« 2008年08月09日 | メイン | 2008年08月20日 »

2008年08月10日

親子愛

昨今の、家族による悲痛な事件の多さに嘆き苦しみ、
ここまで増えた現状に何があるのかと、答えのない
問題について頭を抱えてしまい、自分が親になった
時のことを思い、悩んでしまう。

でも、両親に会うと「余計な悩みだ。」と、なぜか思える。
不思議なものです。

さて、出だしから重い内容ですが、
先日、親子愛に涙しました。

バルコニーから、途切れることのない鳥の声が聞えてきました。

よく見ると・・・

鳥のお尻。可愛い。
でも、何だか様子がおかしいのです。
近寄っても逃げないし、鳴きっぱなし。しかもその声質が若い。

すると、頭上に
 
両親の鳥(2羽なのでおそらく)が、近くを飛んでいます。
「燕」です。

どうやら巣立った子燕が、飛ぶのを躊躇い
kato家バルコニーにとまったようです。

親鳥は、何度か姿を遠ざけるものの、5分おき位に
子燕の前に飛ぶ姿を見せに戻ってきて、声をかけます。

(親燕カメラ目線!すみません。脅かすつもりはなかったのですが。)

ついに、子燕は震える細い足で体勢をかえ、前向きに!

そして、1時間以上に及ぶ親子燕のやり取りが繰り返された後、
無事、飛び立っていきました。

katoあまりの感動に涙ボロボロ・・・
カメラの存在も忘れていました。
飛び立つ姿は目に焼きついています。

この日は、36度を超える陽射しの強い猛暑。
しかも時間は正午をまたいでいました。
子燕の足だって熱かったはずです。
もちろん、親燕だってかなりの暑さに耐えていたはず。
でも、親を求めて必死に鳴き続ける子を、
何度も何度も勇気付け飛び続ける。

親子は命をわけあって生きています。
実感しました。


ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ