ヒートポンプ

ヒートポンプ とは、物質が液体から気体に変化する現象を気化と呼び、この際、気体に変化する物質は周囲から熱を奪う。周囲の物体は熱を奪われるので、冷却される。これとは逆に、物質が気体から液体へ変化する現象を凝固と呼ぶ。液体へ変化する物質は状態が変化する際に周囲へ放熱し、周囲の物体は熱を与えられるため、加熱される。 ヒートポンプとは、この仕組みを使って、大気中の熱を圧縮機(コンプレッサ)を利用して効率よくくみあげ、移動されることにより冷却や加熱を行うシステム。

閉じる