« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月25日

「ご来場ありがとうございます。」

11月の3連休に、
W様ご家族様にご協力いただきまして、
【藤沢市石川W様邸】完成内覧会を開催しました。

多くのお客様に足をお運びいただき、誠にありがとうございました。

内覧会の様子をご案内。

床下環境を確認

将来2部屋に分けられる子供部屋

家族の和みスペースにある吹抜は、お子様の好奇心を刺激する"のぞき窓”付。
お客様のお子様ものぞいて、ワクワク!

アルミのバルコニーも無垢の木板を張れば、温もりあるバルコニーに。

11月に入ってからの体感型モデルSHOPの「外気温・温度・湿度の計測表」を
見ていただきながら、性能を実際のデータでもご紹介

見えなくなっている、
W様邸で使用している構造材や材料も展示してご案内

プランやデザイン、土地のご相談なども、
その場でお話を伺わせていただいております。



3日間スタッフ一同、
お客様と本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。
私どもに足りない部分はありませんでしたでしょうか。
疑問・質問等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい!

*次回は、2008年1月に【藤沢市大庭K様邸 完成内覧会】を
予定しております。

2007年11月21日

探訪記8 【横浜市開港記念会館】

久方振りに、建造物の探訪です。
【横浜市開港記念会館】
毎月15日に一般公開されていると知り、
夕方に、トコトコと探訪してきました。

この建物は、赤煉瓦の時計塔として親しまれる、
横浜の象徴的な建造物のひとつ。
関東大震災で外壁以外が焼失し、その後昭和2年に再建され、
トランプ3塔のひとつ「ジャック」として、入港する船員から親しまれている。
*県庁本館がキング、横浜税関がクィーンで、この3つの建造物を
一度に見える場所に立つと幸福が訪れると言われています。
(横浜市在住の友人談)

夜の外観                   看板も年季が入っています。
 

講堂                      演壇上からの視点
 

エントランスホール    足元には素敵なモザイクタイル
 

階段飾り窓         2階広間のステンドグラス
   
2階広間の照明と飾り窓          照明にあしらわれた精巧な細工
 

 塗り壁のサンプル 

 模型 

お土産には「ビスカウト」を。

煉瓦の家も、時が流れるとともにこんなに味わい深くなるのかな・・・
と、しみじみと思いながら帰路につきました。

一般公開は18時までですので、
日暮れの早いこの時期に、
夜空に映える、照明の温かさを感じに足を運んでみてはいかがでしょうか。

2007年11月17日

ジャパンホームショー2007へ

東京ビッグサイトまで、行って参りました。

広い・・・。
が、広さにめげずに多くの建材やシステムなどを見てまわり、お勉強。
出会ったモノを幾つかご紹介します。
 「コルクの床材にニューアイテム」
 グレーとダークブラウンは、一見タイルの様な質感。しかも表面は土足で歩いても
 十円玉で擦っても傷がつかない。また、はめ込み式なので絨毯のように、引越の
 時にも外して持っていけるという作り。それでも、防水性は従来通り。・・・魅力的。

 「エレベーター」
 これが家にあったら凄いっ!!と、思わず見入ってしまいました。

 「真鋳の表札」
錆びない。質感が一味違う。しかも、セミオーダー可能。家の顔と思えば・・・

と、断熱セミナーなる興味深いブース発見!!
よく見ると・・・
「イザットハウス」?何やら知った名前。
わっ!やっぱりイザットハウスだ!
出店を知らなかったわたくしは驚きつつ、大宮健司氏が講演すると聞き、
もちろん、聴講。

その中で紹介されていた【GIO AIRCON ジオエアコン】
地空熱ヒートポンプ式冷暖房。

気になりブースへ
 本部ブログで御馴染みの岡田氏発見。

本体の姿。

ブログで素顔を明かしていない柏原氏も発見。
やはり素顔は秘密らしい。もしやスパイ??

さて、GIO AIRCONについてですが・・・
気になる方はお問合せ下さいっ!!

2007年11月14日

【SHOP report◆曄〜蚤の冬

前回の「ECOを発見!」が、結果的に SHOP の紹介となり、
この反響がよろしかったので、
SHOPにて、katoの目が発見したことを、
【SHOP report】シリーズとして、ご紹介していきたいと思います。

さて、冷え性の癖に靴下があまり好きではない。
と言うよりは素足好きの私は、SHOPではほぼ素足で過ごしています。

そんな中、急に冷え込んだ近頃、(その後は小春日和が続いてますが。)
素足でも居心地が良いことに気づきました。
たまたま築30年近くになる実家に、仕事のあとに寄ったことで
その違いを発見!

パインの無垢材の優しさも然る事ながら、やはり外断熱工法の賜物と再実感。

地面に近い1階は、2階よりも比較的室温が低い。


それでも温もりのある無垢材パインの床

寒い冬に、体感しにいらして下さい!
温かいお飲み物を用意してお待ちしております。

2007年11月11日

ECOを発見!

突然ですが、
弊社のSHOPは【体感型モデルSHOP】です。

ですので、30坪の家として設計デザインされております。
もちろん、住宅設備もすべて揃っています。

そこに、ECOは潜んでいました。

オリジナルプランの洗面台に・・・

ひねるだけでECOになる水栓!!

これは、環境に配慮し、グッドデザイン選定商品でもある、
INAXのサティスシリーズの洗面器です。

デザイン性の考慮と環境への配慮を両立しているとは、素敵。

オリジナルオーダー家具は、好みに合せてデザインが可能です。
その分、ご提案回数が増えたり、
色々と好みのお話を聞かせていただきながらのプラン設計となります。
でも、これこそ家づくりの醍醐味ですよね!

2007年11月10日

探訪記[食編Α蓮.皀辧璽肇!!!!! 

友人がやっているオープンテラスバーで出会った飲み物をご紹介。
突如と、私の好きな飲み物ベスト3にランクインした運命の物。

その名は、
【バージンモヒート】

実際は【モヒート】というお酒で、
キューバのハバナが発祥地のカクテルとのこと。
ライムのシロップ付けをラムとソーダで割り、
ミントを浮かべ、完成。

ただ、わたくしがアルコールに弱いお子ちゃまのため、
友人がラムを抜いた【バージンモヒート】というものを
用意してくれていたのです。

早速、つくり方を習い、
家で休みの日にゴキュゴキュ飲んでいます。

【わが家での簡単なつくり方】
*ライム(レモン・オレンジを加えるととってもフルーティ)を
皮ごと1.5cm角ほどに切る
*グラス1杯のお湯に、キビ砂糖を大さじ3杯入れ溶かし、
人肌に冷ます→シロップ
*切っていた柑橘類をシロップに入れ、一晩置く
*完成したものをシロップごと(量はお好み)入れ、ソーダで割り、
 フレッシュミントを入れて、出来上がり*
  

ラムの入ったモヒートを飲んでいる人と一緒に
バージンモヒートを飲んでいると、だんだん酔ってくる気がする…


2007年11月08日

【探訪記 家編 曄‐兎鄲罎硫函ヾ粟直前を公開!

【湘南台の家】は、
大変残念なのですが、工程の都合上、
完成内覧会を開催することができません。

そこで、完成間近の【湘南台の家】を、
数回に分けて、ブログにてレポート致します。

外壁は、イザットブリック「レッドリバー」
全体は完成までお待ち下さい☆

玄関に入ると、真っ白な吹抜け空間が拡がります。

リビングルームは、
階段下を、収納と洗面台に有効活用。
アーチ型の開口部が柔らかな空間を創りだします。

洗面器は、アーチ型と対照的に、シンプルでシャープなスクエア型。

高校生のご長男のお部屋は、勉強机をオーダーメイド。
座った位置・立った位置から考慮して測った棚と、
昔から硬くて丈夫と重宝される【タモ】のカウンターに、
目線には、木のぬくもりを感じる【パイン】の張り板を。

これだけ広ければ、辞書に参考書に図鑑にパソコンなどを置いても
まだまだスペースたっぷりです。

今後も、完成した部分から徐々にレポート致します。


2007年11月07日

自給自足 その6  冬

すっかり自給自足が板に付いてきた、わが家。

冬の家庭菜園に挑戦!!

比較的育ちやすいホウレン草と、
プランターで如何ほど育つのか心配の人参。

ホウレン草たち           人参たち
  

間引きをします。          間引きしたホウレン草は、サラダにしました。
 
間引きした人参は、かるく揚げて砕き、ポタージュに浮かべて食べました。

冬と言っても、寒さ本番はこれから、勝負もこれからです!


2007年11月04日

ご覧いただけましたでしょうか?

ついに発売!!
ブログで告知していた『月刊ハウジング 2007年12月号』

会社でも見たのですが、
本屋さんでも見ちゃいました!

 ←これが、その表紙です。


*是非、実物もご覧下さい*

こっそり平積みしてきちゃいました!!
  
しかも、藤沢・町田・相模原・調布・新宿・渋谷・目黒・品川・横浜と、
発売後に出かけて行くところ行くところの本屋さんで平積み・・・

さすがに、掲載ページを開いてくるという大技はできませんでした。

罪に問われませんよね・・・

2007年11月02日

虫虫むー

わが家に、珍客がいらっしゃいました。

【ゾウムシ】さんです。

『ファーブル昆虫記』で知っている方が多いかと思いますが、
わたくしも、その一人です。

実物とは、初めての出会いでした。

幼い頃に読んだ本の中にある摩訶不思議な生き物が、
目の前にいる・・・  摩訶不思議。

さっそく、触ってみる。
と、死んだ・・・!!

いえいえ。
ゾウムシの仲間のほとんどが敵から身を守るために行う、
【擬死(死んだふり)】という行為。
手から離すと。2分くらいはそのまま。
その後、もそもそ動き出します。
また触ると、擬死。 離すと・・・の繰り返し。
うーむ。摩訶不思議。

世界には、まだまだ多くの出会いがありそうです。

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ