« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月29日

犬の日

夏の暑い日。
犬日和な一日がありました。

実家に帰ると、いつになく懐いてくる「vivant ヴィヴァンちゃん」
私の後を妬けについてまわる・・・
あまりに可愛いので写真をパチリッ

家に帰る途中に、実家からメールが。「おそらく蜂に刺されました。」

・・・?
添付画像を見て、大爆笑!!!!!!

可哀想なのですが、笑いがとまらず。ごめんねモモちゃん。

その帰りに、某デパートで水槽を見ようと寄ったら、
ピレネー犬御一行様を発見!

迫力満点。でも優しい性格のためか、オーラがほんわかしておりました。

ふと、空を見上げながら、
犬のいない人生は私にとって考えられないなぁ。と思いつつ、
きっと、家づくりの時には、そのご家族だからこそ譲れないものや
欠かせないものってある。私にとって犬がそうであるように。
そんな、要望をしっかり家づくりに反映できる仕事人でありたい!と思った一日でした。


2007年07月27日

探訪記[食編◆ すっきり気持ち良きもの

さて最近、こっそりブログを見ている友人の存在が判明・・・

仕事でブログをしていることを隠していた私です。
なぜなら、友人数人からのmixiへの度重なる誘いを、
「不特定多数の人に一方的にメッセージを発信するなんて理解不能」と、
analogueな私は、頑なに丁重にお断りし続けておりまして・・・
まさかブログをしている(しかも前向きに)なんて言えず。

そして、友人からのコメントが private MAIL にて送られてきました。
「食編続きないの?」

・・・突然これだけ。
ブログのことだと気づくのに時間を要しました。

それで、食編を更新です。

飴。よく食べますか?
私は常用しておりませんが、必ず持ち歩いています。

お腹がすいた時 集中力が切れた時 気分転換したい時
遭難した時  のために。

そんな、私のお気に入りの飴がこちら。

北海道名物(?)の【ハッカ飴】です。
甘さやさしく。ミントの香りやさしく。自然の味。
薄荷薄荷ミントミントしていない、人を癒すハッカ飴です。

その姿も愛らしいこと限りありません。癒し度数高し。

残念ながら一般には市販されていません。
たまに、百貨店などでの北海道物産展で見かけます。

ご興味をお持ちいただけた方は是非、一見
こちらからHPへ

*メントール増量タイプは、すっきり感が強いので、私的には癒されませんが、
夜更けの仕事のリフレッシュには最適です。

2007年07月24日

夏だ。海だ。建空間だ。

梅雨明け宣言が発表され、盛夏です。

暑中お見舞い申し上げます。

夏らしい空模様になり、
高校野球もますます盛り上がります!
(わが母校が、着実に勝ち進んでおります♪)

さて、夏といえば海を忘れてはなりません。

海といえば、湘南。
湘南といえば建空間です。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
建空間では、海側から来ても山側から来ても、
必ず(?)通る十字路があります。
そこには、建空間の目印看板があります。

まず、遠くからでもわかる【点滅信号】発見!

陽が落ちる前には、海を思わせる【青の道路】がみえます。

そして、左上を見ると・・・【建空間の看板】発見!!
看板の矢印にそって曲がって下さい!

この画像は、海側から来た場合です。
山側から来ても同方向に看板が見えます。

海に寄ったら、建空間にも寄って帰りましょう!

OMAKE
「建空間のまわりを散歩していると出会える彩り鮮やかな夏の花々さん達」

2007年07月22日

魚魚魚ぁ〜♪ 鯵!眼張! 

わが家の趣味のひとつ 【海釣り】

今回は、陸釣りではなく、船釣り♪
いつになく浮かれているのは船だったからです。

竿を買ってから、一度も船釣りはしていませんでしたので、
嬉しくて嬉しくて・・・
しかも、知り合いのお父様のご厚意で、
所有の釣り船を出していただきまして・・・感涙

早速、船に乗り込み、
魚レーダー(正しい名称ではないかと・・・)を覗き込み、
魚が群れているポイントを見つけては大はしゃぎしつつ

「ここがポイントだ!」と、指示に従い糸を垂らすや否や、釣れる釣れる!
一度に2、3匹家族も連続。

釣れたのは、鯵に眼張でした。しかも大漁〜!!!

大きいもので、25cmにもなるものが、ざっくざっく。

(*わが家のまな板が少々小さいので大きく感じるかもしれませんが、
鍵(約6.5cm)を並べて撮影しましたので、比較して下さい。)

家に持ち帰り、正直久方ぶりの出番である出刃包丁で捌き、
まずはお刺身。そして、煮付け、そしてアジフライ。南蛮漬け・・・

たくさん戴きました。

船を出してくださいましたOさん、そしてお父様、
本当に有難うございました。

皆様、金沢八景で船釣りをする際には、是非!

そういえば、最近ブログの内容が【家】から離れすぎているような・・・

2007年07月17日

新潟県中越沖地震

このたびの新潟県中越沖地震により被害を受けられました皆様に、
心よりお見舞い申し上げますと共に、
一日も早い復旧をお祈り致します。
また、新潟県、長野県の加盟店の皆様、お施主様にも、
被害及び想像のつかない気掛かりはないかと、
心よりお見舞い申し上げます。

私事ではございますが、
長野県飯綱町に親戚がおりまして、
今日になりましても連絡が取れず、心痛している毎日でございます。

台風4号の爪痕も残る中に起きた大地震に、心が震え上がりました。
神奈川県でも震度3を記録し、震源地からの距離を考えれば、
その地震の大きさが窺い知れます。

現在、義援金の取り扱い口座を開設中とのことです。

昨晩、家族で、
仕事中や家にいる時に災害や非常事態が起きたときの行動を確認いたしました。
特に、避難場所は地域内にいくつかある場合があります。
家族で目指す場所や連絡をする避難場所や救護所を決めておくことは大事なことです。
また、勤務地の広域避難場所を確認しておくことも大事です。
因みに、建空間の避難場所は「湘南白百合学園小学校」となります。

緊急時は、いつ来るか分かりません。
家族で、コミュニティで、話し合う機会をつくることは大切だと思います。
皆様、これを機に。

2007年07月13日

家族増員

台風4号・・・
明後日には、関東地方に上陸すると予想されています。
10年に一度と言われるほどの大規模なものとのこと。
その爪痕もそれ相当であろうと予想されます。
現在施工中の現場も、台風対策に取り掛かりました。

タイトルとずれてしまいました。
つい、ラジオの台風情報に耳を奪われてしまいまして・・・
仕事もちゃんとやってます。本当です。

さて、「家族増員」です。
じめじめじめじめした毎日ですが、家族が増えました。
【目高 (めだか)】です。

わが家にきた目高は、
【緋目高】という、原種(黒色)が突然変異したことで産まれた、オレンジ色が特徴の、
今では一番親しまれている種の目高です。
最近では、白目高や青目高に、実験用の内臓が見える透明なものまで・・・
目高の色は、目高が元々もつ色素のバランス変化で変わるそうです。
目高って奥深い・・・と思いつつ、
やっぱり緑の水草と緋目高のコントラストは外せない。と決めました。
名前は8匹みんな仲良く、「めだちゃん」。

さて、目高といえば、
以前このブログでも紹介した番組『素敵な宇宙船地球号』で、
ペットブームについての回で、「光るメダカの驚異」という内容がありました。
台湾大学で遺伝子研究の過程で偶然生まれた光るメダカ。
遺伝子組み換え生物となるため、日本では「カルタヘナ法」で禁止され、販売されません。
しかし、台湾ではむしろ国の科学技術に誇りを感じている人が多く、
非常に人気があり、1匹100円程度で子供のお小遣いでも買えるものとのこと。
避妊処理といった相応の処置を行っているそうですが・・・
急速に増えた場合のリスクは本当に0なのでしょうか。


さて、わが家には当初から、
遺伝子組み換えではなく鮮やかな色をした家族の一員である【ベタ】がいます。

名前は、「べた」。ひらがなです。
タイランドのメコン川に生息する熱帯魚です。
淡水魚なので、温かくしていれば目高と同じ条件の水槽で大丈夫です。
目高と同じく、とても強い性質(な気がする)なので、好きです。
1年経ち、ヒーター無しでも元気なので、赤いベタと白いベタと一緒に
tricoloreベタの3匹兄弟も可愛いなと、さらなる家族増員を目論んでいます。
ただ、雄の縄張り意識が強いため、1匹に対して1つの水槽が必要です。
たとえ同種のベタであっても、同じ水槽に入れてしまうと激しい抗争が始まってしまいます。
・・・そのため、闘魚として鑑賞されることもあるそうです。
(酷いです。グリンピースでなくとも憤りを覚えます!)


そして、植物も増えました。

蓮です。
睡蓮ではなく蓮です!
睡蓮は、水面に花が咲きますが、
蓮は、茎が水上に伸び上がり、空中に花が咲きます。
しかも、お茶碗サイズの可愛らしさ!
お盆に蓮は欠かせません。が、
マンションで標準サイズの蓮は大きすぎるので、とても助かりました!

さて、目高仲間を探そうと思っていたら・・・
ブログを見た社長が、「目高交配させよう!」と。
こんなに身近に!そうだ血が濃くならないように交配させねば。
社長!ベタもいかがですか?

2007年07月10日

鎌倉散歩

梅雨時期は、何処にも足が向かない・・・
そんな季節に訪れてほしいのが 【鎌倉】 です。

小雨の香りが似合う奥ゆかしき場所です。
紫陽花が咲き誇る【長谷寺】は、
是非とも傘がいらないほどの小雨降る日に足を運んでみて下さい。

では、この時期の鎌倉散歩に加藤お勧めのコースをご紹介です。

まず、午前中に鎌倉駅に降り立ち、
【長谷寺】へ向かいます。
6月を過ぎると、紫陽花から蓮や睡蓮が咲き誇っています。

昼食は駅前の喧騒から解放される 【百苑】
ワタクシのお勧めは 冷たいきしめん です。

そして、お腹を満たしたら、裏通りをゆっくりと歩きながら
【鶴岡八幡宮】
古都鎌倉を味わうに相応しい場所です。

その敷地内にひっそりと佇む美術館があります。
【神奈川県立近代美術館】

この建物は、建築家【坂倉準三】氏によって建てられた建造物です。

坂倉準三氏は、探訪記6にて書きましたル・コルビュジエ氏
の事務所にて修行を積まれた日本建築家です。
1937年に開催されたパリ万国博覧会で出展した日本館ではグランプリに輝き、
日本でも多数の近代的建物を残されています。

そして、美術品を堪能した後には、
鎌倉駅から徒歩3分の、鎌倉市役所前に構えられた
【STARBUCKS COFFEE】にて一服コーヒーを戴いてみては。

ここは、他店にはないコンセプトによってつくられたショップで、
店内には、マクロビオティクス食品を扱う、
「CHAYA MACROBIOTICSというお店が入っています。
これは、鎌倉では知らない人のいない日影茶屋グループのショップです。

そして、ここのテラスは暗くなってからが素敵。

そして、話も弾んできたらお夕食は、
タクシーに乗って、鎌倉の昔ながらの家も多く残る住宅街に、
家を改造してつくられたカフェダイニング【0467】
ここは、梅雨が明けてからも足を運んでいただきたい所。
特に晴れた夏の日の夜には中庭の席で、友達数人とわいわいして下さい。
ただ、予約はお早めに。

あっ!鎌倉散歩の途中に、建空間に寄って下さった方には、
「ブログ見ました。」と言っていただければ
コーヒーor紅茶をお出し致します!!

2007年07月08日

七夕

昨日は 7月7日【七夕】でした。
ここ数年、晴れるわたることがない七夕ですが・・・
きっと、私たちからは見えなくとも、
空のその上では、
織姫と彦星が会えているのだろうと、
ロマンスたっぷりに思うことにしています。

さて、織姫と彦星の伝説が先立つ七夕は、
実は中国から伝えられたものです。

日本人なので、気になって日本の文化にはないのかと、
調べてみると・・・
七月七日頃はちょうど稲の開花期で、
水害や病害虫が心配される時期でもあることから、
稲の収穫の無事を祈るべく、水辺に設けられた棚の上の
機家(はたや)の「棚機」(たなばた)で、
選ばれた乙女たちが先祖に捧げる御衣を織り上げていたそうです。
この乙女たちを「棚機女」、「織女」と書き、(タナバタツメ)と読み、
日本の七夕【タナバタ】はここからきているそうです。

これを読んで、小さい頃から七夕の日には
お夕食時に必ず、素麺やトマト、胡瓜、茄子といった
夏ならではのものを食べさせられていたのは、
この、【夏に収穫を感謝する。】 ということに
つながっているのかと思ったわけで、

わが家でも素麺と、トマト・茄子(これはわが家産)
胡瓜・オクラ・ピーマン・枝豆などなど、夏の野菜をもりもり食べました。

笹は気持ちとして欠かせず、買っちゃいました。
小さい頃から庭の笹に短冊をつるした思い出があるので・・・

水害と言えば、九州地方での豪雨に、四国での水不足
(最近は降水確率が上がってきていますが)が心配です!
七夕を、水害について考える日としても良いのではないか。と思った次第です。

2007年07月04日

模型 模型 模型

現在、お打合せが進んでいるお客様の家を、模型にしております。
イメージをつかんでいただくためや、
間取りがほぼ決まった後の最終確認などに使用しております。

まったくの模型素人だったわたくしも、
3棟の作成と、模型を使った打合せを経て、
少しずつですが、パワーアップを図っております。

窓を開けることで、室内の光の入り方を確認いただいたり、
窓の格子の感じを確認いただいたり。

あえて真っ白に作り、全体のバランスを見ていただいたり。

駐車スペースに、車の模型を置いて、
車の出入りや、停車位置に対しての外灯位置を確認していただいたり。

また、屋根をはずして、平面を取り外し可能にすることで、
吹抜けの位置や、階段の位置の確認。

小屋裏も、平面ではめ込み、
小屋裏はどの位置にくるのか、小屋裏の窓位置はどこにあるのか確認いただいたり。

などなど、お打合せで活躍しております。

もちろん、模型は家のお引渡しと同時に、
プレゼント(というほどの物ではございませんが・・・)させていただいております。

次は、遅れていたSHOPの模型に取り掛かろうと思っております。
ル・コルビュジエ展で、勝手に感化を受け燃えているわたくしとしては、
SHOPということもあり、失敗してもお客様にご迷惑をおかけすることもないので、
実験的なことに挑もうと思っています・・・
完成の際には、ご報告致します。    成功しても、失敗しても・・・おそらく。

2007年07月03日

自給自足 その5   建空間産ジャガイモ 

建空間産ジャガイモ・・・?と思われた方は、
5月2日のブログを見ていただけたら幸いでございます。

ある晴れた日に、
ついに収穫となりました家庭菜園ならぬ会社菜園で作ったジャガイモ。
その収穫の一部始終をレポートします。

収穫は、ジャガイモの苗が枯れてから行います。

弊社スタッフ高野が掘り出し隊長です。

後方から応援に入り、柏瀬も力いっぱい土をかき出します!

ほくほく出てきました!

あれ?予定外の色をしたジャガイモ達が・・・   苗が違っていたようです...

収穫後、樽に溜まった雨水を利用して土を洗い流します。

収穫の全貌が明らかに・・・

たくさん!!のように見えますが、実は大きさは最高で10cm程で、
その多くは2cm位のものでした。

それでも、自分たちで育てて収穫したジャガイモは可愛いものです。
ついつい笑顔がこぼれます・・・

成長が足りなかった原因としては、
間引きをしなかったこと。
途中から隣の敷地に家が建ち始め陽が当らなくなってしまったこと。
砂地ということ・・・など、思い当たる節は多々ございました。

それでも柏瀬は、この条件に負けず次は何を植えようかと、
さっそく新たな収穫の夢を思い描いておりました。

小さいものも含めてすべてスタッフ全員で頂きました!!
とても美味しくいただきました◎

最後になってしまいましたが、
多くのお心遣い、助言をいただきました
T様、本当に有難うございました。
T様のように美味しい野菜を作れるようになりたいと思っております!
今後とも、助言等いただけましたら幸いでございます。
とても美味しい胡瓜をいただきまして有難うございました。

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ