« 片瀬海岸の家【体感型モデル+ショップ】 | メイン | 【気密と換気の大切さ】を実感! »

御雛祭

女の子の節句 三月三日 御雛祭

ということで、友人と一緒に御雛祭をしました。

御雛飾りを楽しみながら、
旬のものと
赤、白、緑の雛あられを食べました。
白酒も少々、嗜む程度に。

さて、
御雛祭にはいろいろな思い出が。
例えば、
出さずにいると、お嫁にいけない。
飾りを仕舞うのが遅れると、お嫁に行くのが遅くなる。など。
少々、怯えた記憶が・・・
今年は、お嫁にいった身でしたので、お雛飾りを素直に(?)楽しめました。

そして、祖母に聞いた話。
菱餅やあられの気になる三色。これには意味があるそうです。
赤は、命
白は、地
緑は、樹
つまり、生命の源を意味していて、これを口にすることで、強い生命を育み、
厄払いをするそうです。

ここで、ふと何故女の子の節句なのか。と疑問に・・・

で、友人と調べてみると、
もともと御雛祭は、人形に自分の厄をもってもらい、
その人形を川に流すことで厄払いをしていたそうです。
なるほど。
桃にも厄払いをするという謂れがあるそうです。奥が深い。

行事を知り、旬を楽しむ。
伝統には多くの意味と、人の感性が映りこんでいるのだなぁと感じた一日でした。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/1352

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ