« U様邸の工事はこんな感じですすんでます♪ | メイン | 3現場同日!公開気密測定決定です♪ »

厚い断熱材はいいの?

結露は、暖かい空気が急に冷やされたために起こります。結露が起きるとカビなどの
原因となり、健康上にも支障を来します。
結露を防止するためのポイントは、1つは結露しにくい断熱材を使うことです。

断熱材にはいろいろな種類があり、厚さが厚いほうがいい断熱材とはいえませ
ん。
外断熱の場合、断熱材の厚さを薄くする工夫が必要です。
そのためには性能のよい断熱材が必要です。

当社が用いるフェノール断熱材の熱伝導率はλ=0.020(W/m・K)
他社で一般に使われているグラスウール断熱材は0.050(W/m・K)
この熱伝導率は熱の伝わりやすさを示す数値で少ないほうが
性能がいいのです。

当社の断熱材の厚さは屋根40ミリ、外壁35ミリ。
他社が同じ断熱性能をするためには、屋根100ミリ、外壁87.5ミリ以上必要です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt6/mt-tbx02.cgi/3147

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:塩毛康弐
1956年8月8日生まれ
好きな言葉:いい家はいい人達で造る
趣味:鮎の友釣り、ヒラメ・フグ・カワハギ釣り(美味しい魚を釣って美味しい酒を呑むこと)・ゴルフ

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ