トップページ > お客様の声 > お宅訪問レポート

お宅訪問レポート〜家を建てたリアルな体験談や苦労話のインタビュー

S様邸:上質な「和」の雰囲気に満ち溢れた2世帯の家
 
2世帯住宅への第一歩
 
イメージ

古くから丁寧に手入れを加えてきた立派な庭園。S様邸の外観を一層際立たせます

 今回は、のどかな田園風景が広がる閑静な立地に佇むS様邸を訪ねました。お子様が小学校に進学するのを機に手狭になってきたアパートを離れ、建築計画をうっすらとイメージしだしたS様。時を同じくして、老後の生活を考慮し建替えを検討していたお父様から「将来の事を考えて一緒に住まないか?」との打診があった事から、二世帯住宅への建替えがスタートしました。

早速、知り合いの大工さんに相談をしてみたものの、こちらの要望を満足に汲み取ってくれる雰囲気では無く、また後々のアフターメンテナンスの事を考えると子世帯としては不安な要素が多かったとの事。一方、本格的な和風住宅を望まれているお父様は、ハウスメーカーの対応力に今ひとつ物足りなさを感じられていたそうです。このように、なかなか思うような依頼先が見つからない状況でしたが、奥様の知人に紹介された木更津店・山口社長との運命の出会いが待っていました。
 
信頼できるパートナーとの出会い
 
S様が今回の家づくりで目指したのは「十分な収納力」と「光が入る明るい家」。以前のアパートは午前中しか日が入らない為、薄暗くどこか寂しい雰囲気になっていたそうです。また、ご主人の趣味でもある「釣り」に関する道具が数多く家の中に溢れ、「洗濯物を室内で干すスペースを確保するのも難しい状況でした。」(奥様)と言います。

こういった住まいへの不満点や、これからの住まいへの漠然とした想いを木更津店・山口社長は上手く感じ取り、解決策を提案してくれた事がS様ご夫婦にとって大きな安心感へと繋がったそうです。
 イメージ

リビングからは四季折々の表情をみせる、豊かな緑が一望できます

イメージ

親世帯の寝室には以前の家で使用していた建具を再利用

 一方で、お父様の希望である純和風の家づくりには十分対応できるかどうか?といった親世帯の不安を取り除く為、S様ご夫婦は毎週のようにお父様と一緒に木更津店が過去手掛けた物件を見学する事に。当初は疑心暗鬼だったお父様も、木更津店のしっかりとした家づくりを自身の目で確かめた事で、パートナーとしてお任せする決心がついたそうです。
 
家族みんなの想いを詰め込んで
 
イメージ  完全分離型二世帯であるS様邸は外観の趣こそ純和風ではあるものの、子世帯に足を踏み入れると木の優しい質感が全面に出た、シンプルで広がりのある空間構成になっています。収納面にこだわられていたS様のご要望に応える為、造り付け家具を数多く導入。既製品にはない、温かみのある食器棚やテレビボードが独特のオリジナリティを演出してくれます。また、以前の家ではリビングにも侵蝕していたというご主人の釣り道具は、専用の収納スペースをリビング横に設置。様々な大きさの釣り道具もオーダーメイドの棚にしたことで、整理しやすい環境になりました。「以前は主人の代わりに釣り道具がどこにいったか探していたので、大助かりですね(笑)」と嬉しそうに話す奥様。
また、ダウンライトを多用したことで天井面がフラットになり、視界の抜けが抜群に良くなっているのもS様邸のスッキリとした印象をつくる事に一役買っています。
イメージ  イメージ  イメージ
イメージ  イメージ  イメージ
「親世帯に関しては、昔ながらの田の字型間取りをベースに奇をてらうことなく、上質な材料を選定し、きめ細やかな施工をすることを心掛けました。その分、子世帯に比べて工期は掛かりましたね。」と当時の様子を語られる木更津店・山口社長。
また、玄関周りの重厚感ある柱や、寝室の情緒溢れる建具など、以前のお住まいを大事にされていたお父様の想いを今に反映するパーツが家のあちこちに見受けられます。「時を経てもいい素材は、その輝きを失いませんし、今の時代だからこそ価値のある素材なんです。」(木更津店・山口社長)。現代の施工技術と、時を重ねる事で味わいを増した上質な素材が見事に融合したS様邸です。
 イメージ
 
住み心地の変化
 
「家にいるのが楽しくなった!」というS様は、家族皆がリビングで過ごされる事がほとんどだそうです。外断熱の住み心地も大満足のようで、夏場は「リビングのエアコン一台を入浴前に弱モードで運転しておくと、お風呂からあがった後には、十分ひんやりした室温になってくれています。基本的に家族全員暑がりではないので日中は扇風機一台で快適に過ごせています。これから迎える冬はFF式ストーブで対応する予定ですが、どんな住み心地になるか楽しみです。」(奥様)。  イメージ
 
家づくりを振りかえって
 
イメージ  念願のマイホーム造りを終えたS様に、いい家づくりの秘訣を伺いました。「自分達の生活を年間通して思い描く事が大切です。それをイメージして相手に伝える事が、最適な動線や、窓の配置などにも繋がってくるんだと思います。また、依頼先はプロなので、あまり私達が細かく要望を伝えすぎるのではなく、多少の余白を残しながら話した方がより素晴らしい提案が出てくると思いますよ。」(奥様)

S様、取材にご協力いただき有難うございました。
 
この家を建てた加盟店の情報はこちら!
イザットハウス木更津店 : 有限会社 山口住宅建設
イメージ
担当者からひとこと!

質実剛健な家造りをモットーに、「お客様が納得されるまでの施工側の説明義務」を心がけております。

実例についてもっと知りたい方はこちら!
イメージ

イザットハウスの「カタログ」をお送りします。

請求フォームへ