木質系プレハブ

木質系プレハブ とは、心材に合板を張ったパネルなど、工場生産された住宅の構造体を用いる。現場で接着剤、釘、金物を使って壁、床、屋根パネルをとめる。工場生産のため品質が均等で、施工技術のバラツキが少ない。2×4工法と構造原理は同じだが、接着剤の固定力が強いため、その特性を利用して枠材の断面や合板の厚さなどは小さい。

閉じる