« 【如月 はちの日】 | メイン | 【床下暖房 体感会】足をお運び頂き有難うございます! »

乾燥の季節 【肌荒れ対策】

夕方過ぎの風の冷たさに、冬の寒さの厳しさが帰って気がします。

さて、この冷たい風のせいか、インフルエンザも例年より遅れて
今、流行っているそうです。お気をつけ下さい。

そして、インフルエンザが流行る頃、乾燥による肌荒れに悩む女性が増えるはず。
私も例にもれず毎年肌荒れに悩まされていましたが、今年はなぜかあまり・・・

それは、大豆のおかげ!?
先日、節分で、はりきって豆まきをしました。
そして歳の数の大豆を食べる。

年々増える豆の数・・・
でも、実は大豆は乾燥から肌を守ってくれるらしい!
大豆に含まれるビタミンEがその理由。
だから、歳をとるほど食べる量が増えるようになっているのか・・・
(おそらく無関係です。)
そして、乾燥を防ぐ方法は他に、
”屋の湿度を50%〜70%に保つ。
→わが家では、今年から加湿器を寝るときにつけたり、
葉の大きい観葉植物を室内に多く置いたり。
△風呂のお湯は40度未満で。
寒いと、「ぅぐふぇぁ〜」と声にならない声を発し、
湯船につかりたくなりますが、熱すぎるお風呂は肌の乾燥のもと。
お風呂を出た後も、すぐに体についた水滴を拭くことが大切だそうです。
→ぬるめのお風呂は意外と癖になります。
2蔀紊凌牡崔紊料択。
木綿や絹が良いそうです。特に絹は、アミノ酸の組成が
肌の角層にある保湿成分とほぼ同じだそうです。
→確かに絹の寝間着はしっとり気持ちが良くて、摩擦をあまり感じませんでした。

他にも、睡眠は深夜12時にはとっているようにしたり、
ストレスをためないように気をつけたりすることが
効果的とのことです。
この2つは働く人にはなかなか難しい条件です。

また、ビタミンEは、ナッツ類・コーン油などの植物油・胚芽米などに
多く含まれています。
ちなみに、節分のちょっと前からたまたま胚芽米を食べていました。
そして節分以降は豆乳を毎朝飲んでいます。

今年は乾燥に悩まされず、毎日楽しく頑張ります!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/1229

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ