« 自然の猛威 | メイン | 大地震から »

「ひな祭り」の由来

「ひな祭り」は「桃の節句」とも言います。
一年の節目となる日を節句と言い、
奇数が重なる日に邪気を祓う行事が行われていたそうです。


節句は一年に5つあり、これを5節句と言います。
因みに、1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日が
5節句にあたります。


3月3日はこの5節句の内の一つで、
もともとは中国で3月上旬の巳の日に
川で身を浄める禊ぎの習慣があり、
これが日本に伝わったとされています。
後に、川に人形を流して厄災を祓う
「流し雛(ながしびな)」の風習となったそうです。


「ひな祭り」自体はいつ頃から始まったのか
歴史的にはっきりしていないそうですが、
平安時代には京都で平安貴族の女の子たちによって
ひな人形の「人形あそび」として行われていたそうです。


江戸時代になって庶民へと広まり、
女の子のお祝いの儀式として人形が飾られるようになり
「雛あそび」が節句として「ひな祭り」へと変わっていったそうです。


我が家のお雛様も、先月小さな箱から開放され
家族の一員かのようにピアノの上に座っておられます(^_^;)

 

日頃あまりゆっくり見る事はありませんが、
凛々しい顔付きの中にも何か微笑んでいるかのように
じっとこちらを見つめているようでした・・・


「ひな祭り」には、伝統的なお祝い膳の献立があるそうで
『ちらし寿司』 と 『はまぐりのお吸い物』 が代表的な献立だそうです。

さて我が家の今日の献立は何でしょう???

                                    yamada

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt6/mt-tbx02.cgi/7739

この記事に投稿する

ブログ投稿者
営業:桑名秀雄
1974年3月11日生まれ
趣味:ドライブ(特に細い山道や海沿いの先が分け入るのが好き)、そして家造り
出身地:富山県富山市
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ