« モクモクと | メイン | 満開です »

思いがけないお客様

昨日思いがけないお客様がおみえになりました。


現場から帰ってくると見慣れない自転車が4台、
ご近所のご婦人方が何か用事で来てらっしゃるのかな?
でも自転車のカゴには何やら黄色い帽子が・・・??
玄関に入ると可愛らしい靴が4人分・・・!?
子供の靴だよね・・・???


富山では“14歳の挑戦”といって中学2年生になると全員が1週間
どこかの会社で職場体験をする実習があります。
ひょっとしてそれ???
急に大丈夫かよー?聞いてないよー・・・!!!


・・・事務所に入って
「誰かお客さんですか?」と尋ねても、
「へっ?な〜ん知らんよ」の返事。
何と誰も気づいてない様子(-_-;)
名誉のために言いますとイザット仕様の事務所は
本当にとても防音性がよいのです!


とにかく対応しなければとギャラリーの方に行こうとすると
女の子たちが4人出てきて帰ろうとしています。


人間あまりに想定外の出来事にはうまく対処できないもので
普通もっと気の利いた話なり話の繋がる問いかけなりできたであろうに


私    : 「もう中見たんけ?もういいが?」
       (もう中は見られましたか?もうよろしいのですか?)

子供達 : みんなで顔を見合わせ 「はい・・・」 とうなづく


私    : 「ちょっと待っとられ、何かお土産あげるちゃ」
       (少しお待ちください、ご来場の粗品を差し上げますので)
       と言いつつ向こうに行って
       「社長ー、子供ら来とるよー!」
       (社長、子供さん達が来ていらっしゃいますよ!)

その後社長が登場して世間話、さすがに年の功。
社長の勧めもあって飲み物でも飲んで
せっかくだからともう一回見学してもらうことになりました。


私はというとそれでも何だかまだ舞い上がってしまい、
とっさにいきなり子供達に結露の話など・・・、
日本と外国の家づくりに対する考え方の違いなんかも話したなあ・・・
う〜ん、急にそんな話されても普通よくわかんないよねー(^_^;)


冷静に考えるといきなり初対面のお客様に対する会話としては
あきらかに何か変ですよねー。
コミュニケーションとは難しい!営業落第ですね(;_:)


でも話を聞くと4人はこの3月に小学校を卒業したばかりで
4月からは晴れて中学校へ入学とのこと。今日は自転車で中学校まで
下見に行って帰り道に何となく寄ってみようとなったらしいのです。


普通ならなかなか入ってみようともならないのでしょうが
開放的な気持ちが後押ししてちょっと背伸びして何でも挑戦してみよう!
とでもなったのでしょうか?
(結局肝心の来店の理由も感想も聞かずじまいでしたが。。。)
でも確かに私も小学生から中学生になる時は何だかスゴク大人に
なったような気がしたものだなあと懐かしく思い出します。
彼女たちからすれば“子供達”呼ばわりされるのも嫌な年頃かもね。


それにしても月並みな表現ではありますが
新しいステップに今まさに踏み出そうとする若者たちは
みんなハニカミながらも元気でキラキラ輝いていました!
期待感と躍動感が詰まった瑞々しい弾力あるオレンジみたいに。
本当にそう感じました。


そんな未来ある無垢な彼女達がキラキラとした目で何となくでも
見に来てくれたことにこのオジサンはいたく感激してしまったのです!


みんなーありがとう!そして何よりおめでとう!!!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt6/mt-tbx02.cgi/6182

この記事に投稿する

ブログ投稿者
営業:桑名秀雄
1974年3月11日生まれ
趣味:ドライブ(特に細い山道や海沿いの先が分け入るのが好き)、そして家造り
出身地:富山県富山市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ