探訪記[食編Α蓮.皀辧璽肇!!!!! 

友人がやっているオープンテラスバーで出会った飲み物をご紹介。
突如と、私の好きな飲み物ベスト3にランクインした運命の物。

その名は、
【バージンモヒート】

実際は【モヒート】というお酒で、
キューバのハバナが発祥地のカクテルとのこと。
ライムのシロップ付けをラムとソーダで割り、
ミントを浮かべ、完成。

ただ、わたくしがアルコールに弱いお子ちゃまのため、
友人がラムを抜いた【バージンモヒート】というものを
用意してくれていたのです。

早速、つくり方を習い、
家で休みの日にゴキュゴキュ飲んでいます。

【わが家での簡単なつくり方】
*ライム(レモン・オレンジを加えるととってもフルーティ)を
皮ごと1.5cm角ほどに切る
*グラス1杯のお湯に、キビ砂糖を大さじ3杯入れ溶かし、
人肌に冷ます→シロップ
*切っていた柑橘類をシロップに入れ、一晩置く
*完成したものをシロップごと(量はお好み)入れ、ソーダで割り、
 フレッシュミントを入れて、出来上がり*
  

ラムの入ったモヒートを飲んでいる人と一緒に
バージンモヒートを飲んでいると、だんだん酔ってくる気がする…


【探訪記 家編 曄‐兎鄲罎硫函ヾ粟直前を公開!

【湘南台の家】は、
大変残念なのですが、工程の都合上、
完成内覧会を開催することができません。

そこで、完成間近の【湘南台の家】を、
数回に分けて、ブログにてレポート致します。

外壁は、イザットブリック「レッドリバー」
全体は完成までお待ち下さい☆

玄関に入ると、真っ白な吹抜け空間が拡がります。

リビングルームは、
階段下を、収納と洗面台に有効活用。
アーチ型の開口部が柔らかな空間を創りだします。

洗面器は、アーチ型と対照的に、シンプルでシャープなスクエア型。

高校生のご長男のお部屋は、勉強机をオーダーメイド。
座った位置・立った位置から考慮して測った棚と、
昔から硬くて丈夫と重宝される【タモ】のカウンターに、
目線には、木のぬくもりを感じる【パイン】の張り板を。

これだけ広ければ、辞書に参考書に図鑑にパソコンなどを置いても
まだまだスペースたっぷりです。

今後も、完成した部分から徐々にレポート致します。


自給自足 その6  冬

すっかり自給自足が板に付いてきた、わが家。

冬の家庭菜園に挑戦!!

比較的育ちやすいホウレン草と、
プランターで如何ほど育つのか心配の人参。

ホウレン草たち           人参たち
  

間引きをします。          間引きしたホウレン草は、サラダにしました。
 
間引きした人参は、かるく揚げて砕き、ポタージュに浮かべて食べました。

冬と言っても、寒さ本番はこれから、勝負もこれからです!


ご覧いただけましたでしょうか?

ついに発売!!
ブログで告知していた『月刊ハウジング 2007年12月号』

会社でも見たのですが、
本屋さんでも見ちゃいました!

 ←これが、その表紙です。


*是非、実物もご覧下さい*

こっそり平積みしてきちゃいました!!
  
しかも、藤沢・町田・相模原・調布・新宿・渋谷・目黒・品川・横浜と、
発売後に出かけて行くところ行くところの本屋さんで平積み・・・

さすがに、掲載ページを開いてくるという大技はできませんでした。

罪に問われませんよね・・・

虫虫むー

わが家に、珍客がいらっしゃいました。

【ゾウムシ】さんです。

『ファーブル昆虫記』で知っている方が多いかと思いますが、
わたくしも、その一人です。

実物とは、初めての出会いでした。

幼い頃に読んだ本の中にある摩訶不思議な生き物が、
目の前にいる・・・  摩訶不思議。

さっそく、触ってみる。
と、死んだ・・・!!

いえいえ。
ゾウムシの仲間のほとんどが敵から身を守るために行う、
【擬死(死んだふり)】という行為。
手から離すと。2分くらいはそのまま。
その後、もそもそ動き出します。
また触ると、擬死。 離すと・・・の繰り返し。
うーむ。摩訶不思議。

世界には、まだまだ多くの出会いがありそうです。

探訪記[食編ァ蓮.瓮鵐船ツ

先日、外出から戻った社長から、いい香りが・・・

いい香りと言いましても、お腹のむしが「ぐきゅるるるぐぅ〜」と騒ぐ香り。

その正体は、【メンチカツ】

仕事で出かけた先への通り道に、
メンチカツで有名なお肉屋さん【太田屋】があったからと、
お土産に買ってきてくれたのです!
「冷めても美味しいし、温め直しても美味しいから、お夕食に」と、
スタッフ全員に家族分プレゼント!太っ腹です!!

なんとこのメンチカツは、高座豚と前沢牛の合挽き肉に秘伝(?)のスパイスを
プラスした、とっても贅沢なメンチカツ。もちろん、本当に美味しい!

なのに、ひとつ 100 円 !! 

(社長の太っ腹度を暴露してしまった?
 いやいや。価格では計れない味を伝えてくれたことも太っ腹です。)

事務所中に、アルデの威力にも負けないメンチカツの芳醇な香りが充満し、
家路につくまでお腹のむしが鳴き止まなかったことは言うまでもありません。

車好き

私、車好きです。

と言いましても、メカニックではなく、
デザイン、フォルムについてだけです。

父が、車のデザイン設計に携わっていた影響でしょうか。

そんな、私が興奮気味に横浜中華街に行ったのは、
10月16日のことです。

【La Festa Mille Miglia 2007 ラ・フェスタ・ミッレミリア】

毎年恒例のこの行事は、
車のデザインの歴史を感じるclassic carsによる、
日本を巡る(start原宿→goal中華街)走行距離1000マイルスタンプラリーレース。

 

 


ALFA ROMEO AC ACE BENTLEY SALMSON GS8 ROLLS ROYCE etc・・・

著名な方も、多く参加されてました。
 横浜市長
 近藤真彦さん

そして最後は日本の名車!!

 

【TOYOTA 2000GT】

車もお腹いっぱい。中華料理でお腹もいっぱい。
満腹満腹の一日でした。

【peace and The earth !!】

8月のブログにて、一方的にご紹介いたしました、
【不都合な真実 An Inconvenient Truth】の著者であります、
アル・ゴア Albert Arnold Gore, Jr.氏(元アメリカ合衆国副大統領)が、
ノーベル平和賞を受賞されました。

受賞賞金の150万ドル(日本円にして約9000万円)は、
全てNPO団体【気候保護同盟 Alliance for Climate Protection】*に
寄付されるそうです。
*アル・ゴア氏が会長を務めている同盟で、危機的状況の気候について訴え、
解決策を考えるという環境問題に取り組む団体。夏には、世界7大陸での
SOS-LIVE EARTHをプロデュースして話題になっていました。

環境問題には、多方面からの取り組みがあり、それは考え方ひとつだと思います。

今回、アル・ゴア氏と共に同賞を受賞した
【政府間パネル IPCC=Intergovernmental Panel on Climate Change】*
も、その大きな1つだと思います。
*人為的な気候変動のリスクに関する最新の科学的・技術的・社会経済的な知見を
とりまとめ評価し、各国政府にアドバイスとカウンセルを提供することを目的とした
政府間機構

この受賞を機に、私もそうであるように、
多くの人がまた考えるきっかけを得られたらと思います。

【viva自然!viva魚!】

先日、秋晴れの中、船釣りにて久里浜沖まで。
今回は、主人と父と私の3人を含め、
一隻に6人という好条件で気合十分。

釣果は・・・真鯛 石鯛 いなだ 潮騒河豚 かわはぎ 宗太鰹 はな鯛
合計 約30匹

石鯛を釣った父

早速、その日のお夕食に・・・
【いなだ + はな鯛】
いなだは刺身と塩焼き。はな鯛は昆布〆めと尾頭付塩焼きに。
*豆知識:いなだは、出世魚である鰤の40cm大の頃の呼び名です。
      (一般的にはまちの手前)

【真鯛 + 宗太鰹】
真鯛は刺身。宗太鰹はたたきに。
*豆知識:はな鯛と真鯛の違いは、尾の先が茶色に縁取られているのが真鯛。
      宗太鰹は、よく鰹節の原料となる鰹です。

他にも、船の上で船頭さんにさばいてもらった
河豚は、刺身と唐揚に。 石鯛は刺身に。などなど

今回も、お腹いっぱい大満足でした!
海に感謝!ごちそうさまでした。

次は、公魚釣りに烏賊釣りも行きたい・・・

旬を食べる。

近頃は、温暖化の影響もあってでしょうか。
気候も、不安定で暦どおりにならない日が続いております。
そんな中でも、植物は生命力強く、例年通りに実ります。

秋。

何かわかりますか。

実家に【アケビ】がなりました。
昨年は少々不作で、青味が残る味でしたが、
その反動(?)もあってか、今年は甘〜い果実となりました。
しかも、豊作。

種が少々難ありですが、口いっぱいに頬張ると
幸せ〜な甘さがひろがります。

旬 = 季節を忘れないでいたいです。
そろそろ、金木犀の香る頃ですかね・・・

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ