« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月27日

探訪記1 日本の伝統美

遅れて訪れた日本の冬を感じつつ、
日本の伝統美を触れに日帰りの旅に。

皇室の御用邸だった建物を探索。

明治25年に建てられた沼津御用邸は、
昭和44年までの77年間に増築を繰り返されながら、
明治天皇、大正天皇、昭和天皇と歴代の天皇陛下に、
のべ5000余日使用されました。

【古いが古くない日本の家】
整備工事や改修工事は施されはしたものの、
大空襲にあいながらも、
その姿をしっかりと残し佇んでいる姿は
日本の粋。そのものだった。

今は見なくなった、
木枠と、彎曲が残る日本ガラスの窓

その窓から望む、自然を模倣した質素な小宇宙の中庭

日本の季節を感じる。四季の動物や植物を楽しむといった心遣いなど

日本人がつくった日本の家。といった感じ。

もちろん、現在も日本人がつくる家。
ただ最近は、和室がない家が増えた。

和室がないと、なんだか寂しい。
お正月になれば、和室の畳に膝をつけ、
家族でお年賀の挨拶をし、
御節をつつきながら年の初めを過ごす。
当たり前の風景のような気がするのだが、
過去の産物なのでしょうか。

以前、和室(茶室)は1つの宇宙を創造、表現している。
と聞いたことがある。日本の心だろうか。
日本の心が減ったのか。
いや、私が歳をとったのだな。

美しい国、日本。
本来の意味であれば是非とも安倍首相には頑張ってほしい。

それでは、皆様良いお年を。
そして2007年も、何卒宜しくお願い申し上げます。

2006年12月13日

社内検査

まずは、お知らせから失礼致します。
先日、2006年最後のお引渡しを致しました、
H様邸を、施工事例に加えましたので、
是非、ご覧下さい。

施工事例はこちら!


H様ご家族の皆様にも、大変喜んでいただき、
弊社も、嬉しい年越しと良い新年を迎えられそうです。

さて、タイトルの【社内検査】
イザットハウスでは、第三者機関JIOによる4回の検査が
行われております。が、
弊社では、JIOだけではなく、
【社内検査】を行っています。
社内検査用の検査項目は、表にしてあり、
各工程ごとに、項目は詳細に分けられております。


社内検査内容は、JIOによる検査以外で各工程ごとに、
・基礎配筋工事完了後。
・上棟終了後。
・外装下地工事完了後。
そして、家づくり完了の後に、
・現場監督や工事関係者といった現場担当者による社内完了検査。
・設計者や営業、総責任者といった社内全員による社内完了検査。
・お施主様と弊社担当者同席にての、お客様検査。
といった、6段階の検査の後、
お客様にご納得いただいてからのお引渡しとなっております。

社内検査での注意点は、
・設計図面どおり(変更内容等も含め)に施工しているか。
・訂正箇所が修正されているか。
・傷などがついていないか。
・建具に不具合がないか。
・ガス・電気・水道工事に不備がないか。などなど、
各担当者、もちろん大工職人さんなど、部分部分の責任者と
共に行います。

一生の家造りに、些細な心配があってはならない。
弊社も、些細な不安でも、残すようなことがあってはならない。
小さな心配が、大きな心配になることだってあります。

【性能・快適に、安心・安全を加えた家づくりが弊社の基本です。】

2006年12月05日

ECOについて

先日、ecobuild2006というイベントに行ってきました。

そこには、ガス・電気等のエネルギ-供給会社から、古民家の再生を行っている
会社までさまざまなアプロ-チで地球環境を守る方策が提案されていました。

子供達やその先の世代が安心して暮らせる地球でありつづける事ができるように
今までの生活習慣等を見直していく事が、今の世代に求められていると思います。


まず身の廻りや携わっている建築という仕事を通して、実行していこうと
考えています。

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ