« 2007年01月 | メイン | 2007年07月 »

2007年02月28日

ちょっと知っとくと!!

もうすぐ雛祭ですね。
雛祭の雑学をひとつ。
もともと旧暦の3月3日が桃の花の咲くころだったために桃の節句といい
今で言う4月上旬にお祝いをしていたそうです。
因みに、新暦の月遅れで行事を行うことを中暦というそうです。
中国で桃には魔よけの力があると考え、桃の花の入った酒を楽しんだり
葉を入れたお風呂に入ったので、みそぎ祓いの日と考えていました。
この代表的な行事がながし雛です。
いつしかこれがひいな(おままごと)遊び
一緒になり雛人形を飾る雛祭が生まれたそうです。
もともと桃の節句も5月5日の端午の節句も男女の差は無かったものの
江戸時代に入って人形を飾る桃の節句を女の子の節句。
菖蒲(勝負)のお風呂に入る端午の節句を武士の子供達のために
男の子の節句としたといいます。

2007年02月13日

ちょっと知ってとくと!

納豆騒動もようやっと治まりましたが
納豆豆腐の意味と漢字の関係に疑問を持った事ってありませんか?
よく豆腐は豆を箱の中にまっているし、納豆は豆をらせたものだし、ジャン!!
と思いますよね。    ここで雑学
そもそも中国ではの字には「腐る」の意味はなく「ブヨブヨしたもの」という
意味だそうです。因みにヨーグルトは乳腐と書くのですが、
これも「ブヨブヨしたもの」という意味から付けられた漢字だそうです。
よって、豆がブヨブヨしたもので豆腐と書きます。
話は戻りますが、では納豆はというと、納豆はお寺の台所でつくられたもので
そもそも台所を納所といい、そこから納所でつくられた豆だから
納豆と書くそうです。

2007年02月07日

節分

遅ればせながら、節分の雑学をひとつ!
節分といえば豆まき。「福は内、鬼は外」ですよね。
ただ、東京の鬼子母神や、埼玉の鬼鎮神社などでは
「福は内、鬼は内」と言ったりします。
ここまではご存知の方も多いでしょう。ここからが雑学です。
昔の丹羽藩では「お丹羽外」にならないように「は」をはずし
「鬼外」と呼んでいたとの事です。
また、群馬県の鬼石町では「鬼は内」と呼んで
全国で疎外された鬼を歓迎してあげるとか・・・・。
まるで10月、神無月を、出雲では神有月というのを
思い出してしまいました。日本って面白い!!

写真は関係ありませんが、夜の浅草寺です。

PA0_0024.JPG

代表:藤本浩史
代表:藤本浩史
1964年10月24日生まれ
趣味:合気道、ゴルフ(遊び程度)
出身地:東京都新宿区
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ