« 2009年05月 | メイン | 2010年03月 »

2009年07月28日

夏祭り

いよいよ夏本番と言われてから、梅雨へと逆戻り。
九州や中国四国地方では記録的大雨で災害頻発。
最近の気候は一体どうなってしまったのだろうか?

そんな中、私の住む地域で夏祭りが開催された。
猛暑の中、前日からヤグラを組んで・・・・・etc

今年、初めて祭の準備を手伝ったが、大変であった。
各地区で祭が開催されるこの時期、主催者側の苦労を身に染みてわかった。

まあ、しかし、今年の私の地区の祭は大盛況!
苦労した甲斐があったというもの。
(ただ、本音をいえば、もうやりたくない・・・・)
祭は楽しみたいものである。

祭1.JPG
祭2.JPG

2009年07月06日

浅間山

昨日5日、サラリーマン時代の友人と浅間山登山をしてきた。
友人は、会社で登山サークルに属し、ほぼ毎週、何処かの山を登っている。
一方私は、高校の遠足で高尾山に登って以来の登山である。

今回の登山は、私が「45才までに富士山に登りたい」の一言から始まった。
死ぬまでに日本人なら一度は富士山に登らねば!
年を重ねる程、キツくなる。45歳が限界であろう。
そんな気持ちからである。

因みに新宿生まれの私は東京タワーに登った事はありません。

当日朝5時に家を出発。8時登山開始。
地獄である。友人はスタスタと上ってゆくが、コチラは息が苦しい。
景色を楽しむ余裕などまるで無い。
何とか目的の山頂まで辿り着いても景色は霧で全く見えない。
山頂でカップラーメンを食し、下山。
温泉につかって帰路につく。
途中、横川SAにて釜飯を食べる。(美味い!)

有意義な一日ではあったと思うが、山は嫌いだ。
好きになれない。
ただ、山頂でお会いした65歳のご婦人と話をさせていただいて思った。
趣味でチョクチョク山登りをするらしいのだが、山登りをしていると
80歳になっても90歳になっても、元気に自分の足で歩くことが
できるんだろうなあ、と。
羨ましいかぎりである。

で、25,26日も富士山登山のための練習登山で〜す。
あ〜行きたくね〜  でも辛抱辛抱
富士山に登るまでは頑張ります!!

以下、山頂写真です。 標高2404m  黒斑山
黒斑山.JPG

代表:藤本浩史
代表:藤本浩史
1964年10月24日生まれ
趣味:合気道、ゴルフ(遊び程度)
出身地:東京都新宿区
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ