、病床の妹様も、どれだけ喜んでおられることでしょう。

金メダルを獲得したカミル・ストッフ選手のジャンプも素晴らしかったですね。

しかし、その金メダル以上に彼の銀メダルは輝いていたように思います。

彼のすごさはそれだけでは終わりません!

『金メダルを取って本当に『レジェンド』と呼ばれたいと思っていたんですけど、

また金メダルという目標が出来たので、諦めずに金メダルを目指して頑張りたいと思います。』

メダル獲得したその直後に、次は金を目指すと!!

お見それいたしました・・・。

彼ならきっと出来ると思います!!このままどこまでも

神風吹かして羽ばたいてもらいたいですね^^。

生きるレジェンドのみならず、ぜひとも神話となっていただきたいです(///∇//)



その他、スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した、

平野歩夢選手、そして銅メダルを獲得した平岡卓選手。

hirano.jpg


若い二人の笑顔が胸に焼きつきましたね〜!!

私はスノボの技は全く分かりませんが、

平野選手が最後に決めたダブルコーク1080という技は

素人目に見てもすごかったです☆(≧∀≦*)ノ

どうやったらあんなのが飛べるんだろう・・・(汗)

平岡選手も綺麗な滑りをされていましたね(〃´∀`〃)

若い世代の方が日本を代表して、無限大の可能性を秘めて

世界に羽ばたいていく姿を見られるのは、

本当に嬉しいことです。

これからも怪我には十分気を付けて頑張ってほしいですね。



最後に、個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部暁斗選手!!

watabe.jpg

私、リアルタイムで見ていたのですが、エリック・フレンツェル選手との競り合いが

あまりにもすごくて、手に汗をかいてしまいました!

いや〜、途中で渡部選手金行くか?!と思いましたがフエンツェル選手、

強かったですね!!

それでも最後までフエンツェルを追ったその姿は勇者そのものでした。

萩原コーチが号泣されていたのも、とても印象的でしたね。

心情、お察しします・・・(T_T)♡

闘い方に独自の美学を持っておられる渡部選手、

『破れても悔いはない、今度こそ金メダルを取って、真ん中に立ちたい。』

と話す姿に、選手の精神力というのはどれだけのものなのだろう、

と深く考えさせられました。

私などには想像すらできませんが、

オリンピック選手を支える、たくさんの人の愛情と、期待。

それが時には大きな重圧となって、

自分の人生でありながら、自分の人生ではない、

そんな風に感じる瞬間もたくさんあると思います。

繰り返し繰り返し、覚悟と葛藤と努力を繰り返して、

今の姿に成長されているんだろうと思うと胸が熱くなります。

どの選手の方々も、メダルを取ったことに決して甘んじず、

もうすでに次の目標に向かって決意している姿がとても印象的でした。

本当に、夢と希望をありがとう!!

これからは女子の戦いも楽しみですね〜♡



それにしても・・・

今回のソチオリンピックの代表選手、美男美女多くないですか・・・?


上記にあげた選手陣もそうですが、

ネットで大騒ぎとなっているロシアのカーリング女子代表選手なんて・・・

rosia.jpg


モデルですか?!って感じですよね・・・

グラビア撮影の写真も出回っていますが、美しい筋肉、美しい曲線・・・

見ていてうっとりです・・・。

本当の才色兼備とはこういうことを言うのでしょうね^^。


ロシアといえば、女子フィギュアのリプニツカヤ選手も可愛いですね〜♪

26bc09f2-s.jpg

色白の肌、華奢なのに力強いキャンドルスピン、

ブルーグレーの瞳、プラチナブロンドの髪、

まさに氷上の妖精!!

見ていて開いた口が塞がらないというのはこういうことなんだと実感・・・。

やっぱり北欧人は男女問わず美しいです!!

日本人も負けていませんけどね☆



いや〜、選手村はさぞかし大変なことになっているでしょうねw

ちょっとうらやましい気もしますが・・・w



最後はオッサンが書いたみたいなブログになりましたが^^;、

皆様、まだまだ寒い日が続きそうですので、

お体には十分お気を付け下さいね。



それではまた。

新商品説明会に行ってきました

皆様、こんにちは。


先週のお話ですが、大阪の門真市で開催されておりました

新商品発表会に行ってきました。

新しいキッチンが紹介されていました☆

kitchen.JPG とても素敵でした♪

こちらはパナソニックの独自技術で開発された建材ですが・・・

VERITIS(ベリティス)といいます。

006.JPG
これが実にすばらしかったです!!

木そのものを着色させることで、。

本来の木が持つ木目や色が生き生きと表現されていました。


思わず何分も見とれてしまいました(笑)。


いずれにしても、企業の【商品を良くしよう、いいものを作り上げよう】

といった信念はものすごいものだと感じます。

多くの人のニーズをとらえ、そして考案し、いかに人が暮らしやすく、

そしていかに使っていて幸せな気分になるか、ということだけを考えて、

日々研究されているのですからね・・・



企業も、人の集まりですから、

たった一人の心、そして想いからすべてがはじまっているのだと感じました。



見渡すと、私たちの周囲は本当に優れたものに囲まれているし、

スーパーやホームセンターなどに行っても、とても優秀な商品が

しのぎを削るように売られています。

なのでつい、一つ一つの商品が、

どこかの企業の、そして人の、心血を注がれて作られているものであることを

忘れてしまいがちです。

自己満足な商品を創るだけなら、いくらでも出来るでしょう。

けれど、多くの日本人が持ち合わせている、『おもてなし』の精神が、

どの商品にも溢れているように思えてなりません。

商品を手に取った人、使った人の笑顔まで見越して、

その先の人生までを見通して、

商品開発というものは成されているように思えてならないからです。



人は、自分がしたことで、相手に喜んでもらえることがとても嬉しい生きもので、

それが全ての原動力になっているのだな、

そんなことを思いました。



こういうことを感じさせてもらえる機会というのは

とてもありがたいものです。



家を建てる時に選ぶ設備は、本当にたくさんの種類があります。

キッチン、トイレ、バス等はもちろん、天井、壁のクロス、カーテン、インターフォンなどなど・・・

どれも生活に必要なものであるばかりでなく、

そこにお住まいになる方々の日常を彩るのに

大きな役割を果たしているものです。



様々なメーカーから素晴らしい商品がたくさん出ていますので、

是非、ご自身が一番気に入る、最高の一品を見つけて下さいね。

精一杯アドバイスさせていただきます!!



それでは、また。


11月になりました

皆様、こんにちは(〃´∀`〃)

今日から11月ですね〜♪
食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋・・・
何をするにも気持ちのいい、素敵な季節です^^。

今年の10月は台風の当たり年で、
さわやかな秋晴れ・・・という日が本当に少なかったですね(;▽;)

11月には澄み切った青空を見たいものです。


寒くなってきたので、
先日我が家でトマト鍋をしました。


トマト鍋.JPG

シャウエッセンのCMを見て食べたくなった私です(笑)。
最後にご飯を入れて、とろけるチーズを乗せて、
リゾット風にして頂きました。
とってもおいしかったです。

お鍋と言えば、寄せ鍋、ちゃんこ鍋、キムチ鍋、豆乳鍋と
いろんな種類がありますが、
皆様はどのお鍋がお好きですか?

寒い季節は、家族みんなであったまれる
お鍋が嬉しいですね。

お鍋をすると湿度が上がり、部屋の温度が高くなります。
窓の外側と内側の温度差に、これからはどんどん開きが出ますので、
結露やカビにはお気を付け下さいね。

それでは、また。



中秋の名月

皆様、こんにちは(*^▽^*)


9月も今日が最後となりました。
今年の夏は記録的な猛暑の後に、激しい台風が来て、
その後一気に涼しくなり、
今の時期は本当に過ごしやすい毎日が続いていますね。


お子様や学生さんはいよいよ明日から衣替えでしょうか?
夏服から冬服に変わる瞬間って、何故かワクワクしますよね♪
制服ってどうしても夏服よりも冬服の方がおしゃれというか
可愛いので、私は衣替えの前日はとても嬉しかったのを覚えています。
(もう大過去のお話ですが・・・ 汗)


さて、今更ではございますが、
去る9月19日は、中秋の名月でしたね。
とても綺麗な満月で、見とれてしまいました。
来年からの7年間は、少し欠けた月で中秋を迎えることとなり、
次の満月の中秋は8年後だそうです。


中秋の名月を愛でる風習は、中国から伝来したようです。
平安時代に貴族の間に取り入れられて、やがて、武士、町民と広がりました。
月の満ち欠けによって月日を知り、農業を行っていた日本人は、
十五夜は収穫の感謝の意味もあったようです。




ここで、月を詠んだ故人の歌を少しご紹介します。



天の海に 雲の波たち月の舟 星の林にこぎ隠る見ゆ/柿本人麻呂 
 
【万葉集 7巻の1068】  


原文 『天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見』。


人麻呂の真骨頂とも言える、抒情的で斬新な歌だと思います。
見ている月の美しさがありありと伝わってきます。
月の舟、星の林、といった表現は当時の中国の影響を受けていると言われており、
和歌に異国のセンスを盛り込むところが、万葉の第一歌人としての才能なのでしょうね。




わたつみの 豊旗雲に 入日さし こよひの月夜 さやけくありこそ
/中大兄王子(のちの天智天皇)
 
【万葉集 巻1の15】


原文 『渡津海乃 豊旗雲尓 伊理比紗之 今夜乃月夜 清明己曽』。


海原に浮かんだ豊かに旗のごとく靡なびく雲に入日が射し
今宵の月夜が亮さやかならんことを。
つまり、大海原に大きくはためく雲に、燃えるような入り日の射すのを見た今夜は、
月も澄み切って明るく照り輝いてほしい、という意味の歌です。


海は現在における瀬戸内海を指します。
豊旗雲(とよはたぐも):神秘的に豊かな美しさのある、旗・吹き流しのようにたなびく雲。層積雲。
わたつみ:海の霊。転じて、海・海原の意味。
さやけし(さやか):くっきりとして、清澄なこと。「爽やか」は別語。


斉明天皇の七年(661)、中大兄皇子は斉明天皇をたて、
新羅に侵攻された百済救援のために、朝鮮半島の新羅に遠征するために西へ向かいます。
途中、播磨の国・印南野を過ぎたあたりで、詠んだとされています。
一説では額田王が天皇になり替って作ったとも推定されています。
万葉集の最高傑作とされていますが、結句「さやけくありこそ」の
訓み方に十数説あり、いまだに定まっていないようです。
(実際、天皇が新羅に到着した時には、もう新羅は滅んでいたとか・・・
昔は移動手段が少ないので大変ですね・・・)

私は万葉集が小学校の頃から好きで、特に天智天皇の歌が好きです。
昔の人は、自分の心情の描写を文字に乗せることにとても貪欲で、
表現力が素晴らしいですね。
海と天をテーマにした壮大な歌に心惹かれます。




満月.JPG



皆様、来月も宜しくお願いします。


それでは、また。

end of summer

先日、散歩した時に撮影した写真です。

空.JPG


稲2.JPG


青い稲穂の頭が垂れて・・・

夕陽と宵が重なり合う、短すぎる瞬間が好きです。


こういう色の夕陽を見ると、

夏ももう終わりだな・・・と感じます。


明け方に見る夢のように

余韻を残して終わっていくこの季節が好きです。


話は変わって・・・

最近、また妙なものをコレクトしはじめました(;^_^A


牛乳瓶.JPG


牛乳瓶です。

地元のスーパーで一目惚れ〜♪

中には水を含んで大きくなるキラキラを入れました(o^-')b

牛乳瓶ってなんだかノスタルジックで好きです。


近江八幡には、今でも瓶牛乳を取り扱っている個人店が多くて・・・

一軒一軒回ろうかな?!なんて考えたりしています\(*´▽`*)/

(でも私は牛乳苦手人間なので処理に困りますね・・・)



まだまだ残暑厳しいですが。。。

皆様、体調にはくれぐれもお気を付け下さいね♡


それでは、また。





遅咲きの紫陽花☆

2013.7.21 (2).JPG

昨日、選挙会場に行く途中で見つけました♡


ピンクのあじさいは愛らしくて大好きです♪


今年は、青のあじさいが多かった気がしますね・・・
まぁ、もともと日本の土壌は酸性に傾いているので当然なのですが、
だからこそ、ピンクのあじさいを見ると
思わず嬉しくなってしまいます(*>ω<*)
偶然の産物なのでしょうかね♪


昔、あじさいにハマっていた頃、毎年ピンクにするために
土にいろいろ撒いていたことを思い出しましたw
(それでも何年かに一度は青でしたが・・・
青は青で綺麗ですよね)


それはさておき、予想通り自民党が議席を大幅に増やしましたね!!
そういう私も、迷わず自民党に入れましたが♪
選挙会場って、緊張しませんか??ヾ(;´▽`A``
数人のおじ様方、おば様方の視線を背後に感じて、
紙に名前を書くのってどうも恥ずかしいんですよね(笑)
皆様は仕事でされているだけなので、何も思ってらっしゃらないとは思うのですが、
いつももう少しマシな恰好で来れば良かった、と後悔してしまいますw
(だったらもっと気を遣えよ、とは思うのですが、
家から徒歩1分のところが会場なので・・・ついつい毎回家着で行ってしまう↓)


ワタミの渡邊美樹さんが当選したのには正直ビックリしました・・・w( ▼o▼ )w
優れた?実業家が優れた政治家になれるかどうかは
かなり???な部分もありますが・・・(汗)
渡邊さんの資質に期待して、投票した方も多かった、ということでしょうね。
アメリカのデトロイトも経営破たんを迎えて、
私自身、本を読んだり、ニュースを見たりして、
日々の動向には注意を払っているつもりではありますが、
マスコミや新聞に出ていないことも数多くあるだろうし、
自分にはまだまだ知らないことだらけだなぁ〜〜と、深く考えさせられる日常であります。


ちなみに私の知人で経営者がいるのですが、
『想定外は、地球に隕石が落ちたときくらいのこと。他は、どんな出来事が起きても
困らないように、常に何百通りのパターンを想定している。』と言っています。


それでも、想定外、というのは起こる、とも言っていました。


というか、私も想定外のことしか起こらん!!
と、最近は特に思います(;~〓~)
この前、スタバでお茶していたら、
隣に座っていた学生風の女の子4人が、
『円安ってもっとこれから先、何十年も続くと思ってたよね〜。
まさかこんな風に、あっさり円高になるなんて想像もしてなかったよ。』
と話していまして・・・。
本当にその通りだなぁ・・・と。
こういった想定を出来る方は、やはり経済に明るいというか、
いろんなことを勉強されている方なんだろうなぁ・・・と
尊敬します。


これからの国勢動向は、想定外がたくさん起こるだろうし、
さすがに私の頭では何百種類までは無理ですが、
いろんな想定外のパターンを考えて、
自分の身の振り方を考えていかないといけないなぁと思っています!!
想定外が起こるからこそ人生楽しいのでしょうしね♪


2013.7.21.JPG




夏の夕暮れ・・・


空の模様は、神秘です♪




それでは、また。


北海道に行ってきました〜?

皆様、こんにちは♡


一昨日の日記、読んでくださった方ありがとうございます(〃´∀`〃)


引き続き、北海道の日記を書いていきますので
良かったらご覧くださいませー♪


登別地獄谷に行ってきましたよ(*´ω`)o。゚:.








これもミステリーで読んで、ずっと行きたかったのです♡
北海道はミステリーの宝庫ですね(*/∇\*)


その後は小樽に行きましたd(≧▽≦*)






海のほとりの街・・・素敵ですね(v´∀`)




日本最古の鉄道跡地です♪



スタンド・バイ・ミーみたいでいいなぁ♡(古い・・・??)



日本銀行小樽支店です。
何か小樽の町並みがすごく綺麗で、
歩いていてワクワクしました ( ̄ε ̄〃)





中は金融資料館になっています♪




一億円の重さ体験とかありました☆ヽ(▽⌒)






宝くじ・・・あたらないかなぁ・・・♡→ܫ←♡

その後、海鮮丼を食べて、





(ものすごくおいしかったです♪)

デザートに、LeTAO(ルタオ)本店でスイーツを食べましたぁ( ̄∇+ ̄)v





ルタオって、ただ単に小樽(オタル)をさかさまに読んだだけかと思ってたんですけど、
ルタオ本店の建物を表すフランス語だったんですねぇ〜・・・。


「La Tour Amitie Otaru」の頭文字を取ってLeTAO・・・。


「小樽の親愛なる塔」という意味だそうです(☆Д☆)
知らなかった・・・・(・・。)ゞ



帰りの飛行機では雲海に見とれてました。




久しぶりの空の旅で、
少し怖くもありましたが、
とっても楽しい旅行となりました(〃´∀`〃)


旅行って、その時の幸福感とか、感情とか、
心に刻み込まれて、ずっと色褪せない・・・。


本当は写真なんて、あってもなくても
いいもの、それくらいのものなのかもしれません。


旅の楽しさを教えてくれた友人には感謝です。

読んでくださった皆様、
お付き合い頂きましてありがとうございました(人´ω`)



それでは、また。


北海道に行ってきました〜?

皆様、こんにちは(〃´∀`〃)

先日私は、北海道旅行に行ってきました〜♪

その写真をアップしまーす☆(≧∀≦*)ノ


バスの中からみたふきのとうです☆
こんなにたくさん咲いているのは初めて見ましたo(*^▽^*)o~♪
かわいいですね(*'-'*)エヘヘ




続いては洞爺湖が見渡せるサイロ展望台へ〜



私の顔はバレてるんですけどね・・・
お友達がモザイクかかってるのに
私だけ顔出すのも恥ずかしいのですみませんm(*- -*)m


洞爺湖はずっと行きたかったのです。(とあるミステリー作品の影響)
絶景に感動しました!!

続いては熊牧場です(●^(エ)^●)


御影石のくまちゃんがカワイイのなんのって・・・(///∇//)


実際のくまさんはコチラ。

皆さん、手をあげたり、寝転がったりなどの芸をして
エサのリンゴやクッキーをねだるんですよぉ♪
上手にお口でキャッチしてくれましたd(。ゝ(ェ)・)♡


続いては昭和新山です。
昭和18年からの2年間、活発に活動した火山により出来た
溶岩ドームです。


なぜにこんなヘンテコな体制になったのやら・・・
未だ不明です 笑


夕飯の後は、函館山から夜景を楽しみました(* ̄▽ ̄*)



私はこの夜景を見るのが、今回の旅行の目的だったので、
とても嬉しかったです(*/∇\*)
海の暗い部分と、明かりの部分がなんとも幻想的で、
都会の街ほどきらびやかでなく、美しい灯を見ているようでした♪
綺麗だったー!!!(人´ω`*).☆.。.:*・゜


その後は旧教会街を散策しました。

夜の教会は、違った世界に迷い込んだような気持ちにさせてくれます♪


続いては?日目へ突入♪


函館ベイエリア散策でーす♡




赤煉瓦倉庫素敵でした。(マニアなのでたまりませんでした)
函館港のクルージングもしましたよ♪



楽しかったです☆


バスの中からの駒ヶ岳山麓・・・
鉄道と重なって綺麗です(*/∇\*)



鉄道とのコントラストが美しくて、思わずパチリ。


大沼国定公園です☆


美しすぎる・・・



↑冬場はこの沼一帯が凍結して、
真っ白の銀世界が広がるんだとか!!
山麓のふもとまでモービルで行けるそうです!!
一度、厳冬の北海道も訪れてみたいです。


宿に向かうバスの中ではじゃがバター・・・(^¬^*)

おいしかった〜(*^^*)



長くなってきたので、続きはまた明日アップします♪\(^▽^)/


それでは、また♪





春爛漫♡

皆様、こんにちは(〃´∀`〃)




日ごとにあったかくなってきましたねー♪

そういう私は本日誕生日を迎えました♡

まぁ、誕生日が嬉しい年齢は遥か昔に過ぎてはいるんですけどね・・・(汗)

それでも、新たな節目ということで、

いろんな抱負を立てて、気持ち新たに頑張ろうという気持ちになっています(*/∇\*)





人生、一生青春&冒険ですよねー☆

心身ともに元気でいられるように頑張ります!!




友人からこんなプレゼントをもらいました・・・♡


私はアロマの勉強もしているのですが、

ダントツでラベンダーとローズの香りが好きなんですよね!!

さすが付き合いが長いだけあって

私のことを良くわかってくれてます・・・

(素肌美人・・・無理かも・・・いやいや、『いつなるか?』 『今でしょう!!』 笑)




丁度、彼女の誕生日(過ぎてしまってたのですが)でもあったので、

私もお祝いさせてもらいました。

喜んでもらえて本当に嬉しかったですo(*^▽^*)o


友達は財産ですね☆(≧∀≦*)ノ感謝です!!






ちなみに。。。

初めて行ったお店でのディナーは

最高でした♡





巷ではおいしいと評判のお店だったのですけど、

本っっっ当においしかったです(///ω///)


お店の方がまたものすごく親切で、とってもいい方だったんです(*´ -`)


皆様、滋賀県にお越しの際には

是非お立ち寄りくださいねー♪



カフェ frere+(フレールプラス)


それでは、また。




桜♡

 
皆様、こんにちはo(*^▽^*)o


昨日までは雨が降り続いていましたが、
今日はとてもいいお天気です♪


皆様、お花見されましたか?
私は毎日忙しく、桜を見に行っている余裕が全くございません(-д-`*)


そんな時・・・

地元の友人が、
こんな写真を送ってきてくれました♡



きれいですね〜♪


詳しい場所はわからないのですが、
結構有名なお花見スポットみたいです。


今週末は雨のようなので、
今日明日くらいに、見にいきたいものですね(*>ω<*)


話は変わって・・・
昨晩、何故かどこぞの桜の写真を必死で撮りまくっている
夢を見ました。


お花見に行けてない自分が
実は嫌だったりするのですかねw
潜在意識は良くわからないです。。。


ちなみに、桜の花言葉は『心の美』だとか。。。


うーん、自分の心に桜を延々と咲かしていたいものです(///ω///)


それでは、また。

゚・*:.。..。.:*・゚ 弥生月゚・*:.。..。.:*・゚

みなさん、こんにちは(〃´∀`〃)

あっと言う間に3月ですね!!
この調子ではお盆もあっという間だなぁ・・・orz
滋賀県では、まだ今日も雪がちらほらして寒いです(ノ△・。)

でも・・・
これから少しずつ暖かくなっていくのかと思うと、
とても嬉しいですねっ。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚


先日、カニ好きな私は
福井県に行ってまいりましたー♡



敦賀きらめき温泉 リラ・ポートさんです♪


カニ懐石で、なんとカニが食べ放題でしたヽ(○´3`)ノ



ゆっくり温泉で温まった後は、市内観光へ(*/∇\*)

氣比神宮です。

日本三大鳥居のひとつ・・・と知ったのはまさに今・・・
なぜ写真を撮らなかったのだろう・・・後悔(泣)



食べ物に、交通安全に、長寿に、恋愛に・・・いろんなことの守り神様のようですね。
ありがとうございました!!


続いては、冬の海です。





私は、海は夏の海より冬の海の方が好きです。
静かで、冷たくて、排他的で、優しくて、
眺めていると、なんだか泣きそうになります。


続いては、氣比の松原。

こちらは国指定の勝景だそうで、何とも松はこんなに大きくなるもんなんだと
驚きました(*>ω<*)


続いては、赤レンガ倉庫♪
廃墟マニアにはたまらない建造物です♡



そして赤レンガ倉庫のすぐ前には港が・・・


海猿〜(〃´∀`〃)

(見えにくいですが、海上保安庁と書いてあります)


最後に、港からの海景色・・・


こういう、もの悲しい荒れる前の海も好きです。
日帰りではありましたが、充実した一日となりました。


この日は激寒で、この後雪が降ってきました。

もうすぐ近江八幡では左義長祭りが行われます。
それが過ぎるころには雪も少なくなると言われています。

春の訪れが待ち遠しいですね。

皆様、お身体と花粉症には
お気を付け下さいね(^○^)


それでは、また。

昨年一年お世話になりました&今年も宜しくお願いします♪

皆様、こんにちは(〃´∀`〃)☆


新年、明けましておめでとうございます♡


イザットハウス近江店は、
昨年一年、皆様のおかげで、
実り多き一年を過ごすことができました


今年は少しエンジンをかけ直して、
営業活動も意識的に増やしていきたいと思います。
強い気持ちをもって、頑張っていきたいと思います。


皆さまをはじめ、たくさんの方々との出会いに感謝しています。

弊社は本日1月7日(月)から通常営業させて頂きますので、
宜しくお願い致します。


昨年は大変お世話になりましてありがとうございました。
皆様のご愛顧に心より御礼申し上げます。
皆様の2013年が、素晴らしき一年になりますよう、お祈り申し上げます。


本年も引き続き、宜しくお願い申し上げます。











社員一同


(年末、ご挨拶の記事を公開にしていたつもりが、下書きのままになっており、
 こんな新年の挨拶になってしまいましたことを、心よりお詫び申し上げますm(。≧Д≦。)m!!)

秋の風景

先日、ツーリングに行ってきました。





行先は、奈良県の曽爾高原です。







自然の織りなす美しさは偉大ですね。

11月も今日で終わりです。

何と、来月で今年も終わり!!

時間の速さに驚きを隠せません。

来月も宜しくお願いします。


青木でした

香嵐渓☆

皆さん、こんにちはo(*^▽^*)o

すっかり秋深まり。。。
寒い日々が続いておりますねぇ(///∇//)
いかがおすごしですか?

先日、愛知県豊田市足助町の香嵐渓に
行ってきました♪

バスツアーだったのですが、
もう渋滞で・・・

旅行の売りは、お昼間の紅葉と、
ライトアップした紅葉を見れるというのが売りだったのですが、
到着したのはなんと夕方!!


ライトアップってなんて幻想的なんでしょう(///∇//)

香嵐渓には約4000本の紅葉の木があるそうで、
こんなに壮大な紅葉は生まれて初めて見ました♪

知人に話したら、『よくこんな時期に行ったね』
・・・と言われ・・・(-д-`*)
確かにすごい人で、
たくさんの露店や、陣中太鼓、とにかくお祭りそのもので、
とても楽しかったです♡

自然の生み出す美しさ・・・というのは、
本当に素晴らしいものですね(///∇//)

本当に短い、今だけの儚い輝きを
心にいつも覚えておきたいです(*>ω<*)

来年はどんな景色を見せてくれるのかな(///∇//)

皆様、風邪などひかれませんように、
ご自愛くださいませ。

それでは、また。

11月になりました☆

皆様、 こんにちはo(≧ω≦)o

11月に入って、急に寒くなりましたねぇ〜o(;>△<)o

先日、奈良に遊びに行きましたが
(とはいっても私の実家が奈良なので帰っただけですが)

もう既に紅葉していましたよ☆(≧∀≦*)ノ

__.jpg

この日は秋晴れのとても気持ちのいい日でした(*´∀`*).+゚


鹿ちゃん(* ´艸`)

___1.jpg


この日は正倉院展に行ったのですが


___2.jpg


土曜日というのもあって、まぁ、信じられないような人でした・・・Σ(ω |||)


私、奈良で生まれ育って、こんなに混んでる奈良なんて
見たことなかったです・・・笑

時代は変わりましたねσ(≧ε≦o)


年々、春秋といった過しやすい季節が短くなっていきますが、

秋を感じられて幸せでした(人´∀`).☆.。.:*・゚


わが家は、もうコタツを出して、冬支度q(´・ω・`)p


皆様、身体に気をつけて、

暖かい日常をお過ごしくださいね(●>ω<)ノ゙

10月!!そしてハロウィンのこと♪

ハロウィンは元々、ヨーロッパを起源とする「民族行事」です。
キリスト教 諸聖人の日の前夜祭り(All Hallows eve)が訛って
ハロウィン(Halloween)と呼ばれるようになったそうです。

10月31日が1年の終わり(=日本でいう大晦日)とされるこの日は
亡くなった人の魂がこの世に帰ってくる日。

しかしそれと同時に「魔物」がやってくる、ともされていて
魔物に魂をとられないように 人間が魔物の格好をして
これを防ぐのだそうです。


それにしてもなぜ、かぼちゃ? なのでしょうか。
実はハロウィンにはこんな意味がありました。


黄色いかぼちゃをくり抜いてオバケの顔に仕上げられ
中にろうそくの火を灯す、お馴染みの「アレ」は
ジャック・オ・ランタン(Jack-o’-Lantern)と呼ばれるもの。


その昔、ジャックというケチで乱暴者で人をだましてばかりの男がいた。
10月31日のその日もジャックは酒場で飲んだくれていたところ、
地獄からやってきた悪魔が、ジャックの魂をとろうとした。

ジャックは魂を取られないために、
悪魔を騙して辛い目に合わせ「魂をとらない」と約束させた。
そんな彼も年を取り、息を引き取るが 日頃の行いから 天国には行けず、
地獄の門を叩いた所、そこには その悪魔が待ち構えていた。
「約束通り、お前の魂は取れない。だから地獄にも入れない。」
そう言い放たれたジャックの魂は行き場を見失い、
あの世とこの世の狭間をさまようことに。
暗い暗いその道中を照らすために与えられた火をジャックは
「カブ」の中に入れてちょうちんを作ったのだった。

こういった言い伝えから、カブのちょうちんは亡くなった方の
魂のシンボルとなったそう。
いつしかそれがアメリカへと伝わりましたが、アメリカでは
カブは一般的ではなかったようで、身近で大量に採れて
、中身をくり抜いてちょうちんにしやすいかぼちゃ が
一般的になったのだと言われています。


ちなみに、この黄色いかぼちゃは甘みが少なく
食感も緑色のかぼちゃ には劣るために、
沢山採れるアメリカでもあまり
口には入らないのだそうです。


近江店でもかぼちゃ、置いてみました・・・


陶器のかぼちゃだけど、
結構カワイイ♡


なんだか、『かぼちゃ』っていう言葉の響きって
すごく可愛くないですか?(*´ω`)o。゚:.

日本語って素敵ですね♪


今月も宜しくお願いします(///∇//)

それでは、また。


参考記事  ハロウィンはいつ?意外としらないかぼちゃの意味や習慣


建部大社 船幸祭

皆様、こんにちは♪


先日、滋賀県大津市の三大祭りの一つである

建部大社の船幸祭 にいってきました(*>ω<*)

個人的には一番好きな花火大会だったりします(///∇//)



瀬田川を、大神輿(みこし)をのせた船が

江州音頭の浪曲とともに、

船団を従えて瀬田川を往復し、

船団が瀬田浜へと帰ってくるころ、

それを迎えるように花火が打ち上げられるのです。



江州音頭が大好きな私です

滋賀に惚れたのはこの曲を聴いたからでもあります(#⌒∇⌒#)

歌詞は地域によって少し違うみたいです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ええ、みなさま頼みます
これからよいやせ〜と声掛け頼みます

(略)


あ〜心に一物手土産を
弟子こに持たせて佐の山の
九尺二軒の裏店に
訪れいたわる数々の
言葉の末に佐の山よ
力士稼業と言うものは
三十過ぎて幕内に
のぼれぬ様では見込がないぞ

おぬしも此処で此の稼業
水入りにして土俵を降りて
旧気で暮らすが上策じゃ
ソレ ヨイト ヨイヤマカ ドッコイサノセ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


音頭取りさんが歌う江州音頭のメロディーの中、

キラキラ輝く船たちが、

ゆっくりと川を下ります。


空に打ち上げられる花火が水に映って、

それはそれは美しいのです。。。

↑船が打ち上げ花火をあげながら

ゆっくりと進んでいきます。

火事ではありませんよw


小さくて見えませんが、

こども神輿の船団もあるのです。


打ち上げ数はそれほど多くはないのですが、

変わり玉が多くて、

色合いが美しいのが特徴です(*>ω<*)


クライマックスで豪雨になり、

動画は取れませんでしたが、

例年通り、胸が熱くなるエンディングでした。




というか、開始前からずっと暗雲がたちこめ、

空には稲光が走っていたのに、

よくぞ最後までもってくれたという感じです!!




きっと雷様も、

花火に魅せられていたのかもしれませんね(///ω///)


素敵な夏の最後を飾ってくれました(= '艸')


まだまだ残暑厳しいですが、

皆様、お体にはお気を付け下さいね♪


それでは、また。



2012 びわこ大花火大会

先日の8月8日、大津港周辺で、
びわこ大花火大会が開催されました(*>ω<*)

いつもは人ごみの中、
えっちらおっちらと
岸辺ぎりぎりまで行くのですが、
びわこ大花火は、何百メートルも離れた左右から上がるため、
(どっちかに集中する形となってしまう)
近すぎると迫力はあるけど、
美しく見えないことがようやく数回目にしてわかり・・・(T_T)


今回は、少し離れた高台から見ることにしました(v´∀`)ハ(´∀`v)



やっぱり何度見ても感動しますー♡

去年で終わりと言われていた長浜花火も、今年は新団体が立ち上がって
経費を削減して開催されたようですし(当日まで知らず行けなかった(泣))、
短い夏を心に刻む証として、
是非ずっと続けて行っていただきたいものです(*´ -`)(´- `*)

ちなみに、花火が上がると、
「た〜まやぁ」と言いますよね。

その理由、ご存知ですか?

それでは、花火のルーツを織り混ぜて
「たまや〜」「かぎや〜」の豆知識をご紹介します。


花火の発祥はなんと紀元前3世紀!!

中国の火薬の発明が戦の武器となり、やがて通信手段のノロシが
夜にも用いられるようになって
火薬を煌かせる技術が、花火へと発展しました。


■慶長18年(1613年)8月6日

徳川家康が日本で初めて花火を観賞。
日本では種子島の鉄砲に使われた火薬が花火へと発展しました。
家康が見たのは竹筒に火薬を詰めて火を噴くだけのものでしたが、
三河地方に残る「手筒花火」はこの名残だといわれています。
その後花火は急速に発展し、江戸で開花します。

■享保18年(1733年)5月28日

両国の大川(現在の隅田川)にて川開き花火大会(隅田川花火大会の原型)開催。
そこで活躍したのが日本橋横山町の花火師、鍵屋六代目弥兵衛です。    

もともと「鍵屋」は葦(アシ)の管に火薬を詰めて星が飛び出す花火を開発し、
商才もあって花火市場をほぼ独占していました。
しかし、花火が火事の原因になるため町中では花火禁止令が出され、
隅田川の花火だけが許されます。
当時は納涼船を出して「鍵屋」に花火を上げさせるのが、
豪商たちの贅沢の象徴だったのです。

■文化5年(1808年)
……「鍵屋」番頭の静七が暖簾分けをし、
両国吉川町で玉屋市兵衛を名乗る。
やがて川の上流を「玉屋」、下流を「鍵屋」が担当し、
二大花火師の競演となるわけですね 。
これを応援するための掛け声が「たまや〜」「かぎや〜」だったのです。


しかし。。。。。。。


■天保14年(1843年)
「玉屋」の出火で大火事となり、玉屋市兵衛さんは
江戸から追放され、廃業の運びとなりました・・・。


つまり、「鍵屋」から暖簾分けした「玉屋」が存在したのは
なんとたった35年間!!
しかし、昔も今も花火の掛け声といえば「玉屋」のほうが断然多い!


「鍵屋」の弟子で後発の「玉屋」。
しかも火事を起こして追放されてしまった「玉屋」。
しかし、現役のころから「たまや〜」の掛け声のほうが多く、
その後も掛け声の代名詞として現在に至るのはなぜでしょう?


ひとつは花火の技術が勝っていたこと。

もうひとつは、語呂が良いので掛け声を掛けやすかったこと。

そして、江戸っ子気質がそうさせたこと。

こんな狂歌があります。




『橋の上 玉屋玉屋の声ばかり なぜに鍵屋と いわぬ情なし』



これは、実力があったのに、
たった一代で花火のように消えた「玉屋」への愛情を示したもの。
「情」に「錠」をかけており、


「鍵屋の声がねぇのもしかたあるめぇ。錠がねぇんで口が開かねぇ」


という詠み手の洒落を含んでいます。

一代にして儚く消えた玉屋さんは、
一瞬にして輝き、一瞬にして消えていく、
花火そのもののような人生だったわけですね・・・。


ちなみに「鍵屋」はその後も様々な花火を開発して、
日本の花火界をリードし、
なんと現在は女性当主が鍵屋15代目として活躍中です!!。


音にこだわり、日本古来の花火である“和火”復活に力を注ぐなど
花火の魅力を高めていますので、
ぜひ「かぎや〜」と掛け声をかけてあげてくださいねo(*^▽^*)o。


皆様、短い夏を楽しんでくださいね。
それでは、また。


参考文献

名古屋ボストン美術館

先日、名古屋にて、
名古屋ボストン美術館で現在開催中の、
日本美術の至宝を見に行ってきましたー♡


私が敬愛する、長谷川等伯さんや狩野派の方々、
曽我蕭白さんの世界初のコレクションなど・・・

これは見ない訳には行きませんよー!!

法華堂根本曼荼羅図 (ほっけどうこんぽんまんだらず)※公式ホームページより引用


普賢延命菩薩像 [ふげんえんめいぼさつぞう]※公式ホームページより引用

金山寺図扇面 [きんざんじずせんめん] ※公式ホームページより引用
伝狩野元信筆


曽我蕭白 【雲龍図】


長谷川等伯 【龍虎図屏風】


あまりの素晴らしさに言葉を失いました(///ω///)
日本画のもつ壮大さと、迫力に、感動が押し迫ってくるものがありました♪







ちなみにこの日のランチは・・・

フレンチでしたー♡

前菜

にんじんとトマトの冷製スープ

お魚料理

お肉料理

デザート

上品で繊細なフレンチ大好きです(*>ω<*)

芸術ですよねー(///ω///)


朝から芸術づくしな一日でした♪


夏も本格的になって参りましたが、
熱中症等には気を付けて、
いい一日をお過ごしくださいね(●´ω`●)ゞ


それでは、また。

京都水族館♡

皆様、こんにちは♡

先日、京都水族館にいってきましたよ〜(*/∇\*)


もちろん、お目当ては
天然記念物のオオサンショウウオちゃん♪


可愛いお顔が大好きですo(*^▽^*)o

順路にそって進んでいくと・・・

オットセイちゃんが♡



ペンギンちゃんがいました。



かわいい〜♡


続いては熱帯魚です☆
ラッセンの世界ですね〜♪







くらげコーナー(*>ω<*)

海月っていう漢字も素敵ですよね♪
青い光の中でゆらゆら揺れている姿に癒されます(///ω///)
(毒は怖いですが・・・)


他にもたくさんのくらげちゃんがいました☆。


最後はいるかちゃんです(///ω///)


残念ながらイルカショーは時間が合わず見れなかったのですが・・・
イルカちゃんとの距離が近くて、
すっごくかわいかったです(v´∀`)ハ(´∀`v)







仲良しさんですねo(*^▽^*)o







おみやげコーナーには
オオサンショウウオちゃんのグッズがたくさんありました♡





超カワイイ・・・(///∇//)
買えばよかった・・・(泣)

こんな海のコーナーもありまして、

伊勢海老がおいしそう♡


もちろんお昼ご飯は、



海老フライ♡





。。。。。。。残酷(-"-)?!



海遊館のような広さや派手さはありませんでしたが、
とっても見やすくて癒されました(///ω///)


皆様、京都にお越しの際には、
ぜひお立ち寄りくださいねo(*^▽^*)o


それでは、また。

軍艦島

先日、長崎旅行に行ってきました。


実は私、廃墟マニアでございまして、


長い間念願だった、軍艦島に上陸して参りました(*/∇\*)





一番軍艦に見えるアングルからの撮影♡



正式名称は「端島」というのですが、
海底鉱山の島で、岸壁が島全体を囲い、
高層鉄筋アパートが立ち並ぶその外観が、
軍艦「土佐」に似ていることから、
「軍艦島」と呼ばれるようになりました。




ちょっとここで基礎知識を・・・




端島では、1810年ごろに石炭が発見され、
佐賀藩が小規模な採炭を行っていましたが、
1890年三菱合資会社の経営となり、
本格的海底炭鉱として操業が開始されました。
当初は草木のない水成岩の瀬にすぎなかったこの小さな島は、
6回に渡って埋め立てる形で現在の島の形状となりました。
いわば、採炭のための人工の島ですね。


出炭量が増加するにつれ、人口も増加し、
狭い島で多くの人が生活するため、
1916年には、日本初の鉄筋コンクリート造の高層集合住宅が建設され、
最盛期には約5300人もの人々が済み、
当時の東京都の9倍もの人口密度にまで達しました。


電化製品(その当時、三種の神器と呼ばれた白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機)
の普及率はなんと100%だったそうです。
豊かな島だったのですね。





しかし、エネルギー革命により、
エネルギーの需要が石炭から石油に移ったことで、
出炭量も人口も徐々に減少し、1974年1月に閉山した後は、
同年4月に無人島となりました。


海底炭鉱である端島での発掘作業は、海面下1000m以上の地点まで及び、
勾配はきつく、気温30℃、湿度95%という悪条件のもと、
ガス爆発など常に危険と隣り合わせの過酷な仕事でした。
鉱内で交わされる「ご安全に」という挨拶には、
「絶対に事故を起こさない」という気持ちが込められていたようです。








端島では、学校、病院、商店のほか、
映画館やパチンコホールなど娯楽施設もそろっていましたが、
木々を育てる場所がなかったため、
PTAなどが協力してアパートの屋上に土を運び、
花や野菜を育てました。
これが日本初の屋上菜園だったと言われています。





飲料水も、最初は海水を蒸留して作っていたようですが、
のちに給水船で運ばれるようになりました。
しかし、お風呂の水は海水を沸かしたもので、
上がり湯だけしか真水を利用できませんでした。









写真ではイマイチ臨場感が伝わらないのですが、
ものすごい迫力、感動でしたo(*^▽^*)o
滅びゆくものの尊厳、美しさ、気高さと言ったら
とても言葉では伝えきれません♪




ちょっと細かい部分をご紹介します(*´ω`)o。゚:.









↑右側は、日本最古の7階建鉄筋コンクリート造高層アパート30号棟です。
1960年(大正5年)に建築されました。


左側の白い建物は31号棟。こちらも鉄筋コンクリート造です。


両方とも、当時の鉱員社宅として建設され、
内庭には吹き抜けの廊下と階段があり、
地下には売店もありました。
31号棟鉱員社宅には、地階に一般用の共同住宅があり、
1階には郵便局や理髪店も設置されていました。







続きまして・・・





↑高級職員用のアパートだった、3号棟です。


ものすごい高台にあって、島全体を見下ろすことができる位置に
建っています。
昔からお偉いさんは高いところが好きですねぇ・・・(笑)


ちなみに、この3号棟以外のアパートには室内風呂が設置されず、
公衆浴場が利用されていたようです。




続きまして、こちらは端島神社。








真ん中の小さいのが、お社です。
危険と隣り合わせの鉱員たちにとって、神社は心のよりどころであり、
毎年4月3日の山上祭は全島を挙げて盛大に行われました。







続いては、端島小中学校。







左の白い建物が、端島小中学校です。
右の黒い建物は鉱員社宅の65号棟で、屋上には幼稚園がありました。


1階から4階までが小学校、
5階と7階が中学校、
6階には講堂、図書館、音楽室、
7階には理科室などの特別教室がありました。
1970年(昭和45年)には、体育館や給食設備なども新設され、
給食を運ぶ島で唯一のエレベーターも作られました。







続いては、端島病院、隔離病棟です。







右側の白い建物が結核や天然痘などの患者さんのための隔離病棟、
左側が、端島病院です。


厳しい労働条件のもと、「もぐら」と呼ばれた鉱員さんたちは、
石炭を掘り起こしている現場とカーテン一枚隔てた場所で
昼食をとっていました。
そのため、じん肺症にかかることも多く、
そういった鉱員さん達が運ばれたのが、「端島病院」です。


島には緑が少なかったことから、
病院くらいは安らぎのある緑色にしようということで
緑色に塗装されたそうです。
今は殆ど緑色の塗装も剥げ落ちていますが、
良く見るとところどころ緑色が残っています。




続いては、木造住宅の23号棟です。







崩壊しているのがそれです。
木造の建物は見る影もありませんね・・・。




そしてその少し隣の、集合住宅。







一番左の建物が、鉱員合宿の啓明寮、
真ん中が鉱員社宅の61号棟で、
地階に共同浴場がありました。


右側が同じく鉱員社宅の60号棟で、
切れていますが一番右は59号棟です。
この2棟には、地下購買会といって、
日用品が買える購買が備えられていました。




最後に・・・


この軍艦島で、唯一現役として活躍しているのが、
この右端の灯台です。









夜になったらこの島は完全に真っ暗。
しかも周囲を護岸に囲まれているため、
船にその存在を知らせる唯一の手段が灯台というわけです。
灯台の隣の紺碧の壁は、閉ざされてしまった炭坑への入り口です。




繁栄全盛期の頃の写真を見ていると、
台風などの災害に幾度も見舞われながらも、
明るくたくましく、力強く生きる人々の姿が伝わってきます。
いわば独立国家のようなものですから、
島民の、端島に対する愛着も、計り知れないものだったでしょう。


しかし、時代の流れは残酷で・・・。
「いつか、またここに帰ってこれる日のために」
と、きちんと家に鍵をかけて、荷物もそのままに、
多くの島民は、この島を去って行ったようです。


その心を思うと、泣けてきます・・・((o(;△;)o))


しかし、光があれば影もある・・・
この島で働く人全員が、希望してこの職についていたかどうか・・・
それはダークなお話になりますので、
気になる方はぜひグーグルでお探しください(笑)


廃墟には、人の人生の流れが、たくさんつまっているんですよね・・・。
私は廃墟がまだ廃墟でなかったころの幻影を、
自分の頭で作り上げて、廃墟に投影して、
いろんな想いを巡らすのが大好きです♡


この島にいって、日本の歴史について、
改めて深く考えさせられました。




おまけ。。。





グラバー園にて♡


はい、どーでもいいですね・・・。゚(゚´ω`゚)゚
お目汚し失礼しました(笑)




話は戻って、


人が住まう・・・
人が暮らす場所というのは、
その人の人生そのものになるのだな、と改めて思った次第です。


住宅業界に携わる者として、
新たに心を入れ替えようと思いました。


長い記事になりましたが、
読んでくださった方、
最後までお付き合いいただきまして
ありがとうございました♡


それでは、また。





※当時の軍艦島の写真は、長崎文化観光様の
軍艦島上陸パンフレットより引用しています。
著作権侵害の意図は一切ございません。

れんげ畑♡

みなさん、こんにちはo(*^▽^*)o



最近、あまり見なくなったれんげ畑ですが、
久しぶりにこんなにたくさんのれんげ草を見ました♡

もっと近くで撮影できれば良かったんですけど、
信号待ちの時に車の中から撮ったので
こんなんでごめんなさい((o(;△;)o))


今日もいい一日でありますように♡

先日

社員とお得意様で

バーベキューパーティーをしました。



あいにくの雨だったのですが、

お得意様がテントを持ってきて下さったので、

とても楽しい時間を過ごすことができました♡



いつもお得意様とは、

なかなかコミュニケーションをとれなかったりするのですが、

こういう機会を通じて、

いろんな方といろんなお話をすることができて、

本当にありがたい機会だったと思っています。



話は変わって、

ツツジの美しい季節になりましたね。



近所でも美しく咲き誇っています。

不安定な天候が続きますが、

お体にはお気を付け下さいね。


それでは、また。


春がやってきました

皆様、こんにちは♪

滋賀県にも、春がやってまいりました♡

満開♡

桜の花言葉は、種類によっても違うみたいですが、
ソメイヨシノには「高貴、清純、精神愛・優れた美人」
しだれ桜には「優美」、
そして国花でもあるヤマザクラには「純潔・高尚・淡白・美麗」という花言葉があるそうです。
書物によっても違うみたいですけれど、


あなたに微笑む


という花言葉もあるようで・・・

私はこの花言葉がお気に入りです。

この一瞬に花開き、
まばゆいほどに心に残像を残して、
そして儚く散っていく
桜の息吹は、
私たちに勇気を与えてくれますね。

雨が降ってしまう前に・・・

お花見、楽しんでくださいね。

それでは、また。

もうすぐ春・・・

皆様、こんにちは(*^。^*)

もうすぐ3月も終わりですよ〜。


ということで、
イザットハウス近江店も、
春支度・・・♡


長かった冬が終わり、
ようやく気候もあたたかくなってきましたね♡


先日、大阪に行ってきました♪



世界の大温泉、スパワールドです(#^.^#)


いろんなお風呂があって、
楽しめました。


大阪の街・・・


夕暮れの黄昏時、好きです。


明日は天気が荒れ模様とのことですので、
皆様、寒の戻りにはお気を付け下さいね♪


なばなの里

みなさん、こんにちは!

今日から3月ですね。
まだまだ三寒四温で寒い日が続きますが、
もう来月は桜の季節だと思うと、
気分がワクワクします(#^.^#)

先日、なばなの里に行ってきました♪


滋賀県から三重県までの県境にトンネルが開通しましたので、
とても行きやすくなりました(*^。^*)


お昼ご飯は、お雛ちらしです(// ▽ //)

ライトアップまで時間があったので、
館内の温泉に入ったり、お花を見たりして
過ごしました♪

さて、いよいよライトアップです♪

今年のテーマは、

『冬華の競演』

光のトンネルを通ると。。。


『日本の四季』

今年は、イルミネーションが虹色に光る、『希望の虹』が新しく登場したそうです。
キレイでした。

続いて、春。

桜もきちんと散るんですよ〜(カメラの性能が悪くて全く写りません(泣))

続いて初夏です。

緑がきれいです。

花火が上がりました。

暑かった夏も過ぎて・・・
いよいよ秋です。


紅葉のじゅうたんが一面にしきつめられています♪

そして、今の季節。
銀幕の世界です。

私個人的には、この冬のイルミネーションが一番感動しました(#^.^#)。

帰りは、『宝石箱』というトンネルを通って戻ります。

これがむちゃくちゃきれいでした〜
青い光は癒されます♪

平日にも関わらず、人、人、人・・・でした・・・(汗)
夕食をとったレストランも満席でした。
土日はどうなっているんでしょうか(笑)

節電が大きく謳われている現在、
これだけの規模のイルミネーションを行うということは、
勇気のいる決断だと思います。

このイルミネーションを見ていると、復興への祈りが深く伝わってきました。
心に希望の灯が灯ったのは、きっと私だけではないはずです。

どうか、多くの人々の心に灯った灯が
これからもずっと、消えませんように。
悲しみに満ちた心を、そっと優しく
照らしてくれますように。

素晴らしい景色を、本当にありがとう。


春になって、チューリップがきれいな頃に
もう一度来たいなって思います。

皆様の3月が、
素敵な一ヶ月でありますように(#^.^#)

それでは、また。


初詣!!

先日、健康診断をしてきました。

胃のX線検査で、人生初のバリウムを飲んできました。。。

正直、当分飲みたくないなって感じです。

健康診断の帰りに、近江神宮に初詣に行ってきました。

御祭神は天智天皇(てんじてんのう)で、またの御名は

天命開別大神(あめみことひらかすわけのおおかみ)と崇められています。

天智天皇といえば、私が一番初めに覚えた百人一首です(笑)

日時計。

漏刻です。

三層に別れた枡より漏れ落ちる水の量により時間を計るわが国最初の時計。

近江朝より平安朝末期まで全国の国府・鎮守府などに置かれ時間を知らせたそうです。

近江神宮のこの鮮やかな色が大好きな私です。

本殿では祈願文を書いてお祈りしてきました。

今年も、皆様にとって良い一年となりますように。

教林坊

教林坊 のライトアップに行ってきました(≡^∇^≡)


教林坊は、聖徳太子が開基したといわれるお寺です。
農地改革によって、有力な資金源を断たれた後、
このお寺は廃寺の一途を辿っていました。。。


通称、「お化け寺」だったそうです。
そこに、現住職が24歳の時、このお寺の復興を決意!!
莫大な金額の借金を背負い、
足らない分は、塩をまかれながらも、地域住民に一軒一軒お願いにあがり、
自分で雨漏りの屋根を直し、
腐った柱を修復し、
様々な人の協力を得て、14年・・・


こんな美しいお寺に生まれ変わりました♪







竹林もきれいです。


まだ青い紅葉と、蔵。

今年は紅葉がゆっくりなので、
もう少し楽しめそうです。

それでは、また。

余呉湖に

行ってきました♪

水上勉の小説『湖(うみ)の琴』 と、
井上靖の小説『星と祭』を読んで以来、

『余呉湖に行きたい!!』

と思い続けていた私であります。


『湖の琴』は、大正時代、養蚕奉公に来ている少女と少年の悲恋の物語で、
最後は二人で余呉湖に沈んで、純愛を貫く物語です。


『星と祭』は、琵琶湖で水難事故にあった娘と息子をもつ
それぞれの父親が、それぞれの形で悲しみと向き合っていく物語です。
(ネタバレすみません・・・)
どちらも素晴らしい作品で、私は号泣。。。


余呉湖は、

賤ヶ岳の戦いの舞台でもあります。


柴田勝家との戦いに勝利した羽柴秀吉は

信長の作り上げた権力と体制の継承者となったんですね〜。


過ごしやすい時期なので、

たくさんのハイカーカップル、夫婦、

わんちゃんとデートしている人、

写真を撮っている人たちがいました♪


湖の琴では、とにかく静かで暗く、

寂しい湖と描かれていたので、

そのイメージだったのですが、

人も多かったため、以外とカジュアルな湖でした。


しかし琵琶湖程の広さがないためか、

静かで、派手さがなく、

琵琶湖とはまた違った

何とも奥ゆかしい、魅力的な湖でした。

一番深そうなところです。

湖の琴の宇吉は、

冷たくなったさくの身体を抱いて、

この場所に沈んでいったのでしょうか。。。



今日は曇りの中、

時々日が射して幻想的な風景でした。


湖の琴でググっていると、こ〜んな記事が!!

http://yururinp.exblog.jp/15341611/


そうです、こんな感じです、私のイメージは!!

もう一度、極寒の季節に来ないといけませんね(^○^)


おまけ。。。。


この日の昼食♪


それでは、また。

コスモスの咲く季節に・・・

君は去った。


っていう歌ご存知ですか?


Mr.chirdren の 『花言葉』 という歌なのですが


『君がくれた 僕に足りなかったものを
集めて 並べて 忘れぬように願う
僕のすべて 君に知って欲しかったのに
コスモスの咲く季節に 君は去った』


この季節の変わり目に、
私たちに美しさを見せてくれるコスモスの色と
この曲は、何ともシンクロしていて、

この花の美しさに魅せられている人々は皆、
どんな思いで、この花を見つめているんだろう??

と思います。


青空の下のコスモスを撮影してきました。
先日とは異なるアングルです(#^.^#)





ほぼ満開ですが、つぼみもたくさんあるので、
もうしばらく楽しめそうです♪

朝晩がすっかり寒くなりましたので、
お体にはお気をつけ下さいませ。。。

それでは、また。


コスモスが咲き始めました♪

10月16日(日)、近江八幡市野田町でコスモス祭が開かれます(#^.^#)

一足お先にお邪魔してきました♪

ちょっと曇りで空の色が悪いのですが(*_*)

また今度いい写真が撮れたらアップしようと思います。

新幹線も通りましたよ♪

コスモスの花言葉は

「乙女の真心」「乙女の愛情」


ピンク→「少女の純潔」
赤→「調和」
白→「美麗」「純潔」「優美」

だそうです。

私のことでしょうか♪

(嘘です。。。すみません。。。)

彼岸花の美しい

季節になりました。


暑さ寒さも彼岸過ぎまで、と言いますが、
その通りに急に涼しくなりましたね(#^.^#)



私はこの赤い彼岸花が大好きです。


この花を見ていると、
向こう側の岸にいった人達に、
出会える気がするのです。
もちろん、姿は見えないけれど・・・
普段何気なく、そばで笑い、共に生き、励ましてくれているその存在を、
ずっと近くに感じられるのです。


花言葉は

「情熱」 「悲しい思い出」 「独立」 「再会」 「あきらめ」

だそうですが・・・

何ともチグハグな感じがしますね(笑)


個人的には、「再会」と覚えておこうと思います。


これからは、暑さと涼しさを交互に感じる日常になるかと思います。
皆様どうぞご自愛下さいませ。

秋の景色

先日、大津まで研修に行ってまいりました。

ワンコインエコパスを利用して、近江鉄道で行きました。

7年ぶりのガチャコンです(#^.^#)

国道沿いに、八日市駅から近江八幡駅までの景色を楽しみました♪


新八日市駅です。

整理券の発券機。レトロでいいですね( ^)o(^ )

太郎坊宮さんから少し過ぎたところ?です。

平田駅

帰りは八日市駅のそばにある、おしゃれな雑貨屋さんで

耐熱計量カップを買って帰りました♪

普段は何気なく通り過ぎている風景なのに・・・

ある日突然、自分にとって意味のあるものを発見できたり・・・

近くで暮らしていながら、

まったく知らないことがあったり。

そして、それを初めて知れたことが、とっても嬉しかったり・・・。

そういう気持ちを、大切にしていきたいと思います。

おまけ・・・

八風街道沿いの、田園風景です。

もうすぐ、コスモス畑が満開になるので、

またその時にはアップさせていただきます(*^。^*)


それでは、また。

台風・・・

いよいよ台風上陸です。

昨日のお話ですが、地元の空に
こ〜んなに美しい虹がかかっていたとか!!

虹を見れると、幸せなことが起こりそうな気がしますね。

それでは、また。

本格的な夏です

8月に入り、各地で花火大会が開催されるようになりましたね♪

私も先日、長浜・北びわ湖大花火大会に行ってきました(*^_^*)


戦国時代から火薬製造を行ってきた長浜は、花火の芸術性は群を抜いています。

長浜港突堤から打ち上がる花火業者4社競演のスターマインパレードや芸術玉、

ラストのスターマインの連続打ち上げは涙が出そうなほど美しかったです。

市民組織「長浜花火協賛会」が運営してきた、今年で32回目となる長浜・北びわ湖花火大会は、

警備面や資金面などの問題からから今夏で最後の開催となりました。

寂しいです(泣)。

東日本大震災の県内避難者の方々も招待され、

震災犠牲者の鎮魂と被災者へエールを送る震災色の大会になりました。

長浜港湾周辺だけでなく、名古屋、京都、大阪、岐阜、福井などの他府県からも

大勢の人たちが駆けつけており、美しいあでやかな夜空に魅了されていました。

終焉は、仕掛け花火で「がんばろう!日本」の文字が彩られ、

約2000発の特大スターマインでフィナーレを迎えました。

総合計12000発、13万人の人出だったそうです。

花火が最後になってしまっても、この夜空に瞬いた

永遠の一瞬は、人々の心に刻み込まれて、消えることはないでしょう。


イザットハウス近江店は、8月12日(金)〜8月15日(月)までお盆休みを頂きます。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。

毎日・・・

暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでいらっしゃいますか(*^_^*)?

今年も昨年に引き続き、酷暑になる模様ですね〜・・・

それと同時に、節電も積極的に行う動きで、扇風機はバカ売れだとか。

しかし・・・

扇風機だけでは、やっぱり暑い時がありますよね(+o+)

やはりなんでもやりすぎは良くないので、ご自身の体調と相談して、

エアコンに頼るときは頼る!!

メリハリをつけて節電しましょう!!

ショッピングセンターや図書館を頼るのもいいですね。

水分補給とともに、これからの季節は日差しがきついので、

ビタミンCの摂取も忘れずに!!

近年は、春、秋といった過ごしやすい時期が極端に少なくなって、

いきなり夏、いきなり冬、といった傾向になっています。

イザットハウスは高気密・高断熱の家なので、

家の中の温度が外気にほとんど左右されません。

湿度も安定しているので、梅雨の時期も部屋の中はいつもカラッと快適です。

梅雨の時期は、女性の方は膀胱炎になりやすかったりしますが、

気温、湿度が安定しているので

体調が悪くなるのを防ぐことができます。

新しく住まう家を考えるなら、エコにも貢献でき、

かつ健康にもいい住宅を選びたいですよね。

イザットハウスはそんなお客様の願いを叶えます。

一度、お気軽〜にお店をのぞいて見てください(*^。^*)

ご来店を心よりお待ちしております。

先日、事務所に、スイレンの置物を飾りました(^_-)

見ていると、少しは涼しい気分になれそうです。


今日も皆様にとって素晴らしい一日になりますように♪

ブログ投稿者
代表取締役
出身地:滋賀県東近江市
生年月日:1965年10月8日
趣味:ツーリング・居酒屋巡り

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ