花粉症対策

花粉症が流行しています。

katoは、実は卒業生です。
花粉症を卒業して、10年が経ちました。
当時は思春期にもかかわらず、
5年間は杉花粉が飛散する時期になると、
ティッシュ箱を持ち歩き、
学校の机の横にもティッシュ箱をぶら下げ、
悲しくもないのに、鼻水をすすりながら泣く日々・・・
切ない日々でした。

ここ数年は、ちょっと鼻がむず痒くなる程度。

でも、家族・知人が悩まされておりまして、
その苦しみを知っているkatoは、番組や雑誌、口コミで
「花粉症に効く!」と聞くものは、全て試していただこうと、
御節介にならない程度に手助けをしております。

昨年は、【土筆】が効くと聞き、
野原で1時間半も幼少期のように、日が暮れるのも忘れて
土筆採りに勤しみました。
結果は、人それぞれ。

今年は、とにかく【粘々食材】が効くと聞き、
まずは納豆から!と、主人のご両親の故郷であります秋田の名産
【桧山納豆】を。
あの江戸時代から歌い継がれる『秋田音頭』
「秋田名物〜♪」にも出てくる名物納豆です。

藁に包まれ寝かされた大粒納豆。
泣く子を起こし・・・


かき混ぜ開始。
力いっぱい右に10回・左に10回と、空気を含ませながら繰り返すと、
粘りは想像以上!


計60回くらいかき混ぜると、90gが一気に箸にくっつき持ち上がるほど。
しかも、粘りが強いため持ち上げるのに力がいる。

醤油・生卵・細かく刻んだキムチと浅葱を入れ、
(納豆はキムチと食べると血液サラサラ効果が増すとか・・・)
今年、悲しくも花粉症デビューの主人に食べてもらいました。

結果は・・・
雨の日の翌日、晴れわたり風が吹く中、症状が和らいでいました。

効いたかな・・・と、心の中で呟きつつ、
次の必殺【粘々食材】は・・・ 
お楽しみに。

【春の味覚】

すっかり、春めいてきました。

そんな中、【春の味覚】である、
【蕗の薹】、【たらの芽】、【菜の花】狩りに行って参りました。


他にも、両親の故郷から送られてきた【こごみ】も。

冬の雪どけと共に、春の便りを届けてくれる立役者さん達。
採るのもとても楽しく、
天麩羅や御浸し、蕗味噌にして、
食べるのも美味しく、
感謝感謝でございます。

そして、湘南でも、春を発見。

そんな中、
日本で育てられる果実や野菜に変化が出てきていると、
ニュースで取り上げられていました。
農家の方々は、温暖化による気候変動で、
植物の成長に大きな影響が出ていると話していました。

自分が気づかない内に起きている問題に、
気づかないままで良いのかと不安に。

気づけば、蕗の薹が例年より小さかったような・・・

四季や季節の移り変りに一層鋭敏になることで、
そして、気づくことで出来ることがあるのではないかと。
反省するkatoでした。

家づくりについて・・・

ブログを見て、ふと傾げる。

「このブログは家づくりについてあまりに触れられていない。」
と、不満に思っておられる方がいるかもしれない。

という、一念。

【家づくりブログ】は、
実は別に、オリジナルのホームページにございます。

是非、家づくりレポートについてはこちらをご覧くださいませ。

あっ!!
こちらのブログも引続き御愛顧いただけますよう、
お願い申し上げます。

探訪記[食編А蓮々い酒

前回の食編にて、
「わたくしがアルコールに弱いお子ちゃま・・・」と
書いていながら、お薦めするのが。

【黒ビール】

本当は強いのでは・・・と、
思われた方もいらっしゃると思います。
が、本当に強くありません。念のため。

わたくしは、【GUINNESS -ギネス-】に出会った時から、
黒ビールの虜歴7年。

それからというもの、黒ビールを見つけると
買わずにはいられません。

そんなわたくしが出会ったのが、
【TOKYO BLACK】

今まで出会った中で、一番 ぐぐぃっっ。ときた黒ビールでした。

しかも、気になって見た会社名が・・・

【株式会社 ヤッホー・ブルーイング】
ぷぷっ。と思い、HPをチェック。

是非、宜しければお試し下さい。

【SHOP reportぁ曄,未ぬく床下暖房

春一番・・・
と、思いきや冬の寒さ再び。

暖かさと寒さを繰り返し、
土の中の生き物も段々気づき、
春支度をするのでしょう。
人間は、風邪をひかぬように気をつけましょう。

さて、そんな寒さの中、【床下暖房】は大活躍。
ほのかに温かい。やさしい温もりが空間にほんわりと。

はるばる、床下暖房をご体感にいらして下さる
お客様もいらっしゃいます。

暖かくなって、床下暖房が長期休暇をとる前に
是非、ご体感されにいらして下さい。

春一番

春の気配感ずる日々が続いております。
いかがお過ごしでしょうか。

本日、春一番がやってきました。
湘南では、春の到来を喜びつつも、
海岸から春一番に乗って打ちつけてくる
砂の嵐に目をシパつかせております。

さて、katoは先日一足先に春を満喫。

この黄色の絨毯は・・・


菜の花

年甲斐もなく、はしゃいだのは言うまでもありません。

春が来るだけで浮かれてしまうのは、
暖かさだけではなく、色鮮やかな風景が戻ってくるからでしょうか。

【探訪記 家編ァ曄‖臘蹐硫 レポート

約束どおり更新です。

【藤沢市大庭の家】の全貌を公開後編です。

1階〜2階〜小屋裏へと続く階段

**小屋裏への階段を露出階段にすることで
吹抜けからの光を2階まで届けます。**

家具を入れる必要がないよう、壁一面を収納に。

**以前からお持ちの桐箪笥も収納できるようにすることで、
地震時に箪笥が倒れてくる心配もありません**

ご長男のお部屋は、造りつけカウンターも
PCやプリンターなど置く物を考慮して設計

階段を下りる時、目の前には吹抜けの大きな窓が。

そして、この窓の向こう側には、
K様が新築したら植えたいと願っていた【はなみずき】を植えるスペースが。

大きく育つと、木漏れ陽が吹抜けの窓から降り注ぎます。

ではまた、必ず1週間以内に・・・

自給自足 その7  寒い中、収穫

2007年11月7日のblogにありました、
ほうれん草たちと、
人参たちが大きく育ちました。

ほくほく収穫です。

人参たち。全長は10〜15cmほど。
人参特有の青い香りが強いのですが、
皮のまま生で食べると、ポリポリ甘い甘い!
生後10ヶ月の友人のbaby君も、生でフードプロセッサーにかけ、
あ〜んと一口・・・もぐもぐにまーと笑顔でした!

ほうれん草たち。全長は20cmほど。
香りは特に強くありませんが、味は濃ゆい!
今時期は鍋に入れてもりもり食べてます。
もちろん無農薬のため、アブラムシと食うか食われるかの戦いです。

収穫後のかじかむ手で、
冷た〜い水でじゃぶじゃぶ土を落とし、
寒い冬をいっそう満喫する日々であります。

【探訪記 家編ぁ 早速・・・

もうすでに、前回の更新から2週間が経過・・・

早速、本年の抱負が・・・・・・・・・・・

というわけで、穴埋め(?)として、
今日は2回分を更新です!

先日は、寒さ厳しい中 【藤沢市大庭の家】にて開催いたしました
完成内覧会に足をお運びいただき、
誠にありがとうございました。

さて、その大庭の家の全貌を明らかにします!!

シルバーのガルバリウム鋼板+オレンジの塗り壁の
コントラストが映える外壁
 

ポストがポイントのエントランス。
外灯はパーキング用と扉用です。

エントランスを入ると、リビングダイニングへと続く
光射す明るい廊下
 

白に統一された清潔感のある明るいキッチン

ダイニングに向いたカウンターは、調味料などの
ちょっとした物をしまえる棚も兼ねて。

**キッチンは廊下に面しているので、動線を考え、
廊下側と勝手口側の両方から通れるように開口部を
設けてあります。**


人目の気になるパウダールームは、高い位置に窓をつけ、
天井から降り注ぐ光が溢れるスペースに。
 

パウダールームの天井までの壁面収納は、
デッドスペースを有効利用したスペース

白とダークブラウンのコントラストの
明るく落ち着いた空間に、木の温もりをプラス。

足元の窓は、人目を気にしない明り取りと同時に、
わんちゃん専用『のぞき窓』に。
ご主人様の帰りをここから見て待っています。

**カウンターの脚は、梯子状にすることで、
雑誌や新聞のラックにもなります。**

階段下のスペースは全て収納スペースに。

内部は、向かって左が「フリースペース+床下収納」
右は、「可動棚を入れた書類や衣類などの収納」に。

長くなってきましたので、「階段から2階へ」は、
また来週〜♪

【SHOP report】 りにゅーある

早速、抱負にかかげた【ブログ週1回更新】に陰りが・・・

さて、年も変わり、
節分を迎え、
建空間も変わります。


変化にお気づきいただけましたでしょうか。


家具が変わり、お打合せスペースも広々と。


お子様に無垢の木の温もりを感じていただきながら
遊んでいただけるスペースも設けました。

是非、遊びにいらしてください。

ちなみに、現在、模型も変身中です。

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ