« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月23日

環境問題24時 その2

さて、環境問題について執拗い kato です。

先日、テレビ朝日の報道ステーションにて、
【スイスの温暖化対策】について2夜連続で特集されていました。

スイスでは、温暖化現象により気温が上昇し、氷河が溶け出すという現象が
起き、スキー観光や氷河観光などにおいても大きな損失が出ています。

これに対し、アルプスへ続く道路に運搬トラックや観光者の車を
乗り入れずにすむよう、貨物列車に車のまま乗り入れられるようにし、
列車により車を山へと運ぶことで排ガス削減に取り組んでいます。

また、アルプスの玄関口となっている村では
ガソリンで動く車やバイクなどの乗り入れを禁止し、
村を走るバスや商業用の車は電気自動車だけに限られ、
一般の住民は電気自動車でも所有することができません。

そして、村に住む方はこういった取り組みを真摯に受け入れています。
あるご老齢の婦人にインタヴューした際に、
「不便だからと村を引っ越すつもりはない。
自分の体が不自由になったときに考えます。」と話していました。

また、あるマンションオーナーへのインタヴューでは、
マンションのエネルギー源として、【地中熱】を利用するシステムを
導入したとのことでした。石油を使うものに対して2〜3倍の投資額となるが、
環境を考えれば、選択の余地はないと話していました。

このように、環境問題・温暖化対策に国や村の単位で取り組むことはできます。
今回は、経済的な背景もありますが、きっかけは何でも良いと思います。
経済損失、気温上昇、熱中症、台風、津波、森林伐採、絶滅危惧種、家族の将来…
そして、国や地域を動かすのは人です。

例えば、家を建てる時にはイザットハウスで開発された、
地中熱を利用したシステム【ene-shift エネシフト】を、
是非、真剣に検討してみて下さい。
もちろん、標準仕様でも十分省エネルギーな家です!

一人一人が少しずつでも、エネルギーをシフトしていけば、
地域だって国だってエコロジーへとシフトしてくれるはずです。

私も家を建てる時は、家のエネルギーのことから考えたいと思います。
今は、まだ家を建てることはできませんので、身近なことからコツコツと。

報道ステーション 特集についてはこちらから


2007年08月20日

映画鑑賞24時 環境問題24時

連休といえば、自宅で朝まで映画鑑賞。

ということで、DVDを両手いっぱいに借りてきました。
そこで、若輩ながらひとつお勧めしたいと。
どちらかといえば、意地でも観ていただきたく・・・

わかりますでしょうか。

これでわかる方も多いのでは。

答えは
【An Inconvenient Truth 不都合な真実】 です。

環境問題について学べます。
映画というものではないかもしれませんが、是非観て下さい。

わが家では、無理をし過ぎずに、気がつくことから、
環境に負担をかけない努力を少しずつしています。

blogでも御馴染みの自給自足もそのひとつです。
まず、植物ですのでCO2をO2に変えてくれます。
そして、野菜を買う時にスーパーではどうしてもついてきてしまう
包装ビニールがありません。

他にも、わが家にはエアコンを設置していません。
あれば頼ってしまうものと、張り切って頑張ってみようと
引越しの際に購入しませんでした。
今年の猛暑も、扇風機・団扇・冷やし枕で乗り越えています。

そして、買物に車は使わず力いっぱい自転車こいでます。
2〜4駅分くらいは自転車で移動します。
ただ、温泉施設に自転車で行き、
帰りに汗だくになった時は笑えました!

そんな、わが家ですが、これを観て一層力入ってます。

是非、家族・友人と観て、考え、話し合って下さい。
公式サイトはこちら

2007年08月19日

探訪記7 【東京国立近代美術館】

夏期休暇の間に、探訪してまいりました【東京国立近代美術館】。

写真展に足を運びました。

今回の写真展は、「写真+フランス」というキーワードに関心のある方で
知らない人はいないのではないかという、フランスの写真家
【Henri Cartier-Bresson アンリ カルティエ-ブレッソン】の写真展。

巡回展で、ヨーロッパ以外での写真展は初だったので心躍りました!

内容は、数多く見ごたえあり。でしたが、
個人的には、展示の方法が残念でした…

さて、この建築物は、谷口 吉郎氏によって設計されたものです。

谷口 吉郎氏は、帝国劇場の内部の設計や、
数多くの美術館や記念館の設計を手がけている建築士です。
私の生誕年に他界されている昭和に活躍された方です。

・鉄筋コンクリート造や鉄骨造
・装飾のない直線的構成
・機能的・合理的で普遍的なデザイン

という点では、モダニズム建築に属する建築物ではないかと
思います。

この美術館は、収蔵品が一万点近くにもなり、
常設展の内容もとても豊かです。
是非、足を運んでみてください!

隣接している「レストラン アクア」も
雰囲気がとても良いイタリアンレストランです。
テラスor窓際での軽食がお勧めです。

2007年08月11日

江の島花火大会 2007

弊社のSHOPは、片瀬江ノ島にあります。
この時期、海が近いこともあり大変混み合いますが、

【江の島の花火大会】

この日が、一番、人でごった返すと言っても過言ではありません。
ただ、SHOPがOASISになる日でもあります。

なぜなら、SHOPのルーフバルコニーからは、花火を一望できるからです。

どうですか、この景色。  絶景です!

昼間はこのような景色です。
花火もちょうど、この角度で一望できます。

こちらは山側です。

こんな絶景を見ながら、仕事のあとに飲むビールは最高です。
katoおすすめビールはこちら。
【ハートランドビール】 すこぶる好きです。

さて、建空間は誠に勝手ながら、
明日から(8月12日から16日まで)夏季休暇とさせていただきます。
何卒、ご配慮いただけますようお願い申し上げます。

残暑と言いましても猛暑続きの毎日です。
外出の際には、水分を多くとり、日焼け対策を万全に良き思いでづくりを。

残暑お見舞い申し上げます。

2007年08月07日

探訪記[食編] 建空間のお菓子

いつも、建空間で地鎮祭や上棟式の際に
お祝いとして用意させてもらっているお菓子は、

【チロル】

という、地元ではちょっと有名なお菓子屋さんのものです。
お家の一部がお店になっている、とってもホーミィなお店です。

〈お店外観〉

〈お店入り口の目印看板〉

小田急江の島線 片瀬江ノ島駅から徒歩3分
白百合学園のすぐ近くです。

「宝乳菓」という、チーズとチョコレートの2種がある一口サイズのスフレが有名です。
他にも、焼き菓子やゼリー、ケーキがあり、どれも美味しいです!
個人的お勧めは、季節のフルーツを使ったショートケーキ&ロールケーキです。

HPはない様なので、足を運ばれる時は以下をご参照下さい。
藤沢市片瀬海岸2-6-9
TEL 0466-26-3450
フリーダイヤル  0120-26-3053(FAX共通)
営業時間  10:00〜18:00
定休日 毎週水曜日・第三火曜日

2007年08月04日

T様邸 上棟です。

大雨の日が続く中、どきどきしながら迎えました
T様邸の上棟日・・・

快晴です!
T様邸は、驚異的な晴れ人のようです。

さて、朝から始まった棟上げ現場に心弾ませ行ってみると、
1階の柱を土台に打ち込んでおります!

頑丈な梁も、クレーンで慎重に搬入され、棟梁の手により組まれてゆきます。

T様は、なんと朝からずっと見守って下さっていました!
現場スタッフも会話が弾み、疑問質問にもお答えしながら進めてゆきます。

そして、2階、屋根と進み、無事上棟です。

棟上げがすみ、棟梁により【幣束】が置かれます。
幣束とは、工事の安全を願い、その後、家を守り続けてくれる有難きものです。

上棟の最後の儀式として、家の四隅を清めます。
塩、米、酒を四隅に、棟梁、お施主様、工事責任者それぞれが撒きます。


そして、T様と棟梁はじめ工事に関わるスタッフ全員が揃い、
上棟の無事完了を報告し、上棟を祝います。

最後に、記念写真をパチリッ

T様、長いお時間、見守り続けていただき誠に有難うございました。
お家も、T様に愛されて幸せものです。

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ