メイン

2009年01月18日

SHOP report  【style change2】

前回のSHOP reportの続きです。

2階のstyle changeに伴い、
1階にあった、テーブル+チェアを2階に移動したのですが、
もともとあった場所はどうなっているかといいますと・・・

 続きはこちら。

2009年01月14日

SHOP report  【style change!】

2009年も何卒よろしくお願い申し上げます。

すっかり、2009年のblog更新が遅くなってしまいました。
(あっ!イベント情報は更新しています!!)

と、言いますのも、
SHOPが年明け早々に、style変更しましたため、
ちょっとだけ、ドタバタいたしておりました。

では、早速 report いたします。
 続きはこちら。

2008年12月25日

【SHOP report】 Joyeux Noel!

クリスマスですね。
katoは、SHOPの掃除にいそしみました。

さて、SHOPもクリスマスの装いは今日まで。

でも、キラキラは・・・

 続きはこちら。

2008年12月19日

【SHOP report】 クリスマス

すっかり、町中がクリスマス一色ですね。

イルミネーション
音楽
クリスマス料理の本など、
どこに行ってもクリスマス気分になります。

そして、
建空間にもクリスマスがやってきました!

 続きはこちら。

2008年12月06日

【SHOP report】 衣替え

ぽかぽか陽気が続く冬でしたが、
年の瀬らしい寒さがやっと感じられる今日この頃です。

そんな中、SHOPの一部を衣替えです。

ずっと、カーテンに隠れていた場所が変身!
 続きはこちら。

2008年09月18日

【SHOP report】 お手入れ

夏になると、肌が日に焼けます。
SHOPでも日焼けに悩む子がおります。

デッキさんです。

外国人スタッフではなく、ウッドデッキです。

SHOPのウッドデッキは、
【サイプレス】という、オーストラリア産の檜(豪州檜)で
できています。最近では、ウッドデッキでよく使用される
ようになった注目の木材。
他には、内装床材、外壁などでも使用されています。

サイプレスは、ヒノキチオールという白蟻が苦手とする成分
を含んでいます。
また、腐り難く耐久性が高いので、ウッドデッキに最適。
お手入れせずとも、20〜30年はもつ程。
他には、檜の香りが爽やかで、リラックス効果があります。
(アロマやリラックス商品にも使用されています。)

そんなサイプレスも、日に焼けると色が段々白みを帯びてきます。
(人とはちょっと違います。)
でも、お手入れをすると表情を変えます。

SHOPでは、《浸透性オイル》を塗りました。
画像向かって左側(濃茶色)がオイルを塗った部分。
右側(灰色)が塗っていない部分。
 

そして、撥水効果も違ってきます。
雨が降った日の様子。
左:オイルを塗った部分。         右:オイルを塗っていない部分。
 

ただ、耐久性に大きな違いがでるというわけではなく、
見ていただくとおわかりいただけますよう、
色の鮮やかさに違いがでます。

ですので、日に焼けた色・質感が、お嫌いでなければ、
お手入れをしなくても大丈夫です。

無理にお勧めしない理由は、
実は、このオイルが非常に高価なのです・・・

もし、塗るかをお悩みの時は、
SHOPのウッドデッキは、今もその違いがわかるように
なっていますので、是非見にいらして下さい。

*ここで注意していただきたいことがあります。*
「ペンキはご法度!!」ということ。

ペンキを塗ると、空気を通さなくなってしまい、
木が呼吸できず、腐ってしまいます。
木、本来の姿にしていてあげれば、呼吸をし、
耐久性が高い木材は長持ち、長生きしてくれます。
塗料は、木が呼吸できるものかどうか確認することを
お忘れになられませんよう、ご注意下さい。

2008年09月11日

【SHOP report─曄_適の証明

お約束の【SHOP report】の更新です。

さて、ECOで快適な家をつくり続けております。
その、ECOで快適とはいかほどかを、
体感型SHOP(=家)になってから、
証明できるデータとして秘かにため続けています。

ずばり、
「SHOPのあらゆる空間の温度+床下の湿度を、
365日1時間ごとに記録した折れ線グラフ。」
(さして、驚かれませんでした・・・よね。)

あらゆる空間とは、
                                  玄関外(直接日が
2階ストックルーム      2階勾配天井(ロフト部)  当たらない部の外気)
  

他にも、多くの箇所に設置しています。

そして、画像にある、この黒い5cmほどのものが、
優れものさんでして、温度・湿度を測り、
そのデータをパソコンで回収できるよう処理してくれる影の立役者。

では、そのデータを一部公開します。

今年の7月12日〜20日のデータで、
 青線が1階室温
 (*1階のエアコンをつけていません。2階のエアコン1台のみ除湿運転。)
 赤線が外気温 
外気が、34度を超える日が続いた週です。
そんな猛暑の日でも、室内は26〜28度を保っています。

お打合せにいらしていただいたお客様も、
SHOPに入った瞬間、「涼しい」と。
そして、エアコンつけてないことをお伝えすると、
さらに驚かれます。

ずばり、エアコンの稼働が抑えられ省エネ=ECO。
そして、快適。

もし、SHOPにいらっしゃいました時には、
気になる日の、気になる空間のデータをお申し付け下さい。

例えば、思い出のお誕生日や結婚記念日ですとか・・・☆


2008年07月24日

【SHOP reportА曄‘本伝統の日避け

江ノ島の、夏の斜陽は強い・・・

ですが、SHOPの西日があたる窓には、
カーテンもブラインドも設けていません。
光が降り注ぐ階段がキレイなので、
設けたくないというのが本音。

でも、そのための被害(?)を一身に受けているのが、
何を隠そう、わたくしkatoです。

katoの席が、西日を受ける窓の前方に位置しています。

ちょっとだけ、ぶつぶつ言ってしまった日もありました。

すると、その窓を代表 柏瀬が開けたり、閉めたり・・・

そんなある日、窓にふと目をやると、
・・・スパイダーマン???

バルコニーに出て、こっそり確認。
 「社、社長・・・」


 「ばれた?」といった表情。


いったい、何をしていらっしゃるのですか・・・

  

なんと、そこには簾が。

粋な日避けですね。
完全に光を通さないものに比べ、
木漏れ日のような光の、その陰影、趣が涼しげです。

風流・・・

酷暑の日には、簾に水を浴びせるとより一層涼しくなります。
皆様もいかがですか。

2008年06月24日

【SHOP reportΑ曄々哨療腓僚蕾

江ノ島では暖かくなると、【猫】と【surfer】の姿が増え、
その姿に、江ノ島に穏やかな夏がやってきたのだと気づきます。

  

海も、高い太陽の光をうけ、いっそうその青さを増してゆきます。

そんな初夏の海が、SHOPに・・・

海・・・大袈裟で申し訳ありません。
ただ、これ手づくりなので、blogに載せたくて。

ハイドロカルチャー(Hydroculture)。いわゆる、「水耕栽培」。
海の青をイメージした4色のハイドロカルチャー用の砂を用意し、
ガラスの花器に、波を描くように何層にも砂を入れ、ハイドロカル
チャー用の植物を植え、砂を湿らせる程度に水を流し入れ、完成。

初めてなので、未だ未だですが、また秋には秋色の模様に挑戦
したいと思います。

2008年06月22日

【SHOP reportァ曄_閥颪妊┘灰灰

SHOPに家具がやってきました。

大工さんが床材でつくった、手づくり家具です。
この家具は、質感がたまりません。

この質感の秘密は、この床材が【ECOな存在】であること。
実は、お寺の工事で使われていた足場板(無垢杉)を
床材としてリユースした材料なのです。

そして、この材料、最大の魅力は、
《職人さんを支えてきた時と年季》
年季の入った職人さんを支えて年季が入った杉板。
たまらないですね。

現在、完成間近の【海老名市国分寺台の家】にて
使われている床材と同じものです。
お施主様の御厚意で、7月4日まで、
ご希望の方には、御予約制でご案内させていただけます。
ご予約はこちらまで。

さて、【家具でエココロ】
今回は、リユースでエココロでした。
そして、この《リユース》がポイントです。
例えば、リサイクルは再度別のものに姿を変える際、
製造の過程でエネルギーを使ってしまいます。
でも、リユースはそのまま使うので、余分なエネルギー
消費を避けられます。
建空間では、建替えの際に、思い出のつまったつくり
付け家具や再利用可能な木材等も、リユースします。
思い出を新しい家に引継ぎ、地球にもやさしい家。

お勧めしている雨樽も、雨水のリユースはもちろん、
この雨樽自体も蒸留酒の酒樽をリユースしたもの。

そして、つくり付け家具も、家づくりに使うものと同じ材料で
つくると、現場のリデュースにもなります。
(今回のように、床材と同じ材で家具をつくると、別途家具
用の材を発注することなく、寸法も床では余ってしまう分
を家具に組み込んで計算すれば、廃材も減ります。)

エココロをもってECOな家をつくる。とても大切だと思います。

…参考までに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*リユース (Reuse):一度使用した製品を、そのまま再
利用すること。
*リデュース(Reduce):環境負荷や廃棄物を減らすため、
無駄に必要以上な消費、生産を抑え、行わないこと。
*リサイクル(Recycle):製品化された物を再資源化し、
新たな製品の原料として利用すること。

2008年02月26日

【SHOP reportぁ曄,未ぬく床下暖房

春一番・・・
と、思いきや冬の寒さ再び。

暖かさと寒さを繰り返し、
土の中の生き物も段々気づき、
春支度をするのでしょう。
人間は、風邪をひかぬように気をつけましょう。

さて、そんな寒さの中、【床下暖房】は大活躍。
ほのかに温かい。やさしい温もりが空間にほんわりと。

はるばる、床下暖房をご体感にいらして下さる
お客様もいらっしゃいます。

暖かくなって、床下暖房が長期休暇をとる前に
是非、ご体感されにいらして下さい。

2008年02月05日

【SHOP report】 りにゅーある

早速、抱負にかかげた【ブログ週1回更新】に陰りが・・・

さて、年も変わり、
節分を迎え、
建空間も変わります。


変化にお気づきいただけましたでしょうか。


家具が変わり、お打合せスペースも広々と。


お子様に無垢の木の温もりを感じていただきながら
遊んでいただけるスペースも設けました。

是非、遊びにいらしてください。

ちなみに、現在、模型も変身中です。

2007年11月14日

【SHOP report◆曄〜蚤の冬

前回の「ECOを発見!」が、結果的に SHOP の紹介となり、
この反響がよろしかったので、
SHOPにて、katoの目が発見したことを、
【SHOP report】シリーズとして、ご紹介していきたいと思います。

さて、冷え性の癖に靴下があまり好きではない。
と言うよりは素足好きの私は、SHOPではほぼ素足で過ごしています。

そんな中、急に冷え込んだ近頃、(その後は小春日和が続いてますが。)
素足でも居心地が良いことに気づきました。
たまたま築30年近くになる実家に、仕事のあとに寄ったことで
その違いを発見!

パインの無垢材の優しさも然る事ながら、やはり外断熱工法の賜物と再実感。

地面に近い1階は、2階よりも比較的室温が低い。


それでも温もりのある無垢材パインの床

寒い冬に、体感しにいらして下さい!
温かいお飲み物を用意してお待ちしております。

2007年11月11日

ECOを発見!

突然ですが、
弊社のSHOPは【体感型モデルSHOP】です。

ですので、30坪の家として設計デザインされております。
もちろん、住宅設備もすべて揃っています。

そこに、ECOは潜んでいました。

オリジナルプランの洗面台に・・・

ひねるだけでECOになる水栓!!

これは、環境に配慮し、グッドデザイン選定商品でもある、
INAXのサティスシリーズの洗面器です。

デザイン性の考慮と環境への配慮を両立しているとは、素敵。

オリジナルオーダー家具は、好みに合せてデザインが可能です。
その分、ご提案回数が増えたり、
色々と好みのお話を聞かせていただきながらのプラン設計となります。
でも、これこそ家づくりの醍醐味ですよね!

ブログ投稿者
店長:和田 高志
1955年7月14日生まれ
趣味:読書、犬の散歩
出身地:神奈川県藤沢市
ライトバナー3

ライトバナー

お客様ホームページ