« 2008年06月14日 | メイン | 2008年06月24日 »

2008年06月22日

【SHOP reportァ曄_閥颪妊┘灰灰

SHOPに家具がやってきました。

大工さんが床材でつくった、手づくり家具です。
この家具は、質感がたまりません。

この質感の秘密は、この床材が【ECOな存在】であること。
実は、お寺の工事で使われていた足場板(無垢杉)を
床材としてリユースした材料なのです。

そして、この材料、最大の魅力は、
《職人さんを支えてきた時と年季》
年季の入った職人さんを支えて年季が入った杉板。
たまらないですね。

現在、完成間近の【海老名市国分寺台の家】にて
使われている床材と同じものです。
お施主様の御厚意で、7月4日まで、
ご希望の方には、御予約制でご案内させていただけます。
ご予約はこちらまで。

さて、【家具でエココロ】
今回は、リユースでエココロでした。
そして、この《リユース》がポイントです。
例えば、リサイクルは再度別のものに姿を変える際、
製造の過程でエネルギーを使ってしまいます。
でも、リユースはそのまま使うので、余分なエネルギー
消費を避けられます。
建空間では、建替えの際に、思い出のつまったつくり
付け家具や再利用可能な木材等も、リユースします。
思い出を新しい家に引継ぎ、地球にもやさしい家。

お勧めしている雨樽も、雨水のリユースはもちろん、
この雨樽自体も蒸留酒の酒樽をリユースしたもの。

そして、つくり付け家具も、家づくりに使うものと同じ材料で
つくると、現場のリデュースにもなります。
(今回のように、床材と同じ材で家具をつくると、別途家具
用の材を発注することなく、寸法も床では余ってしまう分
を家具に組み込んで計算すれば、廃材も減ります。)

エココロをもってECOな家をつくる。とても大切だと思います。

…参考までに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*リユース (Reuse):一度使用した製品を、そのまま再
利用すること。
*リデュース(Reduce):環境負荷や廃棄物を減らすため、
無駄に必要以上な消費、生産を抑え、行わないこと。
*リサイクル(Recycle):製品化された物を再資源化し、
新たな製品の原料として利用すること。

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ