« フランス料理 | メイン | 阪神戦 »

和製英語

金、土、日の3日間、 巨人ー阪神 盛り上がりました。
我が阪神タイガースの3連勝で阪神がとうとう首位に!!
いずれの試合も見ごたえがあり、試合終了時にはクタクタ・・・
ケーブルTVで全試合最後まで堪能しました。
今期最大12ゲーム差をひっくり返した訳でして
このまま優勝すれば、あの長嶋茂雄氏が言った
メイクドラマの11.5ゲーム差を上回り、セリーグ記録です。
ここで申したい。
メイクドラマなんて言葉を流行らせてはいかん
もういい加減和製英語をせめて増やすのは止めてほしいものである。
出来れば、減らしたい。
日本人が英語が苦手な原因でもあるだろう。
外国に行って通じない和製英語。もし今の和製英語が全て正式英語であったなら
外国に行っても英語なんか怖くない。平気でしゃべれるでしょう。
和製英語反対!!
逆に、英語、和製英語等、横文字を全く使わずに日本で暮らすのも大変なくらいである。
因みに、メイクドラマをあえて言うならば
make it doramatic. ではなかろうか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/2785

コメント

一理ありますね。
確かに。

ご同意有難うございます。

連日の接戦で疲れますなぁ〜。
でも春先の絶不調からここまでこれたのですから
ありがたいですね!!
残りも気合を入れて応援しましょうね!!
それにしても地上波での中継が無いのは・・・。
ラジオではなんか物足りないですよ・・・。
これも贅沢ってもんですかね?!

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

代表:藤本浩史
代表:藤本浩史
1964年10月24日生まれ
趣味:合気道、ゴルフ(遊び程度)
出身地:東京都新宿区
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ