« 2007年06月20日 | メイン | 2007年06月30日 »

2007年06月25日

探訪記6 【る こるびゅじぇ】

読みにくいタイトルで申し訳ありません。
個人的にこの響きがつぼでして、ひらがなで書いてみました。

さて、先日、働く人には有難い存在の美術館【森美術館】を訪れました。
なぜ有難いか。
それは、22時まで開館しているからです。(曜日により多少閉館時間が異なります。)
仕事をしていると、美術館は休日しかいけない・・・
でも、休日は混んでいて折角の鑑賞が流れ作業のようになってしまう・・・
そこに救世主(私にとって)のように現れたのが森美術館でした。

そして、今期は【ル・コルビュジエ展】
「生誕120年 ル・コルビュジエを体感する。」がコンセプトとなっています。
私にとっては、集合住宅が代表的なイメージなのですが、
家具や個人住宅でも有名なル・コルビュジエ。

今回は、世界で3回しか展示されたことのないという、
【ロンシャンの礼拝堂】の模型を見るのが第一の目的でしたが、
展示物すべての内容の濃さに目が爛々!!!

特にCGを駆使した映像が凄かった。
有名な【サヴォワ邸】に関しては、
ル・コルビュジエの設計の意図を伝える構成によるCG。
納得できない社会的・歴史的理由により実現されなかった
ル・コルビュジエ設計の建造物のCGによる再現。
などなど、鳥肌鳥肌・・・

そして、空間を最小限に計算された集合住宅を、
実寸で再現された模型は、実際に入ることができ、
キッチンにいたってはオリジナルが配置され、
その空間の有効性を体感することができました。

また、アトリエや、ル・コルビュジエにとって最後の家となる
【カップ・マルタンの休暇小屋】も実寸模型にて、体感することができます。

実寸ではないものも含め、模型も多数展示されており、
現在、お客様の家の模型を作成している身としては興味津々。

他にも、ル・コルビュジエの絵、自動車デザイン、そして、都市計画 などなど

この展示は2007年9月24日までです。
是非、お仕事の後にでも、足を運んでみて下さい。


ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ