2X4(ツーバイフォー)工法

2X4(ツーバイフォー)工法 とは、住宅の構造材に断面サイズが2×4インチの製材が使われる工法。木造軸組構法(在来工法)が、柱や梁といった軸で支えるのに対し、2×4工法では、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える。日本では「木造枠組壁工法」とも呼ばれる。

閉じる