« 心地よく響く音 | メイン | 自給自足 その3   最近の建空間 »

2007年4月29日 IHクッキングヒーター体験会

足をお運びいただきました
皆様、誠にありがとうございました。

さて、皆様の反応は・・・
IHクッキングヒーターの予想以上の威力に
大変驚かれていました。

その反応を目の当たりにした加藤、
自ら体験しました!

スイッチを押すと、赤く光ります。

フライパンを置いたら、すぐ野菜をいれます!
→IHでは予熱が必要ないそうです。力が強いため温まりすぎてしまうとのこと。

ものの数秒(15回くらい箸であおった程度)で、野菜はしんなり。
急いで、麺を入れて水とソースを加えてすぐに食べごろの色に!
→ガスに比べて、火(?熱?)の通りが早いのが分かります。

そして、できあがり。
よく見てください!今この瞬間までお料理をしていたIHクッキングヒーターの上に
お皿がのっています!
指さす先には、高温注意のランプが赤く光っています。それでも大丈夫なのです。
※ガラス製容器などは危険ですので、置かないようご注意下さい。

また、よくある疑問をぶつけてみました。
Q いわゆる【かえす】という動作ができないと思うのですが・・・
A 【かえす】という動作は、ガスの場合、鍋肌に火があたり
  熱くなるため、その熱を使うためにかえして炒めるので、
  IHの場合は、できないというより、必要ありません。

Q フランベはできませんよね・・・
A はい。残念ながらできません。

Q アルミ製の鍋はやはり買いかえないとダメでしょうか・・・
A アルミ性の鍋は、オールメタル対応のIHクッキングヒーターに
  していただければ大丈夫です。

Q IHでも使える、鉄板が入っている土鍋は高いですよね。
  今持っている土鍋に鉄板を付けるという方法もあると、
  聞いたことがあるのですが・・・
A はい。ただその場合、安定した能力が発揮されない心配や、
  鉄板の面がきれいに平らになっていないと、IHとの接触が悪く
  使えない場合があります。

Q 電磁波の影響が心配なのですが・・・
A ペースメーカーを使われている方は、医者へのご相談が必要となります。
  ですが、WHOのガイドラインの中にある基準をはるかに下回っています。
  また、常用されている家電製品のヘアドライヤー、電器カーペットよりも
  はるかに電磁波は少ないです。

Q 料理中も、IHクッキングヒーターは熱くならないのでしょうか・・・
A 正しくは、IHクッキングヒーター自体は熱くなりません。
  ですので、スイッチを入れて触っても熱くなりません。
  が、調理をする場合には、熱くなった器具の熱が伝わるので、
  IHクッキングヒーターも熱くなりますので、調理中、調理後は
  高温注意ランプが消えるまで触らないようにして下さい。

なるほど。ありがとうございました。
今度、ショールームにもお邪魔させてください!

ご協力いただきました東京電力スタッフの
T様、誠にありがとうございました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/1868

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ