« 木のふるさと | メイン | デッカイ家 その2 »

これは何でしょう?

突然ですが、これは何でしょう?


正解は、床框(的なもの?)です。
先日、お建替のための解体工事の前に
新しい家に使う材料を取外しに行った際
床の間で発見したものです。



埋め木というかこみ栓というか象眼というか
傷や割れを隠したり防いだりするための仕事がしてあります。
それもひょうたん型や鼓か盃か、ユニークなデザインで樹種や
色まで変えてあります。


聞けば今は亡きおじいちゃんはどうやら相当遊び心のある
粋な方で、家を見ているとそんな風情が滲み出ています。


これも仲間の大工さんと山から持ってきて作られたものなのでしょう。
上手い下手以上に面白く丁寧な仕事に
住まいを楽しむ心と愛情がひしひしと伝わってきます。
(仕事は相当大変だったと思います)


新しい家を建てさせていただく我々もおじいちゃんに負けられない!
と意気を新たにさせられた次第なのでした。


さてさて虫食い痕はたくさんありますが
この材料いったいどのように甦らせたらよいものやら・・・
手抜きのつもりはありませんが皆さんからの良いアイデアを
お待ちしております。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt6/mt-tbx02.cgi/1766

コメント

毎日 家族に見守られる所にひょっこりいてくれたら嬉しいですよね。

う〜む、難しい。
順当に行けばオブジェですかね。
大きな吹抜があるのでそちらにでも・・・?
目に付いて手にとって面白みが伝わる
ところにあった方がいいですね。

この記事に投稿する

ブログ投稿者
営業:桑名秀雄
1974年3月11日生まれ
趣味:ドライブ(特に細い山道や海沿いの先が分け入るのが好き)、そして家造り
出身地:富山県富山市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ